複数辞典一括検索+

石井柏亭🔗🔉

石井柏亭 (いしいはくてい) (1882―1958)洋画家。本名満吉。東京生まれ。幼少から父鼎湖{ていこ}に日本画を習う。浅井忠{ちゆう}について油絵を始める一方、无声{むせい}会の新日本画運動に加わり会員となる。1904年(明治37)東京美術学校洋画科に入学、太平洋画会展に印象派風の『草上の小憩』を出品し、翌年中退。07年『方寸』誌を同志と創刊し、近代版画運動の先駆となり、さらに「パンの会」を創始する。明治末にヨーロッパ各国を巡遊。14年(大正3)二科会の創立に参加。35年(昭和10)帝国美術院会員となり、二科を離れて同志と一水会を創立した。生涯を通じて、日本の風土に即した、平明堅実な自然主義的リアリズムの道を歩み、水彩画の発達にも貢献した。教育、著述の分野の功績も大きい。彫刻家石井鶴三は弟。 <小倉忠夫>

日本大百科 ページ 3529 での石井柏亭単語。