複数辞典一括検索+

石井鶴三🔗🔉

石井鶴三 (いしいつるぞう) (1887―1973)彫刻家、洋画家、版画家。画家石井鼎湖{ていこ}の三男として東京に生まれる。洋画家石井柏亭{はくてい}は長兄。1910年(明治43)東京美術学校彫刻家選科卒業、翌年第5回文展で褒状、14年(大正3)日本美術院彫刻部に入り、16年日本美術院同人となった。深い自然観照による堅牢{けんろう}な骨格の彫刻で院展彫刻部に指導的役割を果たした。油絵、水彩、木版画でも活躍し、春陽会会員、日本版画協会会長となった。44〜59年(昭和19〜34)東京芸術大学教授を務め、50年に日本芸術院会員となる。代表作に彫刻『母古稀{こき}像』『俊寛』『藤村先生像』など。また、『大菩薩{だいぼさつ}峠』『宮本武蔵{むさし}』など新聞小説の挿絵でも知られている。 <三木多聞>

日本大百科 ページ 3528 での石井鶴三単語。