複数辞典一括検索+

石井(町)🔗🔉

石井(町) (いしい) 徳島県北東部、名西{みょうざい}郡にある町。吉野川南岸に位置する。1907年(明治40)町制施行。55年(昭和30)浦庄{うらしょう}、高原{たかはら}、高川原{たかがわら}、藍畑{あいはた}の四村を合併。町の北部は吉野川の沖積地。JR徳島線と国道192号が並行して東西に走る。71年市街化調整区域に指定され、徳島市のベッドタウン化している。藩政時代からアイの栽培地帯であったが、近年、桑園から水田へと変わり、近郊農業地帯として、ダイコン、ニンニクの産も多い。高原地区は乳牛飼育が盛んで食料品工場も立地する。県民野鳥の森、地震観測所があり、石井廃寺跡は出土瓦{かわら}などから奈良時代前期の建立とされ、阿波{あわ}国分尼寺跡は国指定史跡となっている。人口2万5436。 <高木秀樹> 【地】2万5000分の1地形図「石井」「大寺」 【URL】[石井町] http://www.planning21.ne.jp/ishii/

日本大百科 ページ 3526 での石井単語。