複数辞典一括検索+

尺貫法🔗🔉

尺貫法 (しゃっかんほう) 長さの単位に尺、質量の単位に貫を基本にとった日本固有の単位系。中国古代制度を起源とするものであるが、中国の質量の基本的単位は斤で、貫は日本特有のものである。しかし斤も貫も銭(匁{もんめ})から出発する点で同系統のものとみて差し支えない。  尺は手を広げて物に当てて長さを計る形の象形文字である。したがって尺は手幅を基準にとった単位で、周代の一尺はいまの六寸程度である。この尺が時代とともに伸び、さらにいまの一尺に近い民間木工用の尺は官制の尺とは別系統の尺として発生し、民間に普及した。そこで隋{ずい}代にはこれも公定したので、いまの約八寸の小尺と、それより二寸長い大尺の二制ができた。これが唐代に引き継がれ、さらに大宝律令{たいほうりつりよう}(701)によって日本に導入された。小尺は中国でも日本でも使われなくなり、大尺はわずかに伸びて江戸時代にほぼいまの長さに落ち着いた。しかし一般用の竹木製の通称竹尺と大工用の曲尺{かねじやく}との間に約四厘ほどの差があったので、1875年(明治8)これを平均して現在の33分の10メートルが確定した。  一貫は1000匁で、匁は中国の銭貨を意味する「泉」の草書である。これを「もんめ」とよぶのは一銭つまり一文の目方からきたもので、唐の開元通宝銭の質量が宋{そう}代に実用の単位となったからである。律令は唐制に倣って斤、両を取り入れたが、これにも大小制があり、小は大の3分の1であったが、小は使われなくなり、10匁の両と160匁の斤が普及した。しかしその大きさには律令以来変化がない。室町時代から1000匁を一貫とする習慣ができ、斤と併用されるようになった。貫は銭貨を1000枚貫いた重さからきている。これが1891年(明治24)1キログラムの4分の15と定義されて今日に至っている。これらの単位の倍量・分量の単位にも、面積や体積の単位にも変遷があったが、現在計量法施行法にあがっている尺貫法の単位は次のとおりである。(1)長さの単位 尺(33分の10メートル)、鯨尺尺(66分の25メートル)、毛、厘、分、寸、丈、間(六尺)、町(360尺)、里(1万2960尺)。(2)重さの単位 貫(3.75キログラム)、毛、厘、分、斤(0.16貫)。(3)面積の単位 平方尺、歩{ぶ}または坪(121分の400平方メートル)、平方尺、平方寸、勺、合、畝{せ}(30歩)、反(300歩)、町(3000歩)。(4)体(容)積の単位 立方尺、升(133万1000分の2401立方メートル)、立方分、立方寸、立坪(216立方尺)、勺、合、斗、石。  これらの単位は計量法施行法により1966年(昭和41)3月以後は取引および証明の計量には用いられないとされている。ただ匁だけは外国で真珠用に用いられているため、真珠に限って認められている。→度量衡 <小泉袈裟勝>

日本大百科 ページ 29416 での尺貫法単語。