複数辞典一括検索+

🔗🔉

(こく) 尺貫法の体積の単位。10斗{と}(100升)をいう。180.39リットルにあたる。古代中国の相当する単位は斛{こく}で、石{せき}は質量の単位であったが、日本では固有の単位[_さか](斛)に近いこの石の音を借りてこの文字が用いられるようになった。石はまた船の積量にも用いられ、この場合の1石は10立方尺である。また木材の材積の場合は、縦横各1尺、長さ10尺をいう。→尺貫法 <小泉袈裟勝>

日本大百科 ページ 22739 での単語。