複数辞典一括検索+

ガラス繊維🔗🔉

ガラス繊維 (がらすせんい) glass fiber ケイ酸塩を主成分とするガラスを溶融、加工して繊維状にしたもの。グラスファイバーあるいはガラスウールともいう。製法、用途から分類すると、短繊維と長繊維とがある。このほか、画像伝送用の光学繊維、光通信用のガラス繊維(光ファイバー)があり、用途はまったく異なるが便宜上、光学繊維だけを本項に記述する。  高温のガラスは容易に糸のように伸びるので、古代から工芸的な用途は知られていたが、工業化されたのは第一次世界大戦中、天然石綿の代用品としてドイツで高温断熱用の短繊維が製造されたのが最初である。長繊維は1930年代に、また光学繊維は60年代に、ともにアメリカで工業化されている。短繊維は製造も簡単でフェルトのようにして断熱材に利用するが、長繊維は引きそろえ、あるいは織物としてFRP(繊維強化プラスチック)、絶縁材などに広い用途がある。光学繊維は数千本から数十万本程度の特殊構造をもった繊維を規則正しく束ねたもので、束の一端から画像を入れると、束の屈曲に沿って他端に伝送され、ファイバースコープのほか広い用途がある。→ファイバースコープ  一般のガラス繊維は細いので、比表面積がきわめて大きい。たとえば直径1センチメートルのガラス玉を直径10マイクロメートルのファイバーに伸ばすと長さは約4000メートルにもなり、面積も400倍近く増えるから、湿気に侵されにくい化学組成(Eガラス)が選ばれる。Cガラスは耐酸性で蓄電池の隔壁などに、耐アルカリ繊維は近年実用化されたもので、セメント強化用に使われている。FRPは軽く強いので自動車、航空機、船舶、パイプ、容器、スキーから釣り竿{ざお}まで用途が広い。  光学繊維は繊維の内面の全反射で光が進行することを利用したもので、実際はこれをさらに屈折率の低いガラスの鞘{さや}で覆い、表面の傷から保護してある。多数の繊維を配列正しく束ねると、束の屈曲に沿って画像を送ることができ、ファイバースコープとして胃検査に用いる。またレンズのかわりにして超小型複写機に、あるいはブラウン管の画像を外部へ導くことでファクシミリなどに使われている。 <境野照雄> 【本】作花済夫・境野照雄・高橋克明編『ガラスハンドブック』(1975・朝倉書店)

日本大百科 ページ 13550 でのガラス繊維単語。