複数辞典一括検索+

ガラス工芸🔗🔉

ガラス工芸 (がらすこうげい) ガラスは工芸の素材として、硬く、光沢があり、透明にも不透明にもなりうる独特の優れた性質をもっている。着色も比較的容易で、加熱により飴{あめ}状あるいは液状になり、種々の技法を用いて自由に成形ができる。反面、衝撃に対してもろく、修復がきわめて困難であり、良質の製品を得るためには高度の熟練と設備を要する。作品の表面が単調になりがちで、微妙な深みや変化に乏しいなどの欠点がある。  以上の特質から、作品は、杯、皿、瓶、壺{つぼ}などの器類、灯器、装身具や護符、象眼{ぞうがん}用部品など小型のものが多い。また特殊な分野として、鏡、ステンドグラスなどがある。 【西洋】 ガラスの起源については不明な点が多い。今日知られる限りでは、おそらく紀元前三千年紀の中ごろに、オリエント地域のどこかでガラスが生まれたとされる。ローマの学者プリニウスは『博物誌』のなかで、海岸に漂着したフェニキア人が、船の積み荷であったナトロン(天然炭酸ソーダ)で砂浜に窯{かまど}を築き、火を燃やしたところ、透明なガラスが生まれたと伝えているが、実際には、それよりはるか以前にガラスは誕生している。  製造年代の確認される最古の例は、エジプト第18王朝のアメンヘテプ2世、トゥトメス3世の王銘をもつ脚杯などである。これらのガラス器は、棒の先端に泥やぼろ布を巻いて、溶けたガラスの中に浸し、引き上げて形を整え、冷却後に中の芯{しん}を取り除く、いわゆるコア・ガラスの手法で成形された。装飾には、器体に色の鮮やかな飴状のガラスの紐{ひも}を巻き付け、窯に入れて融着させるとともに、上下にひっかけて羽毛状あるいは鱗{うろこ}状の文様を得る方法が一般的であった。なお、コア・ガラスはメソポタミアでもみられ、イラクのヌジ(ヨーガン・テペ)、ウル、北部のアシュールなどに出土例があるほか、テル・ウマールからは釉薬{うわぐすり}の材料と製法を記した粘土板が発見されている。  溶けたガラスを型に流し込んで所要の器物を得る方法も広く行われた。ツタンカーメン王墓の出土品、たとえばマスク、棺、装身具、枕{まくら}などにみられる多くのガラスの装飾部品はその好例である。またアッシリア帝国のガラス器にカット技法が活用されたことが注目される。  ギリシアでは一般にガラス工芸は不振であったが、ヘレニズム期に入って、地中海東部の諸市で急速に発展した。とくにシドンとアレクサンドリアは、多種多様なガラス製品の生産によって名高い。この地域で新たに開発されたミレフィオーリ(「千の花」の意)、モザイク・ガラス、カメオ・ガラスなどは、こののちガラス工芸の基本的な装飾技法となった。  ローマ時代に入り、溶けたガラスをパイプの先につけて膨らませて所要の形を得る「吹きガラス」法が発明された。これによりガラス器は安価に効率よく生産されるようになり、日用品として広く普及することとなった。この時期のガラスをローマ・ガラスとよんでいる。3、4世紀ころが最盛期で、4世紀末のローマ帝国の分裂以後、急速に衰退する。  中世のヨーロッパでは、ガラス工芸は不振であったが、東方のイスラム文化圏では、飲食器、灯器などの分野で活発な生産が続けられた。エジプトやシリアでつくられたモスク用のランプは、エナメル釉を活用した華麗な製品としてとくに名高い。  これらのイスラム・ガラスの様式と技法は、十字軍の結果ヨーロッパにもたらされ、とくにベネチアをガラス工芸の大中心地とさせた。ベネチアはさらにローマ以来のガラス技法を復活させ、新種の透明ガラスを開発するなど、ガラス工芸の生産を国家の基幹産業として育成し、15、6世紀にはヨーロッパの高級ガラス製品の市場をほぼ独占するまでになった。この態勢は、職人たちの流出や製法の秘密の漏洩{ろうえい}などによって16世紀末ころには崩れるが、華麗なベネチア・ガラスの伝統は今日に至るまで続いている。  一方アルプスの北方では、小規模な工場が森林地帯の各地で生産を続けていた。酒杯などの日用雑器が主であるが、木灰をアルカリとして多用した点に特色がある。「フランク・ガラス」「クロウ・ガラス」「バルト・ガラス」などが、この種の北方のガラスを代表する。なかでも15世紀ころから現れる「レーマー杯」は、当時の飲食風俗と結び付いた愛すべき製品である。  より高品質のガラス器が北方で製作されるようになるのは16世紀中ごろからである。とくにボヘミアでは、プラハの宮廷を中心に、ベネチアに対抗しうる良質のガラス工芸の育成がみられ、透明度の高いカリ・ガラスを素材に、グラビールやカッティングを生かした製品がつくられるようになった。また、多彩なエナメル絵付を施した「フンペン」とよばれる筒状の大杯など、新しい形式も生まれた。イギリスも、16世紀の後半、エリザベス1世の時代の開幕とともに、成熟した宮廷文化を飾るものとして、高級なガラス器、とくに酒杯の生産が伸展した。17世紀に入ってジョージ・ラベンスクロフト(1632―83)が鉛クリスタル・ガラスを発明し、多種多様な酒杯によって、近世のガラス工芸史に1分野を確立した。いわゆる「ツイスト・ガラス」が代表的な例である。1780年ころにはアイルランドで、鉛クリスタルによるカット・ガラスの生産も盛んになった。  産業革命はガラスの生産方式に大きな影響を与えた。燃料として石炭が多用されるようになり、蒸気機関が強力なプレスや回転砥石{といし}の出現を導いた。一方、ガラスは成形や加飾の段階で手仕事の比重が大きいため、近代のガラス工芸は、規格化された量産品と従来の方式による手仕事の製品とに大きく二分されることとなった。19世紀の後半から今日までのガラス工芸の様相は、この状況をよく示している。アメリカで発達したプレス・ガラスは前者の例であり、ガレやドームに代表されるアール・ヌーボーの作品や、いわゆる「ステュディオ・ガラス」の製品は後者の好例である。わが国の場合も含めて、今後もこの傾向は続くものと考えられる。 【中国・朝鮮】 中国におけるガラスの起源については不明であるが、それが西方から伝来したものであることは疑いない。戦国時代末に属する洛陽{らくよう}県金村の墓から、トンボ玉、耳?{じとう}(耳飾りの一種)、璧{へき}などが出土している。漢時代以降、ローマ・ガラスが交易品として組織的にもたらされ、その技法も導入されたと推定される。魏晋{ぎしん}南北朝には無色のガラス器もつくられている。  朝鮮半島では、漢の影響下にあった楽浪{らくろう}の遺跡から種々のガラス製品が出土しているが、その後を継いだ新羅{しらぎ}の墳墓群、とくに金鈴塚、瑞鳳{ずいほう}塚、金冠塚などから碗{わん}や脚付き杯が発見されている。これらは日本における古代ガラスの伝来経路を考察するうえでも貴重な資料である。  中国のガラスは唐時代にも引き続き盛んであったらしいが、その後の状況は遺例が乏しく、正確には不明である。明{みん}時代に入り、近世ヨーロッパとの交流が活発となるに伴い、ガラス生産は急速に伸展し、さらに清{しん}時代になると、宮廷がガラス産業を育成するようになり、康煕{こうき}帝の治下1680年には国営工場の設立をみた。当時の製品は、有色不透明のガラスによる容器、皿、壺などが主で、特殊なものとして鼻煙壺(スナッフ・ボトル)がある。乾隆帝治下にもっとも優れた作品が生まれ、今日でも高く評価されている。 【日本】 日本におけるガラスの使用は、弥生{やよい}式文化の北部九州において始まったと推定される。ガラス製の璧、小玉などが須久{すく}地域の遺跡から出土している。これらは、材質、形態とも漢代のものに酷似しており、舶載品と考えられる。古墳時代に入り、小規模なガラス製造が開始されたらしく、小玉、勾玉{まがたま}、腕輪などに日本製と思われるものが出現する。  奈良時代には、ガラス製造はいっそう伸展し、仏教の普及とともに、仏像の荘厳{しょうごん}具、骨壺、舎利{しやり}容器なども製作されたと思われるが、確実に本邦産と確証しうる大型の製品は現存しない。正倉院には、有名な白瑠璃{るり}碗をはじめ多数のガラス容器が収蔵されているが、これらはすべて中国あるいはさらに西方からの伝来品と考えられる。  平安時代以後、陶器、磁器の発達とは逆に、わが国におけるガラス工芸はきわめて不振であったが、16世紀中ごろから始まるヨーロッパとの接触が、日本人にガラスに対する新たな目を開かせた。たとえば宣教師フランシスコ・ザビエルは、大内義隆{よしたか}に遠眼鏡{とおめがね}や鏡を贈り、人々を驚かしたことが知られている。17世紀に入り、オランダとの交易によってガラス製品が普及し始め、江戸時代の人々はそれをビードロ、ぎやまんなどとよんで珍重した。ガラスの製法もおそらく長崎に伝わり、やがて大坂、江戸でも各種の器、装身具などがつくられるようになった。とくに薩摩{さつま}の島津家では、製薬などの必要もあって、藩の公的な事業として1855年(安政2)にガラス工場集成館を開設した。この工場は永続しえなかったが、日本の近代ガラスの先駆的な存在として、その意義は大きい。  明治維新以後、ガラス工芸は、生活の欧風化とともに発展、普及し、とくに第二次世界大戦後は、日常生活に不可欠のものとして定着し、現在に至っている。 <友部 直>

日本大百科 ページ 13544 でのガラス工芸単語。