複数辞典一括検索+

カナヘビ🔗🔉

カナヘビ (かなへび) true lizard 広義には爬虫{はちゅう}綱有鱗{ゆうりん}目カナヘビ科に属するトカゲの総称で、狭義にはそのうちとくにカナヘビ属Takydromus、コモチカナヘビ属Lacertaなどに含まれるグループをさす。カナヘビの和名は「かな(金属)色をしたヘビ」を意味する。  北海道から九州まで各地に分布し、庭先でも普通にみられるニホンカナヘビT. tachydromoidesは、カナヘビの典型的形態をした種で、全身が褐色で細長く、全長22センチ、尾はその3分の2ほどである。体鱗には隆起があってニホントカゲのような光沢がなく、尾も青くない。平地から低山地の草地、堤、やぶの周辺などにすみ、春から夏に2、3回産卵し、1回に平均4個ほどを産み、飼育下でもよく繁殖する。餌{えさ}は昆虫、クモ、ミミズなどである。南西諸島には体色が美しい緑色のアオカナヘビT. smaragdinus(全長22センチ)と、カナヘビ属に近縁なサキシマカナヘビ属ApeltonotusのサキシマカナヘビA. dorsalis(全長30センチ)の2種が分布し、対馬{つしま}では、アムール川周辺から朝鮮半島に分布するアムールカナヘビT. amurensisの生息が最近になって判明した。北海道北部でも生息が確認されたコモチカナヘビL. viviparaは、卵胎生で全長18センチ、生息域の広い種で、シベリアからヨーロッパ中部にかけて分布し、アルプスの3000メートル地域やスカンジナビア半島の北極圏付近までも及ぶ。ヨーロッパ産のコモチカナヘビ属には大形種が含まれ、ホウセキカナヘビL. lepidaが全長80センチ、ミドリカナヘビL. viridisが45センチに達する。また近縁のカベカナヘビ属Podarcisは全長20センチ前後、イベリアカベカナヘビP. hispanicaをはじめ美しい種が多い。カナヘビ科Lacertidaeは全部で約20属180種がヨーロッパ、アフリカ、アジアの大部分に分布し、頭部以外の体鱗には皮骨板がない。 <松井孝爾>

日本大百科 ページ 12702 でのカナヘビ単語。