複数辞典一括検索+

いし‐ばし【石橋】🔗🔉

いし‐ばし【石橋】 石でつくった橋。 栃木県下都賀(しもつが)郡北東部の地名。日光街道の宿場町。かんぴょうの産地。 ●石橋を叩いて渡る 堅固に見える石橋でも、叩いてその堅固さを確かめてから渡る意。用心の上にも用心することのたとえ。

●石橋を叩いて渡る🔗🔉

●石橋を叩いて渡る 堅固に見える石橋でも、叩いてその堅固さを確かめてから渡る意。用心の上にも用心することのたとえ。 いしばし【石橋】 姓氏

いしばし【石橋】🔗🔉

いしばし【石橋】 姓氏

いしばし‐しあん【石橋思案】🔗🔉

いしばし‐しあん【石橋思案】 小説家。尾崎紅葉らと硯友社をおこす。作品は江戸戯作小説風の「乙女心」「京鹿の子」など。(一八六七〜一九二七)

いしばし‐たんざん【石橋湛山】🔗🔉

いしばし‐たんざん【石橋湛山】 政治家。東京生まれ。早稲田大学卒業。東洋経済新報社社長を経て、第一次吉田内閣蔵相、昭和三一年首相となる。二か月で病気のため辞職。自由主義思想家としても知られる。(一八八四〜一九七三)

いしばし‐にんげつ【石橋忍月】🔗🔉

いしばし‐にんげつ【石橋忍月】 文芸評論家、小説家、弁護士。ドイツ文学の素養をもとに、理想主義的・浪漫的批評の代表者。(一八六五〜一九二六)

いしばし‐やま【石橋山】🔗🔉

いしばし‐やま【石橋山】 神奈川県小田原市南部にある山。治承四年、源頼朝が大庭景親、熊谷直実らとの戦いに敗れた古戦場。

いわ‐はし【石橋・岩橋】(いは‥)🔗🔉

いわ‐はし【石橋・岩橋】(いは‥) (「いわばし」とも) 1 川の浅瀬に石を並べて、それを踏んで渡るようにしたもの。石並み。 2 石材で作った橋。いしばし。 3 自然にできた、橋のように宙にかかった奇岩。 4 =くめのいわばし(久米岩橋) (岩橋)狂言。和泉流。夫が妻に和歌でかぶり物を取るように呼びかけるが、かぶり物を取った妻の顔の醜さに夫は驚いて逃げる。

いわはし‐の【石橋の・石走の】(いははし‥)🔗🔉

いわはし‐の【石橋の・石走の】(いははし‥) 1 (川中の石橋1は石と石との間隔が、近かったり遠かったりするところから)「間(ま)」「近し」「遠し」にかかる。 2 地名「神名備山(かむなびやま)」にかかる。

しゃっ‐きょう【石橋】(シャクケウ)🔗🔉

しゃっ‐きょう【石橋】(シャクケウ) 石で造った橋。いしばし。せっきょう。 中国浙江省天台県の天台山にあった石橋。 能楽の曲名。五番目物。各流。観世元雅作か。寂昭法師が入唐し清涼山で石橋を渡ろうとすると、一人の童子が現れて橋の渡り難いことを説き、橋のいわれを語る。やがて獅子が現れ、咲き乱れる牡丹(ぼたん)の花の間を勇壮に舞い、御代の千秋万歳をことほぐ。 歌舞伎所作事。長唄。能の「石橋」の舞踊化で、石橋物と呼ばれるほど各種あるが、後シテの獅子の踊りだけになり、「二人石橋」「三人石橋」「五人石橋」「雪の石橋」などがつくられた。

しゃっきょう‐もの【石橋物】(シャクケウ‥)🔗🔉

しゃっきょう‐もの【石橋物】(シャクケウ‥) 歌舞伎所作事のうち、能「石橋」に取材したものの総称。

せっ‐きょう【石橋】(セキケウ)🔗🔉

せっ‐きょう【石橋】(セキケウ) 石造りの橋。いしばし。しゃっきょう。 ⇒しゃっきょう(石橋)

日本国語大辞典石橋で始まるの検索結果 1-12