複数辞典一括検索+

こく【哭】🔗🔉

こく【哭】 1 大声で泣きさけぶこと。 2 人の死を悲しんで泣きさけぶ儀式。

こく【穀】🔗🔉

こく【穀】 (「ごく」とも)田畑でつくられ、人が常食にするもの。また、麦、粟、きび、ひえ、豆などのこと。特に米をいう場合もある。こくもつ。「五穀」

こく【酷】🔗🔉

こく【酷】 1 穀物が熟すること。 2 (形動)度を過ごしてきびしいこと。むごいこと。また、そのさま。特に、相手の立場や能力を考慮に入れないような言動についていう。「子供を責めるのは酷だ」 3 (形動)程度がはなはだしいこと。また、そのさま。「暑気甚だ酷にして」

こく【轂】🔗🔉

こく【轂】 車のこしき。車轂。

こく【鵠】🔗🔉

こく【鵠】 1 「はくちょう(白鳥)」の漢名。 2 弓のまとの中央の黒い星。ほし。 ●鵠を刻(こく)して家鴨(あひる)に類す (「後漢書‐馬援伝」の「竜伯高敦厚周慎〈略〉效伯高得、猶謹勅之士、所謂刻鵠不成、尚類鶩者也」から)白鳥を刻んでできそこなっても、形は家鴨に似る。謹直の人を学んで及ばなくても、似通って善人になれることのたとえ。

日本国語大辞典 ページ 7529