複数辞典一括検索+

かめのこ‐ながし【亀の甲流】🔗🔉

かめのこ‐ながし【亀の甲流】 井戸のわきなどにつけてある片流れのながし。

かめのこ‐はむし【亀の子金花虫・亀の子羽虫】🔗🔉

かめのこ‐はむし【亀の子金花虫・亀の子羽虫】 ハムシ科の昆虫。体長約七ミリメートル。体は円形で、背面は灰白色または黄褐色を帯び、黒斑がある。形が亀の子型で、頭部が背胸板の下にかくれる。各地に分布し、アカザ、テンサイなどの葉を食害する。

かめのこ‐ばんてん【亀の甲半纒】🔗🔉

かめのこ‐ばんてん【亀の甲半纒】 江戸時代、江戸の子どもが着た綿入半纒。袖も衽(おくみ)もなく、左右に着物の袖を通す口があり、亀の甲に似ている。

かめのこ‐むし【亀の子虫】🔗🔉

かめのこ‐むし【亀の子虫】 「かめのこはむし(亀子金花虫)」の異名。

かめのこ‐もじ【亀の甲文字】🔗🔉

かめのこ‐もじ【亀の甲文字】 (見た感じが亀の甲に似ているところから)アルファベットの印刷書体の一つ。最近までドイツで用いられた。ひげ文字。

かめのこ‐やき【亀の甲焼】🔗🔉

かめのこ‐やき【亀の甲焼】 縦に二つに切った茄子(なす)の切り口の方に亀甲状に包丁を入れ、皮の方から焼き、上に鰹節をのせ、醤油をつけたもの。

かめのせ‐とうげ【亀瀬峠】(‥たうげ)🔗🔉

かめのせ‐とうげ【亀瀬峠】(‥たうげ) 大阪府柏原市国分から奈良県西端王子町に至る道。聖徳太子が開いたと伝えられる。亀が瀬越。

かめ‐の‐て【亀の手・石🔗🔉

かめ‐の‐て【亀の手・石 蔓脚(つるあし)類ミョウガガイ科の節足動物。北海道西南部以南の沿岸に広く分布。全長三〜四センチメートル。外形は亀の前あしに似て、三角形の頭状部とそれを支える肉柄とから成る。頭状部は三〇〜三四枚の爪状の殻板で包まれ、そのうち八枚は特に大きい。肉柄は細かい暗褐紫色の鱗片でおおわれる。海岸の岩礁の割れ目などに肉柄で付着し、殻板の間から蔓状のあしを出してプランクトンなどを捕える。雌雄同体で、ノープリウスと呼ばれる幼生期を過ごす。食用にする地方もある。近縁種にツノカメノテ、トウゲカメノテなどがある。

かめ‐の‐て🔗🔉

かめ‐の‐て 「いぼくさ(疣草)」の異名。

かめ‐ばす【亀蓮】🔗🔉

かめ‐ばす【亀蓮】 「ひつじぐさ(未草)」の異名。

かめば‐そう【亀葉草】(‥サウ)🔗🔉

かめば‐そう【亀葉草】(‥サウ) 1 「かめばひきおこし(亀葉引起)」の異名。 2 「たちかめばそう(立亀葉草)」の異名。

日本国語大辞典 ページ 4565