複数辞典一括検索+

いせん‐ひつご【意先筆後】🔗🔉

いせん‐ひつご【意先筆後】 書道で、まず頭の中に字の形を考え、それから筆を下ろせということ。

いそ【磯・礒・石】🔗🔉

いそ【磯・礒・石】 1 石。巌。*万葉‐四四八「礒(いそ)の上に根ばふむろの木」 2 岩石の多い波打ちぎわ。湖、池、浜、海、川などに用いる。*古事記‐中・歌謡「伊蘇(イソ)伝ふ」 3 干潮時の汀線(ていせん)より沖の部分で、砂礫がなく、大きな岩塊や基盤の岩石の露出している海岸。「磯釣り」 4 冠の縁(へり)の名。 5 琵琶、和琴、箏の胴の側面の名。 6 鞍の前輪、後輪の海に添う高いところ。 7 官許を受けていない色里や町家。官許の遊里を「沖」と呼ぶのに対していう。 〔形動〕(「富士は磯」から) 1 はるかに及ばないさま。*浮・武道伝来記‐七「扨も早業、古の田原藤太が勢田の橋は磯なり」 2 浅薄であるさま。未熟であるさま。下賤なさま。*浮・男色大鑑‐六「礒(イソ)なる色遊び」 ●磯の鮑(あわび)の片思い =あわび(鮑)の片思い ●磯の口明(くちあ)け 磯物採取の禁止期間を解除すること。 ●磯の口止(くちど)め 磯物採取を、一定期間禁止すること。 ●磯=へも沖へも着かず[=にも寄らず浪にもつかず] どっちつかずである。中途半端である。

い‐そ【五十】🔗🔉

い‐そ【五十】 (「い」は五、「そ」は十の古語)ごじゅう。また、数の多いこと。いそじ。

イソ🔗🔉

イソ 〔語素〕(iso元来ギリシア語)化学で、有機化合物の異性体を示すのに用いる。

いそ‐あいなめ【磯鮎並】🔗🔉

いそ‐あいなめ【磯鮎並】 チゴダラ科の海魚。体長三〇センチメートルに達する。体の後方は側扁し、吻(ふん)は短く先は鈍い。腹びれは胸びれよりも前にあり、鱗は円鱗で小さい。体は紫褐色で、背と尻びれの縁は紫黒色。口唇、鰓(えら)膜、腹びれは著しく赤い。銚子以南の太平洋岸に分布。食用とする。ひげだら。

日本国語大辞典 ページ 1145