複数辞典一括検索+

おお【凡・大】(おほ)🔗🔉

おお【凡・大】(おほ) 〔形動〕(「おほほし」「おぼろ」などの「おほ」「おぼ」と同意。物の形、状態、量、大きさ、感情などが漠然としているさま。多く「おおに」の形で用いられる) 1 物の形、状態がはっきりしていない。また、気持、考えがぼんやりしているさま。*万葉‐二一九「於保爾(オホニ)見しくは今ぞくやしき」*万葉‐四八一「朝霧の髣髴(おほに)なりつつ」 2 きわ立っていない。普通である。*万葉‐九六五「凡有(おほなら)ばかもかもせむを」*万葉‐三三三五「立つ波も踈(おほに)は立たず」 3 (大)大きいさま。大きめに。ゆったりと。*万葉‐一二七八「わがため裁たばやや大(おほに)裁て」 〔接頭〕 1 広大の意を添える。「おおいし」「おおうみ」など。 2 多量の意を添える。「おおゆき」「おおあめ」など。 3 賛美、尊敬の意を添える。「おおきみ」「おおみき」など。 4 血筋の順序で上位の意を表わす。「おおあね」「おおひめぎみ」など。 5 程度のはなはだしい意を表わす。「おおぬすびと」「おおおそどり」など。現在では普通「だい」を用いるような漢語にも、明治期には「おお」が使われることが多い。「おお失敗」「おお賛成」など。

日本国語大辞典 ページ 2730 での凡おほ単語。