複数辞典一括検索+

たい【鯛】(たひ)🔗🔉

たい【鯛】(たひ) 1 タイ科に属する海魚の総称。全長三〇〜九〇センチメートル。体は楕円形で著しく側扁する。頭と口が大きく体色は赤みを帯びるものが多い。ふつうは、淡紅色で体側に青色の小斑点の散在するマダイをさす。姿が美しく美味なので日本料理では魚の王として重用し、「めでたい」に通じることから古くから祝いの料理に供する。マダイの代用にするチダイ、キダイのほかヘダイ、クロダイなど種類が多く、背びれにある軟条の数や形などによって分類される。日本近海でとれ、特に瀬戸内海に多い。 2 大きな利益やすばらしい財宝などのたとえ。「海老で鯛を釣る」などの形で用いる。 3 (膝に1を抱えているところから)えびすの異称。 ●鯛の尾より鰯(いわし)の頭(かしら) 大きな団体の属員になるよりは、小さな団体でも、そのかしらとなることのほうがよいということ。鶏口となるも牛後となるなかれ。

日本国語大辞典 ページ 12515 での鯛たひ単語。