複数辞典一括検索+

●石の火の光の=間(ま)[=内(うち)]🔗🔉

●石の火の光の=間(ま)[=内(うち)] きわめて短い瞬間。また、人生の短いことのたとえ。石火(せっか)の光。 ●石の間(ま) ⇒親見出し ●石の枕(まくら) 1 石造りの枕。また、石を枕にすること。重いこと、固いことなどのたとえ。*古今六帖‐五「いしの枕も浮きぬべらなり」 2 =いしまくら(石枕)3 ●石の港(みなと) 硯の異称。 ●石を抱きて淵(ふち)に=入る[=臨(のぞ)む] (「韓詩外伝‐三」に「君子行不苟難<略>夫負石而赴河、行之難為者也、而申徒狄能之、君子不貴者、非礼義之中也」とあるところから)むやみに大きな危険をおかすこと。意味なく命を失ったり、悲運をまねいたりすることのたとえ。 ●石を打(う)つ 1 石をあるものに向かって投げつける。石を投げ合って遊ぶ。 2 婚礼の夜、近隣の若者などが、その家に石を投げつけて祝う。→石打ち5 ●石を抱(だ)かせる 石抱(いしだき)の拷問にかける。転じて、問いただして無理に白状させる。 ●石をもて水に投ぐるが如し (「文選‐運命論」に「其言也如石投水、莫之逆也」とあり、翰注に「以堅投柔、其勢必入、故不逆也」とあるのによる)石を水に投げ入れると、中へ入ってしまうように、逆らわないことのたとえ。 い‐し【井司】(ゐ‥) 中世の灌漑制で、用水の分配の事務を担当する庄官。領主によって補任された。いつかさ。

日本国語大辞典 ページ 1062 でのまうち単語。