いし【石】[2]🔗🔉

いし【石】[2] (一)岩の小さな かけらが風化したり 流水で角(カド)が取れたり したもの。〔砂より大きく、普通、持ち運び得る大きさの物を指す。また、広義では砕石を含む。堅い物、無価値の物や、冷酷・無情の意にも用いられる〕 (二)建材・鑑賞用の岩石や鉱物の総称。 「―を磨く」 (三)特定の鉱物加工品・宝石の称。〔トランジスタの俗称としても用いられる〕 「時計の―/ライターの―〔=発火合金〕/―を打つ〔=碁石を持ち、勝負する〕」 (四)〔じゃんけんで、はさみ・紙と違って〕にぎりこぶしの称。ぐう。 [かぞえ方](一)〜(三)は一枚・一個

いしがながれてこのはがしずむ【石が流れて木の葉が沈む】🔗🔉

いしがながれてこのはがしずむ【石が流れて木の葉が沈む】 物事が逆になることの たとえ。

いしにかじりついても【石にかじりついても】🔗🔉

いしにかじりついても【石にかじりついても】 どんな苦しい事が有っても。

いしにまくらしながれにくちすすぐ【石に枕し流れに漱ぐ】🔗🔉

いしにまくらしながれにくちすすぐ【石に枕し流れに漱ぐ】 山野に隠れ住み、自在な境地を楽しむ。

いしにやがたつ【石に矢が立つ】🔗🔉

いしにやがたつ【石に矢が立つ】 信念を持ってすれば、出来ないことは無いということのたとえ。

いしのうえにもさんねん【石の上にも三年】🔗🔉

いしのうえにもさんねん【石の上にも三年】 つらい事でも長い間辛抱すれば、むくわれるものだということ。

いしうす【石臼】[0][3]🔗🔉

いしうす【石臼】[0][3] 石で作った臼。ひきうす。 [かぞえ方]一基

いしおと【石音】[0][4]🔗🔉

いしおと【石音】[0][4] 碁石を打つ音。

いしがき【石垣】[0]🔗🔉

いしがき【石垣】[0] (一)大きな石や岩を壁のように積み重ねたもの。 「城の―/土手の―」 (二)石で作った塀。石塀[2][0]。石崖(イシガケ)[0]。

いしがきいちご【石垣苺】[5]🔗🔉

いしがきいちご【石垣苺】[5] 石垣で築いた段段畑に植えて作るイチゴ。石の反射熱により早くとれる。静岡県久能山(クノウザン)のものが有名。

いしがめ【石亀】[0]🔗🔉

いしがめ【石亀】[0] 淡水産のカメ。背中の甲は黒ずんだ茶色で、中央の線は少し隆起する。〔ゼニガメは これの子。甲に緑藻の生えたものは、ミノガメと呼ばれる〕 [かぞえ方]一匹

いしく【石工】[0]🔗🔉

いしく【石工】[0] 石材の切出し・加工・細工などをする職人。

いしけん【石拳】[0]🔗🔉

いしけん【石拳】[0] じゃんけん。

いしころ【石ころ】[3]🔗🔉

いしころ【石ころ】[3] 〔「石子」+接辞の「ろ」〕(価値の無いものとしての)小石。

いしだかみち【石高道】[4]🔗🔉

いしだかみち【石高道】[4] 石が多くて でこぼこの有る道。

いしばい【石灰】イシバヒ[0][2]🔗🔉

いしばい【石灰】イシバヒ[0][2] 「せっかい」の和語的表現。

いしばし【石橋】[0]🔗🔉

いしばし【石橋】[0] (一)〔土橋・板橋・鉄橋などと違って〕石で作った橋。 (二)川の瀬を渡るために置かれた踏み石。 「―を叩タタいて渡る〔=慎重過ぎるほど注意をし、絶対まちがえないようにする形容〕」

いしびや【石火矢】[0][3]🔗🔉

いしびや【石火矢】[0][3] 現在の大砲に当たる、昔の火器。〔火薬の力で小石や鉄片を飛ばせる〕

いしや【石屋】[0]🔗🔉

いしや【石屋】[0] 石材を切り出したり 加工したり する職業(の人)。 [かぞえ方]一人:一軒

いわみぎんざん【石見銀山】イハミギンザン[4]🔗🔉

いわみぎんざん【石見銀山】イハミギンザン[4] 〔島根県の〕石見銀山で産する砒素(ヒソ)を含む鉱物で作ったネズミ殺しの薬品。

こく[石]🔗🔉

こく[石] (一)尺貫法における容積の単位で、十斗〔=約一八〇リットル〕を表わす。 (二)材木の体積の単位。十立方尺〔=約〇・二七立方メートル〕。 (三)和船の積載量の単位。十立方尺。 (四)昔、大名や武士の知行高(チギヨウダカ)の単位。

こくだか【石高】[2][0]🔗🔉

こくだか【石高】[2][0] (一)収穫された米穀の量。 (二)江戸時代、武士に与えられた扶持(フチ)の高。

せき[石]🔗🔉

せき[石] [一](一)いし。 「石材・石造・鉱石・金石・化石・人造石・石灰セツカイ岩・玉石混淆コウ」 (二)いっせき(一石) [二](略) 石見(イワミノ)国。 「石州[2]」

せきいん【石印】[0]🔗🔉

せきいん【石印】[0] (一)石に彫った印。 (二)「石版」の意の漢語的表現。 「―本ボン [0]」

せきえい【石英】[2]🔗🔉

せきえい【石英】[2] 〔石の花の意〕(酸性火成岩の)花崗岩(カコウガン)・「流紋岩[3]」のほか、変成岩・堆積岩(タイセキガン)に含まれる鉱物で、多く六角柱の結晶を成し、先は六角錐(スイ)状。成分は「二酸化珪素ケイソ [5]」で、ガラスのような つやがある。結晶・色などにより瑪瑙(メノウ)・水晶・ひうち石などと言う。陶器・ガラスの原料。 「―ガラス[5]」

せきざい【石材】[0]🔗🔉

せきざい【石材】[0] 土木 ・ 建築 ・ 彫刻や墓石の材料にする石。 「―店[3]」

せっか【石化】セキクワ[0]🔗🔉

せっか【石化】セキクワ[0] ―する 堆積物が埋蔵されて硬化し、堆積岩になること。

せっかい【石灰】セキクワイ[1]🔗🔉

せっかい【石灰】セキクワイ[1] 生(セイ)石灰・消(シヨウ)石灰の総称。セメント・肥料・消毒剤用。

せっかいがん【石灰岩】セキクワイガン[3]🔗🔉

せっかいがん【石灰岩】セキクワイガン[3] 方解石〔=炭酸石灰〕が集まって出来た堆積(タイセキ)岩。大理石は、これの一種。石灰・セメント製造の原料・石材用。 石灰石[3]。

せっかいすい【石灰水】セキクワイスイ[3]🔗🔉

せっかいすい【石灰水】セキクワイスイ[3] 消石灰〔=水酸化カルシウム〕の水溶液。消毒・殺菌用。

せっかいちっそ【石灰窒素】セキクワイチッソ[5]🔗🔉

せっかいちっそ【石灰窒素】セキクワイチッソ[5] カーバイドと窒素とを千度の熱で化合させて出来た灰白色の粉。肥料用。

せっかいどう【石灰洞】セキクワイドウ[3]🔗🔉

せっかいどう【石灰洞】セキクワイドウ[3] しょうにゅうどう(鍾乳洞)

せっかいにゅう【石灰乳】セキクワイニュウ[3]🔗🔉

せっかいにゅう【石灰乳】セキクワイニュウ[3] 消石灰を水に溶かした、乳白色の液。中和剤・消毒剤用。

せっかん【石棺】セキクワン[0]🔗🔉

せっかん【石棺】セキクワン[0] 〔古墳で〕石造りの棺。

せっき【石器】セキキ[0]🔗🔉

せっき【石器】セキキ[0] 石を簡単に加工して作った道具。 石斧(セキフ)・石鏃(セキゾク)など。先史時代の遺物の一つ。 [かぞえ方]一点

せっきじだい【石器時代】セキキジダイ[4]🔗🔉

せっきじだい【石器時代】セキキジダイ[4] 〔考古学で〕金属の使用を知らず、石器を武具や工作具として使った時代。

せっくつ【石窟】セキクツ[0]🔗🔉

せっくつ【石窟】セキクツ[0] 岩をくりぬいて作った住居。 いわや。

せっけん【石鹸】セキケン*[0]🔗🔉

せっけん【石鹸】セキケン*[0] あか・よごれを落とすために使う、水に溶けやすい物質。脂肪に水酸化ナトリウムを加えて作る。シャボン。 「浴用―[5]・洗濯―[5]・薬用―[5]」 [かぞえ方]一本・一箱

せっこう【石工】セキコウ[0]🔗🔉

せっこう【石工】セキコウ[0] 「石工イシク」の意の字音語的表現。

せっこう【石膏】セキカウ[0]🔗🔉

せっこう【石膏】セキカウ[0] 天然に産する硫酸石灰の結晶。白色の結晶で、セメント・白墨・彫刻材料などに使う。 「―像[3]・―細工ザイク [5]」 [かぞえ方]一片

新明解国語辞典で始まるの検索結果 1-40もっと読み込む