複数辞典一括検索+

知覚学習     【チカクガクシュウ】🔗🔉

知覚学習     【チカクガクシュウ】 perceptual learning  知覚が生体器官の生物学的成熟に依存することには違いないが,それらが十分な機能を果たすためには一定の学習経験が必要である。刺激についての経験や訓練の結果,生体の知覚状態または知覚過程に変化がもたらされることを知覚学習という。知覚学習の効果を検討するために,知覚器官が一定期間働かないよう刺激を剥奪された場合と正常環境におかれた場合とを比較する研究(動物の発達初期における感覚遮断実験,先天性視力障害者の開眼手術後の検査報告など),刺激に対する経験の効果を調べる弁別学習実験などが行われてきた。その結果,人間を含めた生体が備えている知覚の生得的能力が明らかにされる一方,特定の分化した環境での初期経験や訓練の役割も指摘されている。また,知覚学習成立のためにはたんなる受動的な知覚経験では不十分であって,刺激呈示に伴う能動的な運動経験も重要とされている。 →感覚遮断 →初期経験 →知覚 = 運動学習 →知覚発達 →弁別 ◆橋本憲尚

心理学辞典 ページ 1475 での知覚学習     単語。