複数辞典一括検索+

状況的認知     【ジョウキョウテキニンチ】🔗🔉

状況的認知     【ジョウキョウテキニンチ】 situated cognition  認知過程は外界とのたえざる相互作用のなかで起こるという立場。この立場の理論的背景としては,J. J. ギブソンの生態学的認識論やナイサーのナビゲーション研究などの知覚研究の流れと,エスノメソドロジーヴィゴツキー,バフチン(Bakhtin, M.)などの社会・言語研究の流れがある。従来の理論にも環境という変数は存在したが,状況的認知論の大きな特徴は,人間の内部にモデルとしての知識・推論機構を想定しない点にある。知識推論などの抽象的な概念は状況のなかで行われる認知を後から説明するために使われることはあっても,それ自身が実体として認知過程をコントロールしているわけではないと主張しているのである。この考え方から,学習道具などの人工物や文化との相互作用によって,ダイナミックに変化するプロセスと捉えることができ,状況的認知は発達や学習を捉え直す際の一つのキーワードになっている。 →文脈 →日常認知 ◆山内祐平

心理学辞典 ページ 1053 での状況的認知     単語。