以下のフォームで複数(3つまで)の辞典を選択して一括検索することができます。

広辞苑の検索結果 (1)

せいしょ‐ほう【正書法】‥ハフ🔗🔉

せいしょ‐ほう正書法‥ハフ (orthography)語を綴る際の正しい綴り方。また、一言語を書き表すのに、正しいと認められている規則の体系。正字法。 ⇒せい‐しょ【正書】

新明解国語辞典の検索結果 (1)

せいしょほう【正書法】セイショハフ[0][3]🔗🔉

せいしょほう【正書法】セイショハフ[0][3] 社会で一般に正しいものと認められている、言葉の書き表わし方。たとえば、英語をアルファベットで、日本語を(漢字と)かなで書く場合など。オーソグラフィー[4][5]。

学研国語大辞典の検索結果 (2)

せいしょほう【正書法】〔歴史的かな遣い〕せいしょはふ🔗🔉

せいしょほう【正書法】〔歴史的かな遣い〕せいしょはふ (orthography)〔言語学・文法〕ある言語を文字で書き表す場合の、社会一般に正しいと認められている書き方。また、その体系。正字法。 《シソーラス》

【正書法】のシソーラス🔗🔉

【正書法】のシソーラス 【慣れる・修める・習う・学ぶ・手本・かたどる・悟る・練る】手本・かたどる・形 イミテーション 絵本(エホン) 象る・模る(カタト゛ル) 〈仮名〉手本(カナテ゛ホン) 亀鑑(キカン) 象形(ショウケイ) 人生観(シ゛ンセイカン) 正書法(セイショホウ) 台詞・科白(セリフ) 手本(テホン) 典型的(テンケイテキ) 伝法(テ゛ンホ゜ウ) 二乗(ニシ゛ョウ) 法・則(ノリ) 標的(ヒョウテキ) 仏法(フ゛ッホ゜ウ) 法(ホウ) 臨書(リンショ) 和様(ワヨウ)

広辞苑+新明解国語辞典+学研国語大辞典正書法で始まるの検索結果。