複数辞典一括検索+

広辞苑の検索結果 (1)

いしだ‐えいいちろう【石田英一郎】‥ラウ🔗🔉

いしだ‐えいいちろう石田英一郎‥ラウ 文化人類学者。大阪生れ。東大・東北大教授、多摩美術大学学長などを歴任。日本における文化人類学の普及に努める。著「河童駒引考」「文化人類学序説」など。(1903〜1968) ⇒いしだ【石田】

大辞林の検索結果 (1)

いしだ-えいいちろう【石田英一郎】🔗🔉

いしだ-えいいちろう ―エイイチラウ 【石田英一郎】 (1903-1968) 文化人類学者。大阪生まれ。東大教授。人類文化史の研究を深める一方,日本の文化人類学研究の発展に貢献した。主著「河童駒引考」「桃太郎の母」

日本大百科の検索結果 (1)

石田英一郎🔗🔉

石田英一郎 (いしだえいいちろう) (1903―68)文化人類学者。第二次世界大戦後、東京大学文化人類学教室の開設を始め、東北大学、埼玉大学、日本民族学会などにおいて、文化人類学の研究、教育、普及に尽力、わが国の文化人類学発展の基礎固めをした。文化の理論的研究や日本文化論でも多くの業績を残している。男爵石田英吉の孫として大阪に生まれ、東京府立四中、一高、京都帝国大学(経済学部)に進み、マルクス主義の研究、共産主義者たちへの接近が治安維持法に触れ、6年間(1928〜34)禁固刑に服した。出所後、ウィーン大学に留学、民族学を修め、中国(西北研究所)で終戦を迎え、帰国。東京大学教授(1951〜64)として、同大学の文化人類学の専門コースの創設と運営に従事、のち東北大学、埼玉大学を経て68年4月多摩美術大学学長、同年11月死去。前年に『文化人類学ノート』を著す。→河童駒引考 →桃太郎の母 <大貫良夫> 【本】『石田英一郎全集』全八巻(1970〜72・筑摩書房) ▽山口昌男編著『石田英一郎』(『日本民俗文化大系 8』所収・1979・講談社)

広辞苑+大辞林+日本大百科石田英一郎で始まるの検索結果。