複数辞典一括検索+

広辞苑の検索結果 (2)

はん‐がん【斑岩】🔗🔉

はん‐がん斑岩】 斑状構造を有する火成岩。一般に黄色・白色・灰色で、アルカリ長石・石英などを斑晶とし雲母・角閃石かくせんせきを含む。→石英斑岩⇒はんがん‐こうしょう【斑岩鉱床】

はんがん‐こうしょう【斑岩鉱床】‥クワウシヤウ🔗🔉

はんがん‐こうしょう斑岩鉱床‥クワウシヤウ 珪長質斑岩の貫入に伴って形成された鉱床。銅・錫・タングステン・モリブデン・金などの鉱床がある。 ⇒はん‐がん【斑岩】

大辞林の検索結果 (1)

はん-がん【斑岩】🔗🔉

はん-がん [1] 【斑岩】 完晶質で細粒の石基中に多くの斑晶を含む斑状の火成岩。石英斑岩・花崗(カコウ)斑岩など。

広辞苑+大辞林斑岩で始まるの検索結果。