複数辞典一括検索+

広辞苑の検索結果 (26)

うし【大人】🔗🔉

うし大人】 ①領有し、支配する人の称。転じて、貴人の尊称。ぬし。〈神代紀訓注〉 ②師匠・学者の尊称。玉くしげ「わが鈴の屋の―」

おお‐にんずう【大人数】オホ‥🔗🔉

おお‐にんずう大人数オホ‥ (オオニンズとも)人数が多いこと。多人数。「―の宴会」

おおひと‐やごろう【大人弥五郎】オホ‥ラウ🔗🔉

おおひと‐やごろう大人弥五郎オホ‥ラウ 九州地方の巨人伝説に出る人名。

おとな【大人】🔗🔉

おとな大人】 ①十分に成長した人。(元服または裳着もぎが済み)一人前になった人。成人。源氏物語桐壺「―になり給ひて後は、…御簾みすの内にも入れ給はず」。「体だけは―なみだ」↔子供。 ②考え方・態度が老成しているさま。分別のあるさま。源氏物語若紫「そもそも女は人にもてなされて―にもなり給ふものなれば」。「あの青年はなかなか―だ」 ③女房などの頭かしらに立つ人。更級日記「我はいと若人にあるべきにもあらず、また―にせらるべきおぼえもなく」 ④子供がだだをこねたりせず、おとなしいさま。「いい子だから―になさい」 ⑤痘瘡の異称。〈日葡辞書〉 ⇒おとな‐がい【大人買い】 ⇒おとな‐ごころ【大人心】 ⇒おとな‐ごと【大人事】 ⇒おとな‐っぽ・い【大人っぽい】 ⇒おとな‐なみ【大人並】 ⇒おとな‐やく【大人役】

おとな‐おとな・し【大人大人し】🔗🔉

おとな‐おとな・し大人大人し】 〔形シク〕 いかにもおとなびている。源氏物語薄雲「御年よりはこよなう―・しうねびさせ給ひて」

おとな‐がい【大人買い】‥ガヒ🔗🔉

おとな‐がい大人買い‥ガヒ 玩具付きの菓子など子供向けの商品を、大人が高額をつぎこんで大量に買いこむことをいう俗語。 ⇒おとな【大人】

おとな‐く・れる【大人くれる】🔗🔉

おとな‐く・れる大人くれる】 〔自下一〕 大人ぶる。ませる。浄瑠璃、鑓の権三重帷子「―・れたるふり」

おとなげ‐な・い【大人気無い】🔗🔉

おとなげ‐な・い大人気無い】 〔形〕[文]おとなげな・し(ク) 大人らしくない。子供っぽい。思慮のある人らしくない。浄瑠璃、国性爺合戦「刃でむかふは―・し」。「子供相手のけんかとは―・い」

おとな‐ごころ【大人心】🔗🔉

おとな‐ごころ大人心】 おとならしい心。世なれている心。狭衣物語3「御―もうれしく思ひきこえさせ給へれば」 ⇒おとな【大人】

おとな‐ごと【大人事】🔗🔉

おとな‐ごと大人事】 痘瘡。おとな。日葡辞書「ヲトナゴトヲスル」 ⇒おとな【大人】

おとなし・い【大人しい】🔗🔉

おとなし・い大人しい】 〔形〕[文]おとな・し(シク) ①大人びている。源氏物語紅葉賀「今日よりは―・しくなり給へりや」 ②年長者らしい。重だったさまである。源氏物語「御前なる―・しき人など」 ③(「温和しい」とも当てる)おちついて穏やかである。従順である。「―・い子供」「―・く引き下がる」 ④けばけばしくなく、すなおで落ち着いている。「―・い色」

おとなし‐やか【大人しやか】🔗🔉

おとなし‐やか大人しやか】 ①大人びたさま。謡曲、隅田川「年の程十二三ばかりなる幼い者…―に申し、念仏四五返唱へ」 ②年長者らしくしっかりしているさま。平家物語12「―ならむものの、聖の行きあはむ所まで六代を具せよといへかし」 ③落ち着いてしとやかなさま。「―な娘」

おとな‐だ・つ【大人立つ】🔗🔉

おとな‐だ・つ大人立つ】 〔自四〕 大人びて見える。年長者らしさが表れる。枕草子120「―・ちたる人の、いやしからぬ声のしのびやかなるけはひして」

おとな‐っぽ・い【大人っぽい】🔗🔉

おとな‐っぽ・い大人っぽい】 〔形〕 (子供や若者が)大人びているさま。「―・い服装」 ⇒おとな【大人】

おとな‐なみ【大人並】🔗🔉

おとな‐なみ大人並】 子供であるが、大人と同様であること。「言うことだけは―」 ⇒おとな【大人】

おとな‐はずか・し【大人恥かし】‥ハヅカシ🔗🔉

おとな‐はずか・し大人恥かし‥ハヅカシ 〔形シク〕 知恵が大人にもまさっている。大人も顔負けするほどだ。好色一代男1「世之介十二より声も替りて、―・しく」

おとな・びる【大人びる】🔗🔉

おとな・びる大人びる】 〔自上一〕[文]おとな・ぶ(上二) 大人らしくなる。からだつきや考え方などが一人前になる。源氏物語賢木「御年の程よりは―・び美しき御様にて」。「―・びた口ぶり」

おとな‐ぶ・る【大人ぶる】🔗🔉

おとな‐ぶ・る大人ぶる】 〔自五〕 大人のような態度をする。

おとな‐やく【大人役】🔗🔉

おとな‐やく大人役】 大人としての役目。また、一人前の大人。浄瑠璃、ひぢりめん卯月紅葉「これなうお亀、年はいかねど男を持てば―」 ⇒おとな【大人】

たい‐じん【大人】🔗🔉

たい‐じん大人】 ①体の大きい人。巨人。 ②一人前に成長した人。丁年ていねん以上の人。おとな。成人。↔小人。 ③徳の高い立派な人。人となる道「ただ―のみその徳を全くすべし」↔小人。 ④身分や官位の高い人。秋夜長物語「おびたたしき―高客の来る勢あり」 ⑤大名。また、公家。北条五代記「たとへば一万騎持ちたる―あり」 ⑥父や師匠・学者の敬称。 ⇒たいじん‐くんし【大人君子】 ⇒たいじん‐こく【大人国】 ⇒大人は大耳 ⇒大人は赤子の心を失わず

たいじん‐くんし【大人君子】🔗🔉

たいじん‐くんし大人君子】 徳の高い人。有徳の人。 ⇒たい‐じん【大人】

たいじん‐こく【大人国】🔗🔉

たいじん‐こく大人国】 体の大きな人が住むという想像上の国。「ガリヴァー旅行記」の巨人国の類。 ⇒たい‐じん【大人】

○大人は大耳たいじんはおおみみ🔗🔉

○大人は大耳たいじんはおおみみ 徳の高い人は細かな事をいちいち耳にとめない。 ⇒たい‐じん【大人】

○大人は赤子の心を失わずたいじんはせきしのこころをうしなわず🔗🔉

○大人は赤子の心を失わずたいじんはせきしのこころをうしなわず [孟子離婁下]徳の高い人は、赤子のように純真な心を失わない。また、一国の君主たるものは、その民の心を失わない。 ⇒たい‐じん【大人】

だい‐じんぶつ【大人物】🔗🔉

だい‐じんぶつ大人物】 偉大な性格をそなえた人。大器量の人。偉人。

だい‐にん【大人】🔗🔉

だい‐にん大人】 おとな。成人。年齢によって料金を変える場合などにいう。↔小人しょうにん

大辞林の検索結果 (25)

うし【大人】🔗🔉

うし [1] 【大人】 (1)貴人・富者などを敬っていう語。「太子に啓して曰く,―何ぞ憂へますこと甚しき/日本書紀(履中訓)」 (2)師や学者または先人を尊敬していう語。「今茲(ココ)に開ける梅暦は為永―の吉書始めにして/人情本・梅児誉美(後)」

おお-にんずう【大人数】🔗🔉

おお-にんずう オホ― [3] 【大人数】 〔「おおにんず」とも〕 人数が多いこと。大勢。多人数。 ⇔小人数 「―で押しかける」

おとな【大人】🔗🔉

おとな [0] 【大人】 (1)十分に成長して,一人前になった人。成人。 ⇔こども 「―になる」 (2)考え方や態度が一人前であること。青少年が老成していること。「年は若いが,なかなか―だ」「君の考えもだいぶ―になったね」 (3)元服をすませた人。成人。「―になり給ひて後は,ありしやうに,御簾(ミス)の内にも入れ給はず/源氏(桐壺)」

おとな-げ【大人気】🔗🔉

おとな-げ [0] 【大人気】 (下に打消の語を伴って)おとならしさ。おとなとしての落ち着きや分別。「―のない行為」 →おとなげない

おとな-ごと【大人事】🔗🔉

おとな-ごと 【大人事】 天然痘。「―ヲスル/日葡」

おとな-なみ【大人並(み)】🔗🔉

おとな-なみ [0] 【大人並(み)】 子供であるが,大人同様であること。「この子も背丈だけは―だ」

おとなおとな・し【大人大人し】🔗🔉

おとなおとな・し 【大人大人し】 (形シク) (1)いかにも大人らしい。大人びて落ち着いている。「かたちもいと―・しうきよげなり/宇津保(国譲下)」 (2)年輩である。「綾ゆるされぬは例の―・しきは,無紋の青色/紫式部日記」

おとなげ-な・い【大人気ない】🔗🔉

おとなげ-な・い [5] 【大人気ない】 (形)[文]ク おとなげな・し 大人としての思慮分別がない。大人らしくない。「子供を相手に―・いことをする」 [派生] ――さ(名)

おとな-し・い【大人しい】🔗🔉

おとな-し・い [4] 【大人しい】 (形)[文]シク おとな・し 〔「おとな(大人)」の形容詞化〕 (1)性格が穏やかで素直だ。落ち着いて静かだ。「―・く話し合う」 (2)派手でなく落ち着いていて好ましい。「―・いデザイン」 (3)大人である。年長である。「年も―・しかんなり/平家 12」 (4)いかにも年長者らしい。「かしこなる―・しき人して,書かせてあり/蜻蛉(上)」 (5)大人っぽい。大人びている。「世の常の十四,五よりは―・しく/平家 12」 [派生] ――げ(形動)――さ(名)

おとな-じ・みる【大人じみる】🔗🔉

おとな-じ・みる [5] 【大人じみる】 (動マ上一) 大人のような様子になる。大人っぽくなる。「―・みた口をきく」

おとなし-やか【大人しやか】🔗🔉

おとなし-やか [4] 【大人しやか】 (形動)[文]ナリ (1)落ち着いて穏やかなさま。「―な女性」 (2)年長者らしくしっかりしているさま。「あはれ―ならんものの,聖の行きあはん所まで六代を具せよといへかし/平家 12」 (3)(年齢の割に)大人びているさま。一人前の大人であるさま。「しるしに柳を植ゑて賜はり候へと,―に申し/謡曲・隅田川」

おとな-だ・つ【大人立つ】🔗🔉

おとな-だ・つ 【大人立つ】 (動タ四) いかにも年長者らしくみえる。「受領など―・ちぬるも/枕草子 58」

おとなっ-ぽ・い【大人っぽい】🔗🔉

おとなっ-ぽ・い [5] 【大人っぽい】 (形) 大人のようである。大人のように見える。「―・い服装」

おとな-はずか・し【大人恥づかし】🔗🔉

おとな-はずか・し ―ハヅカシ 【大人恥づかし】 (形シク) 大人の方が顔負けするくらいに大人びている。「世之介十二より声も替りて―・しくはづるとはなくに/浮世草子・一代男 1」

おとな・びる【大人びる】🔗🔉

おとな・びる [4] 【大人びる】 (動バ上一)[文]バ上二 おとな・ぶ (1)年をとって,だんだん大人らしくなる。「学校を出たら急に―・びてきた」 (2)相当の年配になる。年が老ける。「―・び給へれどなほ花やぎたる所つきて/源氏(柏木)」

おとな-ぶ・る【大人ぶる】🔗🔉

おとな-ぶ・る [4] 【大人ぶる】 (動ラ五[四]) いかにも大人のように振る舞う。「―・った態度」

たい-じん【大人】🔗🔉

たい-じん [0] 【大人】 (1)体の大きい人。巨人。 (2)おとな。だいにん。 (3)徳の高い人。度量のある人。人格者。大物。「―の風格がある」 (4)身分・地位の高い人。「政治界の―とならんか/福翁自伝(諭吉)」 (5)師匠・学者を敬っていう語。うし。

たいじん=は大耳(オオミミ)🔗🔉

――は大耳(オオミミ) 度量のある人は細かなことをいろいろ聞きとがめない。大名は大耳。

たいじん=は赤子(セキシ)の心を失わず🔗🔉

――は赤子(セキシ)の心を失わず 〔孟子(離婁下)〕 (1)高徳の人は,純粋な心をいつまでも失わない。 (2)徳のある君主は,民のことを常に心にかけ,その気持ちを理解している。

たいじん-くんし【大人君子】🔗🔉

たいじん-くんし [5] 【大人君子】 度量が広く徳の高い人。

たいじん-こく【大人国】🔗🔉

たいじん-こく [3] 【大人国】 大きな体をした人間が住んでいるという想像上の国。巨人国。

だい-じんぶつ【大人物】🔗🔉

だい-じんぶつ [3] 【大人物】 品性に優れ,度量が広い偉大な人物。 ⇔小人物

だい-にん【大人】🔗🔉

だい-にん [0] 【大人】 おとな。風呂屋などの料金の区別に用いる場合は,中学生以上をいう。たいじん。 →中人(チユウニン) →小人(シヨウニン)

おとな【大人】(和英)🔗🔉

おとな【大人】 a man (boy に対し);→英和 a woman;→英和 an adult (成人);→英和 a grown-up (person).〜の adult;grown-up.〜になる grow up (to be a man);become a man[woman];come of age.〜気ない childish;→英和 immature.→英和 〜ぶる behave like a grown-up.

だいじんぶつ【大人物】(和英)🔗🔉

だいじんぶつ【大人物】 a great man.

広辞苑+大辞林大人で始まるの検索結果。