複数辞典一括検索+

広辞苑の検索結果 (2)

パラフィン【paraffin】🔗🔉

パラフィンparaffin】 (ラテン語で「乏しい親和性」の意のparum affinisに由来) ①CH+2という一般式で表される飽和鎖式炭化水素の総称。化学的に安定で反応性に乏しい。パラフィン炭化水素。メタン系炭化水素。アルカン。 直鎖パラフィン炭化水素(表) ②狭義には、パラフィン蝋、すなわち石蝋せきろうを指す。高級なパラフィン炭化水素の混合物で、常温では白色半透明蝋状の固体。重油から分離精製され、天然には地蝋じろうとして産する。蝋燭ろうそくの原料、軟膏の基礎剤などにする。 ③(→)パラフィン紙の略。 ⇒パラフィン‐し【パラフィン紙】

パラフィン‐し【パラフィン紙】🔗🔉

パラフィン‐しパラフィン紙】 グラシン紙・模造紙・クラフト紙などにパラフィン蝋をしみこませたもの。耐水・耐湿性が大きく、包装に用いる。 ⇒パラフィン【paraffin】

大辞林の検索結果 (4)

パラフィン〖paraffin〗🔗🔉

パラフィン [1][0] 〖paraffin〗 (1)石油から分離される蝋状(ロウジヨウ)の白色半透明の固体。高級メタン系飽和炭化水素の混合物で,臭気なく,融点は四五〜六五度。蝋燭(ロウソク)の原料,軟膏や化粧品の基剤とする。石蝋。 (2)メタン系飽和炭化水素の総称。 (3)「パラフィン紙」に同じ。

パラフィン-し【―紙】🔗🔉

パラフィン-し [3] 【―紙】 グラシン紙・模造紙などにパラフィン{(1)}を浸み込ませた防水性の紙。パラフィン。

パラフィン-よく【―浴】🔗🔉

パラフィン-よく [3] 【―浴】 温熱療法の一。患部を,融解したパラフィン中に出し入れしたあと,パラフィンを付着させたまま保温し,数十分おく。

パラフィン(和英)🔗🔉

パラフィン paraffin.

広辞苑+大辞林パラフィンで始まるの検索結果。