複数辞典一括検索+

リスアニア【Lithuania】🔗🔉

リスアニアLithuania⇒リトアニア

リソグラフィー【lithography】🔗🔉

リソグラフィーlithography】 ①平版。 ②微細加工技術の一種。加工表面に感光性樹脂を塗布し、原板を焼きつけ、樹脂のパターンを作って腐食加工する方法。シャドー‐マスク・集積回路などの製造に用いる。

リソスフェア【lithosphere】🔗🔉

リソスフェアlithosphere】 地球の表層の硬い部分。上部は地殻物質から成り、下部はマントル物質から成る。大洋底での厚さは70キロメートル程度、大陸では2倍くらい厚い。岩石圏。岩圏。剛体圏。→アセノスフェア

リチア‐うんも【リチア雲母】🔗🔉

リチア‐うんもリチア雲母】 (lithia mica)カリウム・リチウムなどを主成分とする雲母の一種。淡紅色ないし淡紫色で、真珠光沢をもつ。リチウムの主要鉱石。ペグマタイト中に産する。鱗雲母りんうんも。 リチア雲母 撮影:松原 聰

リチウム【lithium】🔗🔉

リチウムlithium】 (ギリシア語で石の意のlithosから)アルカリ金属元素の一種。元素記号Li 原子番号3。原子量6.941。銀白色の光沢を持つ。金属中最も軽い(比重0.53)。水と反応して水酸化物となり、水素を発生。炎色反応は深紅色。マグネシウム・アルミニウムとの合金成分として用いる。 ⇒リチウム‐イオン‐でんち【リチウムイオン電池】 ⇒リチウム‐でんち【リチウム電池】 ⇒リチウム‐ポリマー‐でんち【リチウムポリマー電池】

リトアニア【Lithuania】🔗🔉

リトアニアLithuania】 バルト海沿岸に位置する共和国。古来琥珀こはくの産地として有名。ポーランド領を経て、18世紀にロシアに併合。1940年にソ連邦に併合。91年ソ連解体前に独立。2004年EU加盟。住民はバルト系リトアニア人が主。面積6万5000平方キロメートル。人口343万6千(2004)。首都ヴィリニュス。英語名リスアニア。→バルト三国→ヨーロッパ(図)⇒リトアニア‐ご【リトアニア語】

リトアニア‐ご【リトアニア語】🔗🔉

リトアニア‐ごリトアニア語】 (Lithuanian)リトアニア共和国およびポーランドの一部で用いられる言語。インド‐ヨーロッパ語族のバルト語派に属する。 ⇒リトアニア【Lithuania】

リトグラフ【lithographe フランス】🔗🔉

リトグラフlithographe フランス(→)石版画

広辞苑lithで始まるの検索結果 1-8