複数辞典一括検索+

○陰に陽にいんにように🔗🔉

○陰に陽にいんにように ある時は内密にある時は公然と。かげになりひなたになり。あらゆる機会に。 ⇒いん‐に【陰に】

いん‐よう【陰陽】‥ヤウ🔗🔉

いん‐よう陰陽‥ヤウ ①中国の易学でいう、相反する性質をもつ陰・陽二種の気。万物の化成はこの二気の消長によるとする。日・春・南・昼・男は陽、月・秋・北・夜・女は陰とする類。日本に伝来して陰陽道となったが、この場合はオンヨウまたはオンミョウとよむ。 ②漢方で、病気の性質を2種に区分する尺度。熱性で活動性のものを陽(陽証)、寒性で沈降性のものを陰(陰証)という。 ③電気や磁気の、陰極と陽極。 ④(生花用語) ㋐葉や幹などの日光を受けない方の裏面(陰)と日光を受ける方の表面(陽)。色合いなどが異なる。 ㋑花型の左右の空間の称。上座の方(客位)を陰、下座の方(主位)を陽とする。 ⇒いんよう‐か【陰陽家】 ⇒いんよう‐ごぎょう‐せつ【陰陽五行説】 ⇒いんよう‐わごう【陰陽和合】 ⇒陰陽を燮理す

いんよう‐か【陰陽家】‥ヤウ‥🔗🔉

いんよう‐か陰陽家‥ヤウ‥ 中国戦国時代、陰陽五行を説く人。→おんようけ⇒いん‐よう【陰陽】

いんよう‐ごぎょう‐せつ【陰陽五行説】‥ヤウ‥ギヤウ‥🔗🔉

いんよう‐ごぎょう‐せつ陰陽五行説‥ヤウ‥ギヤウ‥ 古代中国に起源をもつ哲理。一切の万物は陰・陽二気によって生じ、五行中、木・火は陽に、金・水は陰に属し、土はその中間にあるとし、これらの消長によって天地の変異、災祥、人事の吉凶を説明する。→五行→陰陽道おんようどう⇒いん‐よう【陰陽】

いんよう‐わごう【陰陽和合】‥ヤウ‥ガフ🔗🔉

いんよう‐わごう陰陽和合‥ヤウ‥ガフ 陰・陽の二気が合わさって万物を造化・創成すること。転じて、男女の情交などにもいう。 ⇒いん‐よう【陰陽】

○陰陽を燮理すいんようをしょうりす🔗🔉

○陰陽を燮理すいんようをしょうりす [書経周官]宰相が天地四時の道をやわらげてほどよく治めること。政道よろしきを得れば、天地が感応して陰陽が自然にととのうことにいう。 ⇒いん‐よう【陰陽】

うら‐の‐つかさ【陰陽寮】🔗🔉

うら‐の‐つかさ陰陽寮⇒おんようりょう

おみょう‐じ【陰陽師】‥ミヤウ‥🔗🔉

おみょう‐じ陰陽師‥ミヤウ‥ オンヨウジの転。

おん‐みょう【陰陽】‥ミヤウ🔗🔉

おん‐みょう陰陽‥ミヤウ ⇒おんよう

おんよう‐け【陰陽家】‥ヤウ‥🔗🔉

おんよう‐け陰陽家‥ヤウ‥ ①陰陽道を奉ずる人。また、その家筋。 ②⇒いんようか⇒おん‐よう【陰陽】

おんよう‐じ【陰陽師】‥ヤウ‥🔗🔉

おんよう‐じ陰陽師‥ヤウ‥ 陰陽寮に属し、陰陽道に関する事をつかさどる職員。中世以降、民間にあって加持祈祷を行う者の称。 ⇒おん‐よう【陰陽】

○陰陽師身の上知らずおんようじみのうえしらず🔗🔉

○陰陽師身の上知らずおんようじみのうえしらず 陰陽師は他人の事は占って分かるが、自分の運命については分からない。他人の事は気付いても自分のことはなかなか気付かないものだ、の意。易者身の上知らず。 ⇒おん‐よう【陰陽】

おんよう‐どう【陰陽道】‥ヤウダウ🔗🔉

おんよう‐どう陰陽道‥ヤウダウ 古代中国の陰陽いんよう五行説に基づいて天文・暦数・卜筮ぼくぜい・卜地などをあつかう方術。大宝令に規定があり、陰陽寮がおかれたが、次第に俗信化し、宮廷・公家の日常を物忌・方違えなどの禁忌で左右した。平安中期以後、賀茂・安倍の両氏が分掌。 ⇒おん‐よう【陰陽】

おんよう‐の‐かみ【陰陽頭】‥ヤウ‥🔗🔉

おんよう‐の‐かみ陰陽頭‥ヤウ‥ 陰陽寮の長官。うらのかみ。 ⇒おん‐よう【陰陽】

おんよう‐の‐つかさ【陰陽寮】‥ヤウ‥🔗🔉

おんよう‐の‐つかさ陰陽寮‥ヤウ‥ ⇒おんようりょう⇒おん‐よう【陰陽】

おんよう‐はかせ【陰陽博士】‥ヤウ‥🔗🔉

おんよう‐はかせ陰陽博士‥ヤウ‥ 陰陽寮に属し、陰陽道を学生に教授した教官。 ⇒おん‐よう【陰陽】

おんよう‐りょう【陰陽寮】‥ヤウレウ🔗🔉

おんよう‐りょう陰陽寮‥ヤウレウ 律令制で、中務なかつかさ省に属し、天文・気象・暦・時刻・卜占ぼくせんなどをつかさどった役所。陰陽頭のもとに、陰陽博士・暦博士・天文博士・漏刻博士などで編成。おんようのつかさ。うらのつかさ。 ⇒おん‐よう【陰陽】

広辞苑陰陽で始まるの検索結果 1-18