複数辞典一括検索+

かん‐すう【関数】クワン‥🔗🔉

かん‐すう関数クワン‥ (function) ①〔数〕数の集合から数の集合への写像yfx)のこと。を独立変数、を従属変数という。が複素数の集合ならば、特にを複素変数関数という。として2次元空間、3次元空間、…の部分集合をとる時は、2変数関数、3変数関数、…(総称して多変数関数)という。函数。 ②コンピューターで、与えられた入力パラメーターに基づき、定められた処理を実行しその結果を出力する一連の命令群。ソフトウェアの作成時には、関数の入力パラメーターと出力の値だけを理解すればよく、モジュール化が図れる。 ⇒かんすう‐かいせき【関数解析】 ⇒かんすう‐くうかん【関数空間】 ⇒かんすう‐ひょう【関数表】 ⇒かんすう‐ほうていしき【関数方程式】 ⇒かんすう‐ろん【関数論】

かんすう‐かいせき【関数解析】クワン‥🔗🔉

かんすう‐かいせき関数解析クワン‥ ある種の性質をもった関数の集合(関数族)を、位相的・解析的な手法により研究する解析学の一部門。位相解析。 ⇒かん‐すう【関数】

かんすう‐くうかん【関数空間】クワン‥🔗🔉

かんすう‐くうかん関数空間クワン‥ 関数を要素とする線形空間に一定の位相が導入されているとき、この空間をいう。→線形空間→位相⇒かん‐すう【関数】

かんすう‐ひょう【関数表】クワン‥ヘウ🔗🔉

かんすう‐ひょう関数表クワン‥ヘウ 1種または数種の関数につき、その独立変数の種々の値に対する関数の値を記載して、実地計算に用いる表。対数表・三角関数表など。 ⇒かん‐すう【関数】

かんすう‐ほうていしき【関数方程式】クワン‥ハウ‥🔗🔉

かんすう‐ほうていしき関数方程式クワン‥ハウ‥ 未知数のかわりとして未知関数を含む方程式。例えば微分方程式。 ⇒かん‐すう【関数】

かんすう‐ろん【関数論】クワン‥🔗🔉

かんすう‐ろん関数論クワン‥ 複素変数関数論の略。複素数を変数とする関数についての解析学。 ⇒かん‐すう【関数】

広辞苑関数で始まるの検索結果 1-6