複数辞典一括検索+

かがみ【鏡】🔗🔉

かがみ】 ①滑らかな平面における光の反射を利用して容姿や物の像などをうつし見る道具。中国から渡来。古くは金属、特に銅合金を磨いたり錫すずを塗ったり、または錫めっきを施したりした。円形・方形・花形・稜形などに作り、室町時代から柄をつけるようになった。今日では、硝酸銀水溶液をガラス面に注ぎ、苛性ソーダなどによってコロイド状の銀をガラス面に沈着させ、その上に樹脂などの保護膜を塗る。鏡は古来、呪術的なものとして重視され、祭器や権威の象徴・財宝とされた。古事記「斎杙いくいには―を懸け、真杙まくいには真玉を懸け」 ②(「鑑」とも書く)手本。模範。万葉集20「見る人の語りつぎてて聞く人の―にせむを」。「武士の―」 ③「かがみもち」の略。 ④酒樽のふた。「―を抜く」 ⑤歴史書。→鏡物。 ⑥行政省庁内で、決裁書類のおもて紙。宛先・標題・日付・作成者などを記す。 ⇒かがみ‐あげ【鏡上】 ⇒かがみ‐あぶみ【鏡鐙】 ⇒かがみ‐いけ【鏡池】 ⇒かがみ‐いご【鏡いご】 ⇒かがみ‐いし【鏡石】 ⇒かがみ‐いた【鏡板】 ⇒かがみ‐いわ【鏡岩】 ⇒かがみ‐うお【鏡魚】 ⇒かがみ‐うちわ【鏡団扇】 ⇒かがみ‐え【鏡絵】 ⇒かがみ‐おび【鏡帯】 ⇒かがみ‐がい【鏡貝】 ⇒かがみ‐かけ【鏡掛】 ⇒かがみ‐がた【鏡形】 ⇒かがみ‐ぐさ【鏡草】 ⇒かがみ‐ぐつわ【鏡銜・鏡轡】 ⇒かがみ‐くら【鏡鞍】 ⇒かがみ‐し【鏡師】 ⇒かがみ‐じ【鏡地】 ⇒かがみ‐せん【鏡銑】 ⇒かがみ‐そう【鏡草】 ⇒かがみ‐だい【鏡鯛】 ⇒かがみ‐たて【鏡立】 ⇒かがみ‐つくり【鏡作り】 ⇒かがみつくり‐べ【鏡作部】 ⇒かがみ‐てん【鏡天】 ⇒かがみ‐てんじょう【鏡天井】 ⇒かがみ‐ど【鏡戸】 ⇒かがみ‐とぎ【鏡磨ぎ】 ⇒かがみ‐なす【鏡なす】 ⇒かがみ‐なる【鏡なる】 ⇒かがみ‐の‐いえ【鏡の家】 ⇒かがみ‐の‐ま【鏡の間】 ⇒かがみ‐の‐まつ【鏡の松】 ⇒かがみ‐ばこ【鏡匣・鏡箱】 ⇒かがみ‐はだ【鏡肌】 ⇒かがみ‐ばり【鏡張り】 ⇒かがみ‐びらき【鏡開き】 ⇒かがみ‐ぶくろ【鏡袋】 ⇒かがみ‐ぶた【鏡蓋】 ⇒かがみ‐ぶとん【鏡蒲団】 ⇒かがみ‐まくら【鏡枕】 ⇒かがみ‐もじ【鏡文字】 ⇒かがみ‐もち【鏡餅】 ⇒かがみ‐もの【鏡物】 ⇒かがみ‐わり【鏡割り】

かがみ‐あげ【鏡上】🔗🔉

かがみ‐あげ鏡上(→)「福沸し」2に同じ。 ⇒かがみ【鏡】

かがみ‐あぶみ【鏡鐙】🔗🔉

かがみ‐あぶみ鏡鐙】 表面を鏡地かがみじまたは銀・金銅包みとした鐙。鏡鞍かがみくらに用いる。 ⇒かがみ【鏡】

かがみ‐いけ【鏡池】🔗🔉

かがみ‐いけ鏡池】 古代の貴人や英雄が水鏡としたり、また所持の鏡を落としたとされる池。日本各地にこの名の池がある。 ⇒かがみ【鏡】

かがみ‐いご【鏡いご】🔗🔉

かがみ‐いご鏡いご(→)「仏の鏡」に同じ。 ⇒かがみ【鏡】

かがみ‐いし【鏡石】🔗🔉

かがみ‐いし鏡石】 表面に光沢があって、物の影のよくうつる石。各地にこの名の石があり、種々の伝説を伴う。鏡岩。 ⇒かがみ【鏡】

かがみ‐いた【鏡板】🔗🔉

かがみ‐いた鏡板】 ①框かまち・額縁などに入れた平滑な一枚板。建具・天井・壁などに使う。 ㋐能舞台正面・右側面の羽目板。老松・若竹を描く。松羽目。→能舞台(図)。 ㋑歌舞伎で、舞台を能舞台にかたどったとき、その後ろに飾る板。 ②轡くつわの部分で、馬銜はみがはずれないように、その両端につけ、馬の口をおおう金具。→轡(図)。 ③(end plate)丸ボイラーまたは円筒状の圧力容器の両端部にある板。 ⇒かがみ【鏡】

かがみ‐いわ【鏡岩】‥イハ🔗🔉

かがみ‐いわ鏡岩‥イハ (→)鏡石に同じ。 ⇒かがみ【鏡】

かがみ‐うお【鏡魚】‥ウヲ🔗🔉

かがみ‐うお鏡魚‥ウヲ カガミダイの別称。 ⇒かがみ【鏡】

かがみ‐うちわ【鏡団扇】‥ウチハ🔗🔉

かがみ‐うちわ鏡団扇‥ウチハ 鏡のように円形のうちわ。丸団扇。 ⇒かがみ【鏡】

かがみ‐え【鏡絵】‥ヱ🔗🔉

かがみ‐え鏡絵‥ヱ 春画しゅんがのこと。 ⇒かがみ【鏡】

かがみ‐おび【鏡帯】🔗🔉

かがみ‐おび鏡帯】 裏生地を表に、または表地を裏に折り返して、額縁のように仕立てた帯。 ⇒かがみ【鏡】

かがみ‐がい【鏡貝】‥ガヒ🔗🔉

かがみ‐がい鏡貝‥ガヒ マルスダレガイ科の二枚貝。殻は白色の円板状で、名はそれを鏡と見たてたもの。殻長約6センチメートル。潮間帯から水深60メートルほどの砂泥底に、深く潜入してすむ。北海道南部以南の日本全国と韓国・中国にも分布。食用。 ⇒かがみ【鏡】

かがみ‐かけ【鏡掛】🔗🔉

かがみ‐かけ鏡掛】 ①(→)「かがみたて」に同じ。〈倭名類聚鈔14〉 ②鏡面をおおう布。 ⇒かがみ【鏡】

かがみ‐がた【鏡形】🔗🔉

かがみ‐がた鏡形】 八花形やつはながたの鏡の形。八稜形。宇津保物語楼上上「楼の天井には―、雲の形を織りたる高麗錦を張りたり」 ⇒かがみ【鏡】

かがみ‐がわ【鏡川】‥ガハ🔗🔉

かがみ‐がわ鏡川‥ガハ 四国山地の土佐山に発源し、高知市街を通って浦戸湾に注ぐ川。長さ31キロメートル。

かがみ‐ぐさ【鏡草】🔗🔉

かがみ‐ぐさ鏡草】 ①大根の異名。正月元日に宮中で鏡餅の上に置いた輪切りの大根。はるのかがみぐさ。 ②松の異名。ふゆのかがみぐさ。 ③アサガオ・ヤマブキ・ウキクサ・ビャクレン(白蘞)・ガガイモ・カタバミ・イチヤクソウなどの異名。 ⇒かがみ【鏡】

かがみ‐ぐつわ【鏡銜・鏡轡】🔗🔉

かがみ‐ぐつわ鏡銜・鏡轡】 鏡板の部分を彫り透かさずに円形につくった轡。 ⇒かがみ【鏡】

かがみ‐くら【鏡鞍】🔗🔉

かがみ‐くら鏡鞍】 前輪まえわ・後輪しずわの表面を鏡地かがみじまたは銀・金銅で張り包み、山形に覆輪ふくりんをかけた鞍。御幸ごこう鞍。→鞍橋くらぼね⇒かがみ【鏡】

かがみ‐し【鏡師】🔗🔉

かがみ‐し鏡師】 鏡を作る人。また、鏡を磨く人。 ⇒かがみ【鏡】

かがみ‐じ【鏡地】‥ヂ🔗🔉

かがみ‐じ鏡地‥ヂ 板に銅と錫の合金を張り、表面をみがき上げたもの。 ⇒かがみ【鏡】

かがみじし【鏡獅子】🔗🔉

かがみじし鏡獅子】 歌舞伎舞踊。長唄。本名題「春興しゅんきょう鏡獅子」。新歌舞伎十八番の一つ。福地桜痴作詞。3世杵屋正次郎作曲。2世藤間勘右衛門振付。1893年(明治26)初演。正月の鏡開きに、飾ってある手獅子を腰元が持つと、獅子の精が乗りうつる。前半は艶麗な娘姿の踊、後半は石橋しゃっきょう仕立の豪放な獅子の舞。

かがみ‐せん【鏡銑】🔗🔉

かがみ‐せん鏡銑(→)鏡鉄きょうてつに同じ。 ⇒かがみ【鏡】

かがみ‐そう【鏡草】‥サウ🔗🔉

かがみ‐そう鏡草‥サウ イチヤクソウの別称。 ⇒かがみ【鏡】

かがみ‐だい【鏡鯛】‥ダヒ🔗🔉

かがみ‐だい鏡鯛‥ダヒ マトウダイ科の海産の硬骨魚。全長約70センチメートル。体高が大きく、甚だしく側扁。銀白色。南日本産。食用。 ⇒かがみ【鏡】

かがみ‐たて【鏡立】🔗🔉

かがみ‐たて鏡立】 鏡を立てかける木製の枠または台。かがみかけ。きょうだい。 鏡立 提供:ポーラ文化研究所 ⇒かがみ【鏡】

かがみ‐つくり【鏡作り】🔗🔉

かがみ‐つくり鏡作り】 ①鏡を作る人。かがみし。 ②大和政権で、鏡を作る技術を世襲していた品部しなべ。鏡作部。 ⇒かがみ【鏡】

かがみつくり‐べ【鏡作部】🔗🔉

かがみつくり‐べ鏡作部(→)「かがみつくり」2に同じ。 ⇒かがみ【鏡】

かがみ‐てん【鏡天】🔗🔉

かがみ‐てん鏡天(→)「仏の鏡」に同じ。 ⇒かがみ【鏡】

かがみ‐てんじょう【鏡天井】‥ジヤウ🔗🔉

かがみ‐てんじょう鏡天井‥ジヤウ 鏡板を張った天井。禅宗様の建築で、格縁ごうぶちや棹縁さおぶちなどを見せない平らな天井。 ⇒かがみ【鏡】

かがみ‐ど【鏡戸】🔗🔉

かがみ‐ど鏡戸】 一枚板を周囲の框かまちの内側に入れた戸。 ⇒かがみ【鏡】

かがみ‐とぎ【鏡磨ぎ】🔗🔉

かがみ‐とぎ鏡磨ぎ】 金属製の鏡を磨いて平滑にし、くもりをとること。また、それを業とする人。 ⇒かがみ【鏡】

かがみ‐なす【鏡なす】🔗🔉

かがみ‐なす鏡なす】 〔枕〕 「み」「見る」「みつ(御津)」「思ふ」などにかかる。 ⇒かがみ【鏡】

かがみ‐なる【鏡なる】🔗🔉

かがみ‐なる鏡なる】 〔枕〕 (→)「鏡なす」に同じ。 ⇒かがみ【鏡】

かがみ‐の‐いえ【鏡の家】‥イヘ🔗🔉

かがみ‐の‐いえ鏡の家‥イヘ (→)「かがみばこ」に同じ。 ⇒かがみ【鏡】

かがみ‐の‐おおきみ【鏡王女】‥オホ‥🔗🔉

かがみ‐の‐おおきみ鏡王女‥オホ‥ 万葉歌人。額田王ぬかたのおおきみの姉ともいわれるが、疑問。天智天皇の寵を受け、のち藤原鎌足の妻。女性らしい情緒を湛えた美しい相聞歌そうもんか4首が残る。鎌足病気の時、山階寺を発願、開基となる。( 〜683)

かがみ‐の‐ま【鏡の間】🔗🔉

かがみ‐の‐ま鏡の間】 ①能舞台で、橋掛りの揚幕のすぐ内側にあって、鏡を置き、役者が面をかけ、気を統一する板敷きの室。→能舞台(図)。 ②ヴェルサイユ宮殿の一室。マンサール(J. Hardouin-Mansart1646〜1708)の設計。鏡を張りめぐらしてある。 ⇒かがみ【鏡】

かがみ‐の‐まつ【鏡の松】🔗🔉

かがみ‐の‐まつ鏡の松】 能舞台正面の鏡板に描いた老松。 ⇒かがみ【鏡】

かがみ‐ばこ【鏡匣・鏡箱】🔗🔉

かがみ‐ばこ鏡匣・鏡箱】 ①鏡を入れておく箱。 ②平安時代以後、寝殿に置いた調度で、鏡・領巾ひれ・汗手巾あせたのごいなどを入れる箱。鷺足さぎあしの台に載せ、唐櫛笥からくしげと並べて置く。鏡の家。 鏡匣 ⇒かがみ【鏡】

かがみ‐はだ【鏡肌】🔗🔉

かがみ‐はだ鏡肌】 〔地〕断層によって岩盤や鉱床がずれ動いたために、磨かれて鏡のように光る断層面。 ⇒かがみ【鏡】

かがみ‐ばり【鏡張り】🔗🔉

かがみ‐ばり鏡張り】 鏡板を張ること。また、張ったもの。 ⇒かがみ【鏡】

かがみ‐びらき【鏡開き】🔗🔉

かがみ‐びらき鏡開き】 (「開き」は「割り」の忌み詞) ①正月11日ごろ鏡餅を下げて雑煮・汁粉にして食べる行事。近世、武家で、正月に男は具足餅を、女は鏡台に供えた餅を正月20日(のち11日)に割って食べたのに始まる。鏡割り。〈[季]新年〉 ②祝い事に酒樽のふたを開くこと。鏡抜き。 ⇒かがみ【鏡】

かがみ‐ぶくろ【鏡袋】🔗🔉

かがみ‐ぶくろ鏡袋】 懐中鏡を入れておく袋。金銭も入れた。好色一代男4「―より一包とり出だして」 ⇒かがみ【鏡】

かがみ‐ぶた【鏡蓋】🔗🔉

かがみ‐ぶた鏡蓋】 根付ねつけの一種。鏡のふたをかたどったものか。仮名垣魯文、安愚楽鍋「根付けは象牙の―にて」 ⇒かがみ【鏡】

かがみ‐ぶとん【鏡蒲団】🔗🔉

かがみ‐ぶとん鏡蒲団】 裏の布を表に折りかえして額縁のように縁をとった蒲団。 ⇒かがみ【鏡】

かがみ‐まくら【鏡枕】🔗🔉

かがみ‐まくら鏡枕】 柱や鏡台に鏡を掛ける時、鏡の角度を安定させるために鏡の下に置く筒状のもの。 ⇒かがみ【鏡】

かがみ‐もじ【鏡文字】🔗🔉

かがみ‐もじ鏡文字】 鏡に写った形のような、左右が逆に書かれた文字。 ⇒かがみ【鏡】

かがみ‐もち【鏡餅】🔗🔉

かがみ‐もち鏡餅】 平たく円形の鏡のように作った餅。大小2個を重ね、正月に神仏に供え、または吉例の時などに用いる。古くは「餅鏡」。かがみ。おそなえ。おかざり。円餅。〈[季]新年〉 ⇒かがみ【鏡】

かがみ‐もの【鏡物】🔗🔉

かがみ‐もの鏡物】 大鏡以下、何鏡と称する歴史物語を呼んだ名。今鏡・水鏡・増鏡などがあり、多くは老人の昔物語という体裁にして、史実を述べ、しばしば批判をも加えている。鏡類。 ⇒かがみ【鏡】

かがみ‐やま【鏡山】🔗🔉

かがみ‐やま鏡山】 ①滋賀県蒲生郡と野洲市との境にある山。標高385メートル。(歌枕) ②広島県東広島市にある山。大内・毛利両氏の古戦場。 ③福岡県田川郡香春かわら町の北東部にある地名。 ④佐賀県唐津市の東部にある山。→ひれふりやま。 鏡山 撮影:関戸 勇 ⑤「加賀見山旧錦絵かがみやまこきょうのにしきえ」の通称。

かがみ‐わり【鏡割り】🔗🔉

かがみ‐わり鏡割り(→)「鏡開き」に同じ。〈[季]新年〉 ⇒かがみ【鏡】

きょう【鏡】キヤウ🔗🔉

きょうキヤウ ①かがみ。「海獣葡萄―」 ②レンズ。また、レンズ系を通して見る道具。めがね。「望遠―」

きょう‐えい【鏡映】キヤウ‥🔗🔉

きょう‐えい鏡映キヤウ‥ 〔数〕空間内図形を、ある平面について面対称に移すこと。また、移った像。

きょうか【鏡花】キヤウクワ🔗🔉

きょうか鏡花キヤウクワ ⇒いずみきょうか(泉鏡花)

きょう‐か【鏡架】キヤウ‥🔗🔉

きょう‐か鏡架キヤウ‥ かがみたて。鏡台。

きょうかえん【鏡花縁】キヤウクワ‥🔗🔉

きょうかえん鏡花縁キヤウクワ‥ 清代の長編小説。李汝珍の作。100回。唐の武后のとき人間界に流された花神が不思議な国を遊覧したり、武后が女性の科挙を行なったりする話。社会風刺であり、女権が主張される。

きょうか‐すいげつ【鏡花水月】キヤウクワ‥🔗🔉

きょうか‐すいげつ鏡花水月キヤウクワ‥ 鏡にうつった花、水にうつった月のように、目には見えながら手にとりにくい物のたとえ。また、感知できて言い表すことのできぬものの形容。 ⇒きょうかすいげつ‐ほう【鏡花水月法】

きょうかすいげつ‐ほう【鏡花水月法】キヤウクワ‥ハフ🔗🔉

きょうかすいげつ‐ほう鏡花水月法キヤウクワ‥ハフ あからさまに説明せず、ただその姿を眼前に思い浮かばせるようにする漢文の表現法。 ⇒きょうか‐すいげつ【鏡花水月】

きょう‐かん【鏡鑑】キヤウ‥🔗🔉

きょう‐かん鏡鑑キヤウ‥ ①かがみ。 ②手本。いましめ。

きょう‐ぎょく【鏡玉】キヤウ‥🔗🔉

きょう‐ぎょく鏡玉キヤウ‥ 光学機械のレンズのこと。

きょう‐く【鏡矩】キヤウ‥🔗🔉

きょう‐く鏡矩キヤウ‥ (→)矩鏡に同じ。

きょう‐けい【鏡径】キヤウ‥🔗🔉

きょう‐けい鏡径キヤウ‥ 球面鏡の口径。

きょう‐こう【鏡匣】キヤウカフ🔗🔉

きょう‐こう鏡匣キヤウカフ かがみを入れるはこ。

きょうしんめいち‐りゅう【鏡新明智流】キヤウ‥リウ🔗🔉

きょうしんめいち‐りゅう鏡新明智流キヤウ‥リウ 剣術の一派。初名、鏡心明智流。1773年(安永2)江戸に道場を開いた桃井直由(1724〜1774)の創始。4代桃井春蔵直正の頃、江戸四大道場の一つとされた。

きょう‐ぞう【鏡像】キヤウザウ🔗🔉

きょう‐ぞう鏡像キヤウザウ(→)御正体みしょうたいに同じ。 ②〔理〕平面鏡の反射によって作られた物体の像。また、完全に面対称をなす物体どうしの関係をいう。 ③〔数〕Oを中心とする半径の円または球と、その平面または空間内にあるOでない一点Pとが与えられた時、半直線OP上にあってOP・OQ=aを満足する点QをPの鏡像といい、またPはQの鏡像という。 ⇒きょうぞう‐たい【鏡像体】 ⇒きょうぞう‐だんかい【鏡像段階】

きょうぞう‐たい【鏡像体】キヤウザウ‥🔗🔉

きょうぞう‐たい鏡像体キヤウザウ‥ 〔化〕(enantiomer ; antipode)互いに鏡像の関係にある立体構造をもつ一対の異性体。旋光性をもち、一方は右旋性、他方は左旋性である。不斉炭素原子(C*)をもつ化合物(たとえば乳酸CHC*H(OH)COOH)などに現れる。対掌体。→光学異性。 鏡像体 ⇒きょう‐ぞう【鏡像】

きょうぞう‐だんかい【鏡像段階】キヤウザウ‥🔗🔉

きょうぞう‐だんかい鏡像段階キヤウザウ‥ 生後6〜18カ月の幼児が、鏡に映った自己の身体の統一的イメージを獲得していく過程。自我の成立ちを説明するためにラカンが定式化した概念。 ⇒きょう‐ぞう【鏡像】

きょう‐だい【鏡台】キヤウ‥🔗🔉

きょう‐だい鏡台キヤウ‥ 鏡を立てる台。多くは箱造りでひきだしがある。古くは手鏡を立てかける簡単なもの。かがみたて。かがみかけ。 鏡台 提供:ポーラ文化研究所

きょう‐てつ【鏡鉄】キヤウ‥🔗🔉

きょう‐てつ鏡鉄キヤウ‥ 10〜25パーセントのマンガン、5パーセントの炭素を含む銑鉄。脱酸剤・化学反応促進剤などとして転炉を主とする製鋼作業に用いる。鏡銑かがみせん

きょう‐どう【鏡胴】キヤウ‥🔗🔉

きょう‐どう鏡胴キヤウ‥ 望遠鏡・写真機などで、レンズを所定の位置に支持し、外部からの光線や空気のゆらぎを防ぐ筒。鏡筒。

きょう‐どう【鏡銅】キヤウ‥🔗🔉

きょう‐どう鏡銅キヤウ‥ 青銅の一種。銅2・錫すず1の割合から成る合金。非常に脆もろい。磨けば強い白色光沢を発する。昔の金属鏡の材料。鏡青銅かがみせいどう

きょう‐めん【鏡面】キヤウ‥🔗🔉

きょう‐めん鏡面キヤウ‥ 鏡やレンズの表面。

きょう‐り【鏡裏・鏡裡】キヤウ‥🔗🔉

きょう‐り鏡裏・鏡裡キヤウ‥ 物の写った鏡のうち。

きょう‐れん【鏡奩】キヤウ‥🔗🔉

きょう‐れん鏡奩キヤウ‥ かがみばこ。鏡匣きょうこう

[漢]鏡🔗🔉

 字形  筆順 〔金部11画/19画/教育/2232・3640〕 〔音〕キョウ〈キャウ〉(呉) 〔訓〕かがみ [意味] ①光の反射を利用して姿をうつす道具。かがみ。「鏡台・破鏡・反射鏡・明鏡止水」 ②自分の姿を反省するてがかり。模範。「鏡鑑」 ③レンズ。レンズを用いた道具。「眼鏡・老眼鏡・潜望鏡・顕微鏡・望遠鏡」 [解字] 形声。「金」+音符「竟」(=さかいめ)。物のさかいめをはっきりうつし出す銅製のかがみの意。

広辞苑で始まるの検索結果 1-75