📜📓☁️

かがみ【鏡】🔗🔉

かがみ】 ①滑らかな平面における光の反射を利用して容姿や物の像などをうつし見る道具。中国から渡来。古くは金属、特に銅合金を磨いたり錫すずを塗ったり、または錫めっきを施したりした。円形・方形・花形・稜形などに作り、室町時代から柄をつけるようになった。今日では、硝酸銀水溶液をガラス面に注ぎ、苛性ソーダなどによってコロイド状の銀をガラス面に沈着させ、その上に樹脂などの保護膜を塗る。鏡は古来、呪術的なものとして重視され、祭器や権威の象徴・財宝とされた。古事記「斎杙いくいには―を懸け、真杙まくいには真玉を懸け」 ②(「鑑」とも書く)手本。模範。万葉集20「見る人の語りつぎてて聞く人の―にせむを」。「武士の―」 ③「かがみもち」の略。 ④酒樽のふた。「―を抜く」 ⑤歴史書。→鏡物。 ⑥行政省庁内で、決裁書類のおもて紙。宛先・標題・日付・作成者などを記す。 ⇒かがみ‐あげ【鏡上】 ⇒かがみ‐あぶみ【鏡鐙】 ⇒かがみ‐いけ【鏡池】 ⇒かがみ‐いご【鏡いご】 ⇒かがみ‐いし【鏡石】 ⇒かがみ‐いた【鏡板】 ⇒かがみ‐いわ【鏡岩】 ⇒かがみ‐うお【鏡魚】 ⇒かがみ‐うちわ【鏡団扇】 ⇒かがみ‐え【鏡絵】 ⇒かがみ‐おび【鏡帯】 ⇒かがみ‐がい【鏡貝】 ⇒かがみ‐かけ【鏡掛】 ⇒かがみ‐がた【鏡形】 ⇒かがみ‐ぐさ【鏡草】 ⇒かがみ‐ぐつわ【鏡銜・鏡轡】 ⇒かがみ‐くら【鏡鞍】 ⇒かがみ‐し【鏡師】 ⇒かがみ‐じ【鏡地】 ⇒かがみ‐せん【鏡銑】 ⇒かがみ‐そう【鏡草】 ⇒かがみ‐だい【鏡鯛】 ⇒かがみ‐たて【鏡立】 ⇒かがみ‐つくり【鏡作り】 ⇒かがみつくり‐べ【鏡作部】 ⇒かがみ‐てん【鏡天】 ⇒かがみ‐てんじょう【鏡天井】 ⇒かがみ‐ど【鏡戸】 ⇒かがみ‐とぎ【鏡磨ぎ】 ⇒かがみ‐なす【鏡なす】 ⇒かがみ‐なる【鏡なる】 ⇒かがみ‐の‐いえ【鏡の家】 ⇒かがみ‐の‐ま【鏡の間】 ⇒かがみ‐の‐まつ【鏡の松】 ⇒かがみ‐ばこ【鏡匣・鏡箱】 ⇒かがみ‐はだ【鏡肌】 ⇒かがみ‐ばり【鏡張り】 ⇒かがみ‐びらき【鏡開き】 ⇒かがみ‐ぶくろ【鏡袋】 ⇒かがみ‐ぶた【鏡蓋】 ⇒かがみ‐ぶとん【鏡蒲団】 ⇒かがみ‐まくら【鏡枕】 ⇒かがみ‐もじ【鏡文字】 ⇒かがみ‐もち【鏡餅】 ⇒かがみ‐もの【鏡物】 ⇒かがみ‐わり【鏡割り】

かがみ‐いご【鏡いご】🔗🔉

かがみ‐いご鏡いご(→)「仏の鏡」に同じ。 ⇒かがみ【鏡】

かがみ‐いわ【鏡岩】‥イハ🔗🔉

かがみ‐いわ鏡岩‥イハ (→)鏡石に同じ。 ⇒かがみ【鏡】

かがみ‐うお【鏡魚】‥ウヲ🔗🔉

かがみ‐うお鏡魚‥ウヲ カガミダイの別称。 ⇒かがみ【鏡】

かがみ‐え【鏡絵】‥ヱ🔗🔉

かがみ‐え鏡絵‥ヱ 春画しゅんがのこと。 ⇒かがみ【鏡】

かがみ‐がい【鏡貝】‥ガヒ🔗🔉

かがみ‐がい鏡貝‥ガヒ マルスダレガイ科の二枚貝。殻は白色の円板状で、名はそれを鏡と見たてたもの。殻長約6センチメートル。潮間帯から水深60メートルほどの砂泥底に、深く潜入してすむ。北海道南部以南の日本全国と韓国・中国にも分布。食用。 ⇒かがみ【鏡】

かがみ‐かけ【鏡掛】🔗🔉

かがみ‐かけ鏡掛】 ①(→)「かがみたて」に同じ。〈倭名類聚鈔14〉 ②鏡面をおおう布。 ⇒かがみ【鏡】

かがみ‐がた【鏡形】🔗🔉

かがみ‐がた鏡形】 八花形やつはながたの鏡の形。八稜形。宇津保物語楼上上「楼の天井には―、雲の形を織りたる高麗錦を張りたり」 ⇒かがみ【鏡】

かがみ‐ぐつわ【鏡銜・鏡轡】🔗🔉

かがみ‐ぐつわ鏡銜・鏡轡】 鏡板の部分を彫り透かさずに円形につくった轡。 ⇒かがみ【鏡】

かがみ‐くら【鏡鞍】🔗🔉

かがみ‐くら鏡鞍】 前輪まえわ・後輪しずわの表面を鏡地かがみじまたは銀・金銅で張り包み、山形に覆輪ふくりんをかけた鞍。御幸ごこう鞍。→鞍橋くらぼね⇒かがみ【鏡】

かがみ‐し【鏡師】🔗🔉

かがみ‐し鏡師】 鏡を作る人。また、鏡を磨く人。 ⇒かがみ【鏡】

かがみじし【鏡獅子】🔗🔉

かがみじし鏡獅子】 歌舞伎舞踊。長唄。本名題「春興しゅんきょう鏡獅子」。新歌舞伎十八番の一つ。福地桜痴作詞。3世杵屋正次郎作曲。2世藤間勘右衛門振付。1893年(明治26)初演。正月の鏡開きに、飾ってある手獅子を腰元が持つと、獅子の精が乗りうつる。前半は艶麗な娘姿の踊、後半は石橋しゃっきょう仕立の豪放な獅子の舞。

かがみ‐つくり【鏡作り】🔗🔉

かがみ‐つくり鏡作り】 ①鏡を作る人。かがみし。 ②大和政権で、鏡を作る技術を世襲していた品部しなべ。鏡作部。 ⇒かがみ【鏡】

かがみつくり‐べ【鏡作部】🔗🔉

かがみつくり‐べ鏡作部(→)「かがみつくり」2に同じ。 ⇒かがみ【鏡】

かがみ‐ど【鏡戸】🔗🔉

かがみ‐ど鏡戸】 一枚板を周囲の框かまちの内側に入れた戸。 ⇒かがみ【鏡】

かがみ‐なす【鏡なす】🔗🔉

かがみ‐なす鏡なす】 〔枕〕 「み」「見る」「みつ(御津)」「思ふ」などにかかる。 ⇒かがみ【鏡】

かがみ‐なる【鏡なる】🔗🔉

かがみ‐なる鏡なる】 〔枕〕 (→)「鏡なす」に同じ。 ⇒かがみ【鏡】

かがみ‐の‐いえ【鏡の家】‥イヘ🔗🔉

かがみ‐の‐いえ鏡の家‥イヘ (→)「かがみばこ」に同じ。 ⇒かがみ【鏡】

かがみ‐の‐おおきみ【鏡王女】‥オホ‥🔗🔉

かがみ‐の‐おおきみ鏡王女‥オホ‥ 万葉歌人。額田王ぬかたのおおきみの姉ともいわれるが、疑問。天智天皇の寵を受け、のち藤原鎌足の妻。女性らしい情緒を湛えた美しい相聞歌そうもんか4首が残る。鎌足病気の時、山階寺を発願、開基となる。( 〜683)

かがみ‐の‐ま【鏡の間】🔗🔉

かがみ‐の‐ま鏡の間】 ①能舞台で、橋掛りの揚幕のすぐ内側にあって、鏡を置き、役者が面をかけ、気を統一する板敷きの室。→能舞台(図)。 ②ヴェルサイユ宮殿の一室。マンサール(J. Hardouin-Mansart1646〜1708)の設計。鏡を張りめぐらしてある。 ⇒かがみ【鏡】

かがみ‐の‐まつ【鏡の松】🔗🔉

かがみ‐の‐まつ鏡の松】 能舞台正面の鏡板に描いた老松。 ⇒かがみ【鏡】

かがみ‐びらき【鏡開き】🔗🔉

かがみ‐びらき鏡開き】 (「開き」は「割り」の忌み詞) ①正月11日ごろ鏡餅を下げて雑煮・汁粉にして食べる行事。近世、武家で、正月に男は具足餅を、女は鏡台に供えた餅を正月20日(のち11日)に割って食べたのに始まる。鏡割り。〈[季]新年〉 ②祝い事に酒樽のふたを開くこと。鏡抜き。 ⇒かがみ【鏡】

かがみ‐ぶた【鏡蓋】🔗🔉

かがみ‐ぶた鏡蓋】 根付ねつけの一種。鏡のふたをかたどったものか。仮名垣魯文、安愚楽鍋「根付けは象牙の―にて」 ⇒かがみ【鏡】

かがみ‐ぶとん【鏡蒲団】🔗🔉

かがみ‐ぶとん鏡蒲団】 裏の布を表に折りかえして額縁のように縁をとった蒲団。 ⇒かがみ【鏡】

かがみ‐やま【鏡山】🔗🔉

かがみ‐やま鏡山】 ①滋賀県蒲生郡と野洲市との境にある山。標高385メートル。(歌枕) ②広島県東広島市にある山。大内・毛利両氏の古戦場。 ③福岡県田川郡香春かわら町の北東部にある地名。 ④佐賀県唐津市の東部にある山。→ひれふりやま。 鏡山 撮影:関戸 勇 ⑤「加賀見山旧錦絵かがみやまこきょうのにしきえ」の通称。

かがみ‐わり【鏡割り】🔗🔉

かがみ‐わり鏡割り(→)「鏡開き」に同じ。〈[季]新年〉 ⇒かがみ【鏡】

きょう【鏡】キヤウ🔗🔉

きょうキヤウ ①かがみ。「海獣葡萄―」 ②レンズ。また、レンズ系を通して見る道具。めがね。「望遠―」

きょう‐えい【鏡映】キヤウ‥🔗🔉

きょう‐えい鏡映キヤウ‥ 〔数〕空間内図形を、ある平面について面対称に移すこと。また、移った像。

きょうか【鏡花】キヤウクワ🔗🔉

きょうか鏡花キヤウクワ ⇒いずみきょうか(泉鏡花)

きょう‐か【鏡架】キヤウ‥🔗🔉

きょう‐か鏡架キヤウ‥ かがみたて。鏡台。

きょうかえん【鏡花縁】キヤウクワ‥🔗🔉

きょうかえん鏡花縁キヤウクワ‥ 清代の長編小説。李汝珍の作。100回。唐の武后のとき人間界に流された花神が不思議な国を遊覧したり、武后が女性の科挙を行なったりする話。社会風刺であり、女権が主張される。

きょうか‐すいげつ【鏡花水月】キヤウクワ‥🔗🔉

きょうか‐すいげつ鏡花水月キヤウクワ‥ 鏡にうつった花、水にうつった月のように、目には見えながら手にとりにくい物のたとえ。また、感知できて言い表すことのできぬものの形容。 ⇒きょうかすいげつ‐ほう【鏡花水月法】

きょうかすいげつ‐ほう【鏡花水月法】キヤウクワ‥ハフ🔗🔉

きょうかすいげつ‐ほう鏡花水月法キヤウクワ‥ハフ あからさまに説明せず、ただその姿を眼前に思い浮かばせるようにする漢文の表現法。 ⇒きょうか‐すいげつ【鏡花水月】

きょう‐かん【鏡鑑】キヤウ‥🔗🔉

きょう‐かん鏡鑑キヤウ‥ ①かがみ。 ②手本。いましめ。

きょう‐ぎょく【鏡玉】キヤウ‥🔗🔉

きょう‐ぎょく鏡玉キヤウ‥ 光学機械のレンズのこと。

きょう‐く【鏡矩】キヤウ‥🔗🔉

きょう‐く鏡矩キヤウ‥ (→)矩鏡に同じ。

きょう‐けい【鏡径】キヤウ‥🔗🔉

きょう‐けい鏡径キヤウ‥ 球面鏡の口径。

[漢]鏡🔗🔉

 字形  筆順 〔金部11画/19画/教育/2232・3640〕 〔音〕キョウ〈キャウ〉(呉) 〔訓〕かがみ [意味] ①光の反射を利用して姿をうつす道具。かがみ。「鏡台・破鏡・反射鏡・明鏡止水」 ②自分の姿を反省するてがかり。模範。「鏡鑑」 ③レンズ。レンズを用いた道具。「眼鏡・老眼鏡・潜望鏡・顕微鏡・望遠鏡」 [解字] 形声。「金」+音符「竟」(=さかいめ)。物のさかいめをはっきりうつし出す銅製のかがみの意。

広辞苑で始まるの検索結果 1-38もっと読み込む