複数辞典一括検索+

いくさ【軍・戦・兵】🔗🔉

いくさ軍・戦・兵】 ①つわもの。兵士。兵隊。軍勢。軍隊。万葉集6「千万ちよろずの―なりとも言挙ことあげせず取りて来ぬべき男おのことそ思ふ」 ②軍隊と軍隊とが戦うこと。戦い。戦争。合戦。平家物語4「橋の上の―、火出づる程ぞ戦ひける」。「―を起こす」 →いくさ(射)⇒いくさ‐おきて【軍掟】 ⇒いくさ‐かどで【軍門出】 ⇒いくさ‐がみ【軍神】 ⇒いくさ‐ぎみ【軍将】 ⇒いくさ‐ごっこ【軍ごっこ】 ⇒いくさ‐だいしょう【軍大将】 ⇒いくさ‐だち【軍立ち】 ⇒いくさ‐だて【軍立て】 ⇒いくさ‐ないだん【軍内談】 ⇒いくさ‐ならし【軍馴らし】 ⇒いくさ‐の‐うかがい【軍の窺い】 ⇒いくさ‐の‐きみ【軍の君】 ⇒いくさ‐の‐さんぶぎょう【軍の三奉行】 ⇒いくさ‐の‐その【軍の園】 ⇒いくさ‐の‐にわ【軍の庭】 ⇒いくさ‐の‐のり【軍の法】 ⇒いくさ‐ば【軍場】 ⇒いくさ‐はじめ【軍始め】 ⇒いくさ‐びと【軍人】 ⇒いくさ‐ひょうじょう【軍評定】 ⇒いくさ‐ぶぎょう【軍奉行】 ⇒いくさ‐ぶね【軍船】 ⇒いくさ‐ぼし【軍星】 ⇒いくさ‐まつり【軍祭】 ⇒いくさ‐ものがたり【軍物語】 ⇒いくさ‐もよい【軍催い】 ⇒いくさ‐よばい【軍喚い】 ⇒いくさ‐よほろ【軍丁】 ⇒軍に花を散らす ⇒軍を見て矢を矧ぐ

いくさ‐ごっこ【軍ごっこ】🔗🔉

いくさ‐ごっこ軍ごっこ】 戦争のまねをして遊ぶ子供の遊戯。戦争ごっこ。 ⇒いくさ【軍・戦・兵】

○軍に花を散らすいくさにはなをちらす🔗🔉

○軍に花を散らすいくさにはなをちらす いくさでめざましい働きをする。天草本伊曾保物語「鷲の調儀をもつて―によつて」 ⇒いくさ【軍・戦・兵】

いくさ‐の‐うかがい【軍の窺い】‥ウカガヒ🔗🔉

いくさ‐の‐うかがい軍の窺い‥ウカガヒ 忍びの者。間者。 ⇒いくさ【軍・戦・兵】

いくさ‐の‐きみ【軍の君】🔗🔉

いくさ‐の‐きみ軍の君】 一軍を統率する将軍または元帥。いくさぎみ。〈類聚名義抄〉 ⇒いくさ【軍・戦・兵】

いくさ‐の‐さんぶぎょう【軍の三奉行】‥ギヤウ🔗🔉

いくさ‐の‐さんぶぎょう軍の三奉行‥ギヤウ 江戸幕府における大目付・旗奉行・槍奉行の称。 ⇒いくさ【軍・戦・兵】

いくさ‐の‐その【軍の園】🔗🔉

いくさ‐の‐その軍の園】 戦場。 ⇒いくさ【軍・戦・兵】

いくさ‐の‐にわ【軍の庭】‥ニハ🔗🔉

いくさ‐の‐にわ軍の庭‥ニハ 戦場。 ⇒いくさ【軍・戦・兵】

いくさ‐の‐のり【軍の法】🔗🔉

いくさ‐の‐のり軍の法】 いくさの法則。兵法。 ⇒いくさ【軍・戦・兵】

いくさ‐はじめ【軍始め】🔗🔉

いくさ‐はじめ軍始め】 ①戦いを始めること。開戦。 ②初めてのいくさ。ういじん。 ⇒いくさ【軍・戦・兵】

いくさ‐まつり【軍祭】🔗🔉

いくさ‐まつり軍祭】 軍神の祭。 ⇒いくさ【軍・戦・兵】

いくさ‐もよい【軍催い】‥モヨヒ🔗🔉

いくさ‐もよい軍催い‥モヨヒ 開戦に際して軍の勢いを示すこと。戦いを挑むこと。 ⇒いくさ【軍・戦・兵】

いくさ‐よばい【軍喚い】‥ヨバヒ🔗🔉

いくさ‐よばい軍喚い‥ヨバヒ 戦場で、ときの声をあげること。平家物語灌頂「明けても暮れても―の声絶えざりし事」 ⇒いくさ【軍・戦・兵】

○軍を見て矢を矧ぐいくさをみてやをはぐ🔗🔉

○軍を見て矢を矧ぐいくさをみてやをはぐ 事が始まってからあわてて準備をする。「盗人を見て縄を綯あざなう」と同じ意。 ⇒いくさ【軍・戦・兵】

ぐん【軍】🔗🔉

ぐん】 ①戦うための集団・組織。陸海空軍の汎称。古今著聞集9「―、野に伏す時は、飛雁列つらを破る」。「―の意向」「―を率いる」 ②中国周代の軍隊編制の単位で、師(2500人)を五つ合わせたもの、すなわち1万2500人。天子は6軍、大国は3軍、中国は2軍、小国は1軍を置く。 ③明治以後の兵制で、戦時に数個師団をもって構成された軍隊編制の単位。 ④スポーツなどのチーム。

ぐん‐い【軍医】🔗🔉

ぐん‐い軍医】 軍隊で、傷病兵の診察・治療および軍陣医学・軍陣衛生をつかさどる武官。桜井忠温、肉弾「―は死傷者収容の為に屡しばしば危険を冒して」 ⇒ぐんい‐そうかん【軍医総監】

ぐんい‐そうかん【軍医総監】🔗🔉

ぐんい‐そうかん軍医総監】 旧陸海軍で、軍医の最高の階級。陸軍では1897年(明治30)以前は少将相当官、以後は中将相当官。1937年(昭和12)より軍医中将と改称。次位は軍医監(大佐のち少将相当官)、第3位は一等軍医正。 ⇒ぐん‐い【軍医】

ぐん‐えい【軍営】🔗🔉

ぐん‐えい軍営】 軍隊の営所。兵営。陣営。

ぐん‐か【軍靴】‥クワ🔗🔉

ぐん‐か軍靴‥クワ 軍人用の靴。「―に踏みにじられる」

ぐん‐か【軍歌】🔗🔉

ぐん‐か軍歌】 軍隊で、兵の士気を高揚させるための歌。また俗に、軍隊生活を歌った歌謡曲。

ぐん‐かく【軍拡】‥クワク🔗🔉

ぐん‐かく軍拡‥クワク 軍備拡張の略。↔軍縮

ぐん‐がく【軍学】🔗🔉

ぐん‐がく軍学】 用兵戦術を研究する学問。中国では六韜りくとう・三略・孫子・呉子の兵書を基礎とし、日本では近世に各派を生じ、甲州流を先駆とし、越後流・北条流・山鹿流・長沼流・楠木流などがあった。兵学。兵法。 ⇒ぐんがく‐しゃ【軍学者】

ぐん‐がく【軍楽】🔗🔉

ぐん‐がく軍楽】 軍隊の士気をふるいたたせるためや式典の際に演奏する音楽。楽器編成は管楽器と打楽器とが主体。 ⇒ぐんがく‐たい【軍楽隊】

ぐんがく‐しゃ【軍学者】🔗🔉

ぐんがく‐しゃ軍学者】 軍学に長じた人。兵法学者。 ⇒ぐん‐がく【軍学】

ぐんがく‐たい【軍楽隊】🔗🔉

ぐんがく‐たい軍楽隊】 軍楽を奏する楽隊。 ⇒ぐん‐がく【軍楽】

ぐん‐かん【軍官】‥クワン🔗🔉

ぐん‐かん軍官‥クワン 軍事をつかさどる官吏。武官。

ぐん‐かん【軍監】🔗🔉

ぐん‐かん軍監⇒ぐんげん

ぐん‐かん【軍艦】🔗🔉

ぐん‐かん軍艦】 ①水上の戦闘に従事する艦艇。 ②旧海軍における艦艇の類別の一つ。戦艦・巡洋艦・航空母艦・潜水母艦・海防艦・砲艦などで、駆逐艦・潜水艦・特務艦などとは区別する。 ⇒ぐんかん‐き【軍艦旗】 ⇒ぐんかん‐そうれんじょ【軍艦操練所】 ⇒ぐんかん‐どり【軍艦鳥】 ⇒ぐんかん‐ぶぎょう【軍艦奉行】 ⇒ぐんかん‐マーチ【軍艦マーチ】 ⇒ぐんかん‐ラシャ【軍艦羅紗】

ぐんかん‐き【軍艦旗】🔗🔉

ぐんかん‐き軍艦旗】 軍艦が艦尾に掲揚する旗。旧海軍では16条の旭日旗。 ⇒ぐん‐かん【軍艦】

ぐん‐かんく【軍管区】‥クワン‥🔗🔉

ぐん‐かんく軍管区‥クワン‥ 旧陸軍で、日本内地を分けた際の各管轄区域。1940年(昭和15)には東部・中部・西部・北部の4軍管区に分け、司令官の下に各師団を統轄。

ぐんかん‐そうれんじょ【軍艦操練所】‥サウ‥🔗🔉

ぐんかん‐そうれんじょ軍艦操練所‥サウ‥ 1857年(安政4)江戸幕府が軍艦操縦教授のため江戸の築地の講武所内に設置した機関。66年(慶応2)海軍所と改称。翌年横浜の海軍伝習所を吸収。 ⇒ぐん‐かん【軍艦】

ぐんかん‐どり【軍艦鳥】🔗🔉

ぐんかん‐どり軍艦鳥】 ペリカン目グンカンドリ科の鳥の総称。鵜に似た全体黒色の大きな海鳥。翼を広げると1メートルを超える。雄は喉の裸出部が赤い。尾羽は長く燕の尾のように二つに分かれる。飛ぶ力が強く、熱帯地方の海に群棲して魚類を捕食。オオグンカンドリなど世界に5種あり、日本には稀に迷いこむ。 おおぐんかんどり(雄) グンカンドリ 提供:OPO ⇒ぐん‐かん【軍艦】

ぐんかん‐ぶぎょう【軍艦奉行】‥ギヤウ🔗🔉

ぐんかん‐ぶぎょう軍艦奉行‥ギヤウ 江戸幕府の職名。若年寄(のち老中)に属し、海陸の警衛、艦船の製造、軍艦の操練などをつかさどった。1859年(安政6)設置。 ⇒ぐん‐かん【軍艦】

ぐんかん‐マーチ【軍艦マーチ】🔗🔉

ぐんかん‐マーチ軍艦マーチ】 行進曲名。鳥山啓作詞・瀬戸口藤吉作曲の軍歌「軍艦」(1897年作)を、1900年、瀬戸口がさらに行進曲に編曲したもの。 ⇒ぐん‐かん【軍艦】

ぐんかん‐ラシャ【軍艦羅紗】🔗🔉

ぐんかん‐ラシャ軍艦羅紗】 羅紗の一種。厚地で保温力に富むことから、外套、各種の制服などに用いられた。 ⇒ぐん‐かん【軍艦】

ぐん‐き【軍気】🔗🔉

ぐん‐き軍気】 軍隊の意気。士気。兵気。

ぐん‐き【軍紀】🔗🔉

ぐん‐き軍紀】 軍隊の風紀と規律。

ぐん‐き【軍記】🔗🔉

ぐん‐き軍記】 ①戦争の話を記した書物。軍書。 ②軍記物・軍記物語の略。 ⇒ぐんき‐もの【軍記物】 ⇒ぐんき‐ものがたり【軍記物語】 ⇒ぐんき‐よみ【軍記読み】

ぐん‐き【軍旗】🔗🔉

ぐん‐き軍旗】 ①軍陣で主将の存在を示す旗。 ②軍隊の表章とする旗。旧日本陸軍では歩兵と騎兵の連隊に天皇が親授し、大日章に16条の光線を描き、竿頭に3面の金色菊花章を飾り、紫の総ふさで3方を縁取ったもの。連隊旗。 ⇒ぐんき‐さい【軍旗祭】

ぐん‐き【軍器】🔗🔉

ぐん‐き軍器】 軍用の器具。兵器。

ぐん‐き【軍毅】🔗🔉

ぐん‐き軍毅】 軍団の将。続日本紀36「国司、―」

ぐん‐ぎ【軍議】🔗🔉

ぐん‐ぎ軍議】 軍事上の評議。

ぐんき‐さい【軍旗祭】🔗🔉

ぐんき‐さい軍旗祭】 旧陸軍の連隊で、軍旗を親授された記念日に行なった祝典。 ⇒ぐん‐き【軍旗】

ぐんき‐しょ【軍機処】🔗🔉

ぐんき‐しょ軍機処】 清朝しんちょうの最高政治機関。正式には弁理軍機処。軍事上の機務、後には一般行政上の枢機をも掌握した。内閣大学士および六部尚書侍郎の中から軍機大臣4〜6名を任命。1729年創設。もと臨時的機関であったが、19世紀初め法制化された。 ⇒ぐん‐き【軍機】

ぐんき‐だいじん【軍機大臣】🔗🔉

ぐんき‐だいじん軍機大臣】 軍機処を構成する官僚。宰相に相当する。 ⇒ぐん‐き【軍機】

ぐんき‐ほご‐ほう【軍機保護法】‥ハフ🔗🔉

ぐんき‐ほご‐ほう軍機保護法‥ハフ 軍事上の秘密保護を目的とした法律。秘密の種類・範囲は陸海軍大臣の命令で定めることができた。1899年(明治32)制定。1937年(昭和12)に大改正。45年廃止。 ⇒ぐん‐き【軍機】

ぐんき‐もの【軍記物】🔗🔉

ぐんき‐もの軍記物】 ①(→)軍記物語に同じ。 ②江戸時代に出た小説の一種。軍いくさに関する事跡を興味あるように実録と空想とをまじえて書いたもの。絵本太閤記など。 ⇒ぐん‐き【軍記】

ぐんき‐ものがたり【軍記物語】🔗🔉

ぐんき‐ものがたり軍記物語】 合戦を主として時代の展開を写した叙事詩的文学。鎌倉時代に多く作られ、保元物語・平治物語・平家物語・太平記などがある。武将の個人的生活を主題とした義経記ぎけいきや曾我物語を含めることもある。主として和漢混淆体。軍記物。戦記物語。 ⇒ぐん‐き【軍記】

ぐんき‐よみ【軍記読み】🔗🔉

ぐんき‐よみ軍記読み】 軍記物を講釈すること。また、その人。 ⇒ぐん‐き【軍記】

ぐん‐けい【軍鶏】🔗🔉

ぐん‐けい軍鶏】 シャモのこと。

ぐん‐けいほう【軍刑法】‥ハフ🔗🔉

ぐん‐けいほう軍刑法‥ハフ 陸軍刑法と海軍刑法との併称。

ぐん‐けん【軍犬】🔗🔉

ぐん‐けん軍犬】 軍隊で、連絡・警戒・捜索などに使う犬。軍用犬。

ぐん‐げん【軍監】🔗🔉

ぐん‐げん軍監】 古代、鎮守府および征夷使の第三等官。副将軍の次の官。ぐんかん。

ぐん‐こ【軍戸】🔗🔉

ぐん‐こ軍戸】 明代、軍籍に編入された戸。衛所制度により世襲的に軍務に服役させ、税役を免除した。

ぐん‐こ【軍袴】🔗🔉

ぐん‐こ軍袴】 (旧陸軍用語)軍服のズボン。

ぐん‐こ【軍鼓】🔗🔉

ぐん‐こ軍鼓】 戦陣で用いる太鼓。陣太鼓など。

ぐん‐こう【軍功】🔗🔉

ぐん‐こう軍功】 戦争における功績。いくさの手柄。

ぐん‐こう【軍港】‥カウ🔗🔉

ぐん‐こう軍港‥カウ 艦隊および軍艦の根拠地として、特別の設備のある港湾。日本では明治期に、横須賀・呉・佐世保・舞鶴を軍港とし、鎮守府が置かれた。国木田独歩、苦悶の叫「桟橋は流石さすが―丈けありて立派なものなり」→要港

ぐん‐こく【軍国】🔗🔉

ぐん‐こく軍国】 ①軍隊と国家。軍事と国政。 ②戦争をしている国。 ③軍事を主な政策とする国家。 ⇒ぐんこく‐しゅぎ【軍国主義】

ぐんこく‐しゅぎ【軍国主義】🔗🔉

ぐんこく‐しゅぎ軍国主義】 国の政治・経済・法律・教育などの政策・組織を戦争のために準備し、対外進出で国威を高めようと考える立場。ミリタリズム。木下杢太郎、地下一尺集「―の外に衆生の心を統一せしむるに足る巨大なる磁石はないのかしらむ」 ⇒ぐん‐こく【軍国】

ぐん‐さん‐ふくごうたい【軍産複合体】‥ガフ‥🔗🔉

ぐん‐さん‐ふくごうたい軍産複合体‥ガフ‥ (military-industry complex)一国の軍事力・軍部が国内の産業経済上の利益に大きく支えられている体制。一般に軍部と軍需産業との密接な結びつきをいう。アイゼンハワーの用語。産軍複合体。

ぐん‐し【軍士】🔗🔉

ぐん‐し軍士】 ①兵士。兵。 ②(→)軍師1に同じ。

ぐん‐し【軍使】🔗🔉

ぐん‐し軍使】 戦闘継続中、一方の交戦者の命により敵軍に赴く使者。

ぐん‐し【軍師】🔗🔉

ぐん‐し軍師】 ①主将に属して、軍機をつかさどり謀略をめぐらす人。軍士。軍司。 ②(比喩的に)巧みに策略・手段をめぐらす人。

ぐんじ【軍持】‥ヂ🔗🔉

ぐんじ軍持‥ヂ 〔仏〕(梵語kuṇḍikā)僧尼の持つ水瓶すいびょう。転じて、瓶かめの異称。太平記37「尋常の寒梅樹折れて―に上れば」

ぐんじ‐か【軍事化】‥クワ🔗🔉

ぐんじ‐か軍事化‥クワ 国が外交政策の立案・遂行に当たって、安全保障の見地から軍事力・軍事的手段に強く依拠する傾向。 ⇒ぐん‐じ【軍事】

ぐんじ‐きょうれん【軍事教練】‥ケウ‥🔗🔉

ぐんじ‐きょうれん軍事教練‥ケウ‥ 1925年(大正14)より中等程度以上の男子学校に陸軍現役将校を配属して行なった軍事に関する訓練。45年(昭和20)廃止。学校教練。 ⇒ぐん‐じ【軍事】

ぐんし‐きん【軍資金】🔗🔉

ぐんし‐きん軍資金】 ①軍事に必要な資金。 ②(比喩的に)計画遂行に要する資金。

ぐんじ‐こうどう【軍事行動】‥カウ‥🔗🔉

ぐんじ‐こうどう軍事行動‥カウ‥ 国家が兵力を以てする一切の行動。 ⇒ぐん‐じ【軍事】

ぐんじ‐さいばんしょ【軍事裁判所】🔗🔉

ぐんじ‐さいばんしょ軍事裁判所】 ①(→)軍法会議に同じ。 ②戦争犯罪人を裁くための法廷。→国際軍事裁判⇒ぐん‐じ【軍事】

ぐんじ‐さんぎいん【軍事参議院】‥ヰン🔗🔉

ぐんじ‐さんぎいん軍事参議院‥ヰン 重要軍務について天皇の諮詢しじゅんに応じた機関。1903年(明治36)設置、45年(昭和20)廃止。 ⇒ぐん‐じ【軍事】

ぐんじ‐せんりょう【軍事占領】‥リヤウ🔗🔉

ぐんじ‐せんりょう軍事占領‥リヤウ 敵国または他国の領土を武力で占領すること。 ⇒ぐん‐じ【軍事】

ぐんじ‐たんてい【軍事探偵】🔗🔉

ぐんじ‐たんてい軍事探偵】 敵地に入り込んで軍事上の探偵をするもの。 ⇒ぐん‐じ【軍事】

ぐんじ‐どうめい【軍事同盟】🔗🔉

ぐんじ‐どうめい軍事同盟】 2国またはそれ以上の諸国間に締結される軍事に関する同盟。→攻守同盟⇒ぐん‐じ【軍事】

ぐんじ‐ふうさ【軍事封鎖】🔗🔉

ぐんじ‐ふうさ軍事封鎖】 敵の海上戦闘力のある所で、武力を以てその交通を断ち切ること。→経済封鎖⇒ぐん‐じ【軍事】

ぐんじ‐もくひょう‐しゅぎ【軍事目標主義】‥ヘウ‥🔗🔉

ぐんじ‐もくひょう‐しゅぎ軍事目標主義‥ヘウ‥ 武力紛争に際し砲爆撃は軍事的に利用される目標のみに限らなければならないとする原則。ただし地上兵力による占領に抵抗する軍隊が存在する都市または地域には、無差別砲爆撃が認められる。 ⇒ぐん‐じ【軍事】

ぐんじ‐ゆうびん【軍事郵便】‥イウ‥🔗🔉

ぐんじ‐ゆうびん軍事郵便‥イウ‥ 戦中に国外に派遣される兵士・軍属などと本国との間を結ぶ原則無料の郵便制度。 ⇒ぐん‐じ【軍事】

ぐんじ‐ゆそう【軍事輸送】🔗🔉

ぐんじ‐ゆそう軍事輸送】 軍事上の目的のために部隊・兵器・軍需品などを輸送すること。 ⇒ぐん‐じ【軍事】

ぐん‐しれいかん【軍司令官】‥クワン🔗🔉

ぐん‐しれいかん軍司令官‥クワン 一軍を統率・指揮する司令官。

ぐん‐しれいぶ【軍司令部】🔗🔉

ぐん‐しれいぶ軍司令部】 軍司令官が一軍を統率・指揮する本部。

ぐん・す【軍す】🔗🔉

ぐん・す軍す】 〔自サ変〕 軍営を定める。陣どる。

シャモ【軍鶏】🔗🔉

シャモ軍鶏】 (暹羅鶏シャムロけいの転略)鶏の一品種。丈が高く、精悍。羽毛の装飾は少なく、色は、赤笹(褐色)・白笹・銀笹・黒の4種が普通。闘鶏に用い、また愛玩用・食用。天然記念物。シャム。

[漢]軍🔗🔉

 字形  筆順 〔冖部7画/9画/教育/2319・3733〕 〔音〕グン(慣) クン(呉)(漢) 〔訓〕いくさ [意味] ①兵の集団。「軍勢・軍旗・大軍・海軍・将軍・義勇軍・救世軍」▶周代の兵制では一軍は一万二千五百人。 ②いくさ。戦争。「軍人・軍艦・軍備・軍需・軍事・軍記」 [解字] もと、車部2画。本字は。会意。「車」+「勹」(=かこむ)。兵車で囲んで陣をつくる意。古代中国の戦争は車戦だった。 [下ツキ 援軍・海軍・官軍・義軍・空軍・懸軍・皇軍・行軍・国軍・孤軍・三軍・従軍・粛軍・将軍・娘子軍・進軍・水軍・千軍万馬・賊軍・大軍・殿軍・敗軍・反軍・友軍・遊軍・陸軍 [難読] 軍鶏シャモ

[漢]軍🔗🔉

 〔車部2画〕 ⇒冖部

広辞苑で始まるの検索結果 1-86もっと読み込む