複数辞典一括検索+

こう‐い【行為】カウヰ🔗🔉

こう‐い行為カウヰ ①おこない。しわざ。広義では、人間のあらゆる動作を指し、狭義では、明らかな目的観念または動機を有し、思慮・選択・決心を経て意識的に行われる意志的動作で、善悪の判断の対象となるもの。 ②権利の得喪・変更など法律上の効果発生の原因となる意思活動。作為と不作為とに分けられる。 ⇒こうい‐きはん【行為規範】 ⇒こうい‐ぜい【行為税】 ⇒こういち‐ほう【行為地法】 ⇒こうい‐のうりょく【行為能力】

こうい‐きはん【行為規範】カウヰ‥🔗🔉

こうい‐きはん行為規範カウヰ‥ 〔法〕一定の作為または不作為を命ずる規範。「人を殺してはならない」など。法的な行為規範は裁判規範の前提となる。 ⇒こう‐い【行為】

こうい‐ぜい【行為税】カウヰ‥🔗🔉

こうい‐ぜい行為税カウヰ‥ 直接人や物にではなく法律的・経済的行為に課する租税。登録税・印紙税の類。↔人税↔物税。 ⇒こう‐い【行為】

こういち‐ほう【行為地法】カウヰ‥ハフ🔗🔉

こういち‐ほう行為地法カウヰ‥ハフ 法律行為のなされた国の法律。国際私法上の準拠法として認められる。 ⇒こう‐い【行為】

こうい‐のうりょく【行為能力】カウヰ‥🔗🔉

こうい‐のうりょく行為能力カウヰ‥ 〔法〕 ①法定代理人や保佐人の同意を得ることなく自ら独立して法律行為をなしうる能力。→無能力者。 ②国際法上、国家が自己の意思行為によって国際法上の効果を生じさせる能力。 ⇒こう‐い【行為】

広辞苑行為で始まるの検索結果 1-5