複数辞典一括検索+

こう‐どう【行動】カウ‥🔗🔉

こう‐どう行動カウ‥ ①ある事を行うこと。しわざ。おこない。「すみやかに―する」「―をおこす」 ②〔心〕人間や動物が示す観察可能な反応や行為。 ⇒こうどう‐かがく【行動科学】 ⇒こうどう‐しゅぎ【行動主義】 ⇒こうどう‐てき【行動的】 ⇒こうどう‐はんけい【行動半径】 ⇒こうどう‐りょうほう【行動療法】

こうどう‐かがく【行動科学】カウ‥クワ‥🔗🔉

こうどう‐かがく行動科学カウ‥クワ‥ 人間の行動に関する一般法則を、心理学・社会学・言語学・人類学・精神医学・経済学などの諸科学の連係のもとに、体系的・総合的に究明しようとする学問領域。1950年代から70年代にかけて隆盛した。 ⇒こう‐どう【行動】

こうどう‐しゅぎ【行動主義】カウ‥🔗🔉

こうどう‐しゅぎ行動主義カウ‥ ①(behaviorism)J.B.ワトソンが心理学の客観科学化を目ざして唱えた学説。心理学の対象を、刺激と外から観察できる反応(行動)との間の関数関係に限定し、意識や意図などの心的概念を排除することを提唱。 ②行動を重んずる文芸上の主義。第一次大戦後の「不安の文学」の時代に、自我の活路を行動的ヒューマニズムに求めたフランスの批評家フェルナンデス(R. Fernandez1894〜1944)に始まる。1934年頃日本に紹介され、舟橋聖一・阿部知二らによって推進。 ⇒こう‐どう【行動】

こうどう‐てき【行動的】カウ‥🔗🔉

こうどう‐てき行動的カウ‥ 積極的に行動する性質であるさま。活動的。 ⇒こう‐どう【行動】

こうどう‐はんけい【行動半径】カウ‥🔗🔉

こうどう‐はんけい行動半径カウ‥ ①軍艦・軍用航空機などが基地を出発して再び基地に帰還しうる最大行程。航続距離の2分の1を半径として考えた行動可能距離。 ②行動しうる範囲。「―が狭い」 ⇒こう‐どう【行動】

こうどう‐りょうほう【行動療法】カウ‥レウハフ🔗🔉

こうどう‐りょうほう行動療法カウ‥レウハフ 心理療法の一つ。心よりも症状(行動)そのものを変化させることを目ざす治療法。 ⇒こう‐どう【行動】

広辞苑行動で始まるの検索結果 1-6