複数辞典一括検索+

おこない【行い】オコナヒ🔗🔉

おこない行いオコナヒ ①しわざ。ふるまい。動作。 ②品行。行状。身持ち。「―がよくない」 ③僧侶が仏道を修めること。また、仏事を行うこと。 ④近畿とその周辺で、年頭の農祈願の祭。滋賀県では、寺行事として頭屋とうや制で行なっている。 ⇒おこない‐がち【行い勝ち】 ⇒おこない‐ごえ【行い声】 ⇒おこない‐びと【行い人】

おこない‐がち【行い勝ち】オコナヒ‥🔗🔉

おこない‐がち行い勝ちオコナヒ‥ 仏事の勤めばかりして日を送ること。紫式部日記「―に口ひひらかし」 ⇒おこない【行い】

おこない‐ごえ【行い声】オコナヒゴヱ🔗🔉

おこない‐ごえ行い声オコナヒゴヱ 読経する声。夫木和歌抄34「苔深きとよらの寺は山伏の―もさびしかりけり」 ⇒おこない【行い】

おこない‐すま・す【行い澄ます】オコナヒ‥🔗🔉

おこない‐すま・す行い澄ますオコナヒ‥ 〔自五〕 ①仏道修行にいそしむ。平家物語10「信濃の国善光寺に―・して」 ②神妙らしくふるまう。殊勝げにふるまう。

おこない‐びと【行い人】オコナヒ‥🔗🔉

おこない‐びと行い人オコナヒ‥ 仏道修行者。源氏物語若紫「なにがし寺といふところにかしこき―侍る」 ⇒おこない【行い】

広辞苑行いで始まるの検索結果 1-5