複数辞典一括検索+

せき‐しょう【石菖・石菖蒲】‥シヤウ🔗🔉

せき‐しょう石菖・石菖蒲‥シヤウ サトイモ科の多年草。水辺に自生。ショウブに似、香気があるが小形。肥厚した根茎から長さ数十センチメートルの剣状の葉を生ずる。初夏、黄色の細花を棒状に集めて付ける。根茎を乾して鎮痛・健胃・駆虫剤とし、また浴料として使用。ネガラミ。古名、いしあやめ。漢名、菖蒲。〈[季]夏〉。〈運歩色葉集〉 ⇒せきしょう‐むすび【石菖結び】 ⇒せきしょう‐も【石菖藻】

せき‐しょうぶ【石菖蒲】‥シヤウ‥🔗🔉

せき‐しょうぶ石菖蒲‥シヤウ‥ (→)石菖せきしょうに同じ。

せきしょう‐むすび【石菖結び】‥シヤウ‥🔗🔉

せきしょう‐むすび石菖結び‥シヤウ‥ 水引などの結び方。慶事に用いる。 ⇒せき‐しょう【石菖・石菖蒲】

せきしょう‐も【石菖藻】‥シヤウ‥🔗🔉

せきしょう‐も石菖藻‥シヤウ‥ トチカガミ科の沈水性多年草。池溝・流水の底に生える。雌雄異株の水媒植物で、淡緑色の雌花は糸状の花茎の先端に単生して水面に浮かび、雄花は多数で水中の苞内に開き成熟すると離れて浮遊、雌花に遭遇して受粉する。ヘラモ。イトモ。 せきしょうも ⇒せき‐しょう【石菖・石菖蒲】

広辞苑石菖で始まるの検索結果 1-4