複数辞典一括検索+

せき‐えい【石英】🔗🔉

せき‐えい石英】 (quartz)ケイ酸から成る鉱物の一種。三方晶系に属し、ガラス光沢をもつ粒状・塊状の集合。錐面をもつ六角柱状結晶は水晶と呼ばれる。硬度7。花崗岩や流紋岩などの中に多量に含まれる。また、変成岩・堆積岩の多くに含まれる。ガラス・陶磁器の材料。 ⇒せきえい‐あんざんがん【石英安山岩】 ⇒せきえい‐ガラス【石英硝子】 ⇒せきえい‐しゃ【石英砂】 ⇒せきえい‐せんりょくがん【石英閃緑岩】 ⇒せきえい‐そめんがん【石英粗面岩】 ⇒せきえい‐はんがん【石英斑岩】

せきえい‐あんざんがん【石英安山岩】🔗🔉

せきえい‐あんざんがん石英安山岩】 デイサイトの訳語。現在は使わない。 ⇒せき‐えい【石英】

せきえい‐ガラス【石英硝子】🔗🔉

せきえい‐ガラス石英硝子】 純粋な二酸化ケイ素だけを成分とするガラス。石英の粉末や水晶を電気炉の中で溶融して製する。高温と温度の変化とに耐え、紫外線をよく通過させる。科学実験用・化学工業用・光学用など。光通信用ファイバーに使うものは四塩化ケイ素やモノシランの分解でつくる。シリカガラス。 ⇒せき‐えい【石英】

せきえい‐しゃ【石英砂】🔗🔉

せきえい‐しゃ石英砂(→)珪砂に同じ。 ⇒せき‐えい【石英】

せきえい‐せんりょくがん【石英閃緑岩】🔗🔉

せきえい‐せんりょくがん石英閃緑岩】 主に斜長石・石英・角閃石から成る粗粒で完晶質の深成岩。 ⇒せき‐えい【石英】

せきえい‐そめんがん【石英粗面岩】🔗🔉

せきえい‐そめんがん石英粗面岩】 (liparite)(→)流紋岩に同じ。 ⇒せき‐えい【石英】

せきえい‐はんがん【石英斑岩】🔗🔉

せきえい‐はんがん石英斑岩】 火成岩の一種。石英と正長石の斑晶をもつ斑岩。多く岩脈や岩株となって産出、白・灰・黄・緑色などを呈する。 ⇒せき‐えい【石英】

広辞苑石英で始まるの検索結果 1-7