複数辞典一括検索+

いし‐がき【石垣】🔗🔉

いし‐がき石垣】 石を積みあげて造った垣。石壁。日葡辞書「イシカキ」。「城の―」 ⇒いしがき‐だい【石垣鯛】 ⇒いしがき‐づくり【石垣作り】

いしがき【石垣】(地名)🔗🔉

いしがき石垣】 沖縄県石垣島にある市。全島市域。八重山諸島の中心地。人口4万5千。 ⇒いしがき‐じま【石垣島】

いしがき【石垣】(姓氏)🔗🔉

いしがき石垣】 姓氏の一つ。 ⇒いしがき‐りん【石垣りん】

いしがき‐くずれ【石垣崩れ】‥クヅレ🔗🔉

いしがき‐くずれ石垣崩れ‥クヅレ 京都の石垣町いしがけまちの茶屋に勤めていた茶屋女のおちぶれた者。好色一代女6「京の―なりと、さる御浪人衆の娘御なりと」

いしがき‐じま【石垣島】🔗🔉

いしがき‐じま石垣島】 沖縄県南西部、八重山諸島の島。面積223平方キロメートル。サトウキビ・パイナップルを産する。奈良時代初めの史料にみえる信覚しがき島はこの島という。 石垣島 撮影:山梨勝弘 ⇒いしがき【石垣】

いしがき‐だい【石垣鯛】‥ダヒ🔗🔉

いしがき‐だい石垣鯛‥ダヒ イシダイ科の海産硬骨魚。全長80センチメートル。体全体が石垣模様に覆われる。雄の老成魚は斑点が消滅し、口先が白くなることからクチジロと呼ばれる。イシダイと並び磯釣の魚として人気が高い。日本各地の沿岸に分布。 ⇒いし‐がき【石垣】

いしがき‐づくり【石垣作り】🔗🔉

いしがき‐づくり石垣作り】 南斜面などに築いた石垣の石の間に作物を植え、石の蓄えた太陽熱により促成栽培する方法。主にイチゴなどに用いる。石垣栽培。 ⇒いし‐がき【石垣】

いしがき‐やま【石垣山】🔗🔉

いしがき‐やま石垣山】 神奈川県小田原市にあって、市を一目に見下ろす山。標高242メートル。1590年(天正18)小田原攻めにおける豊臣秀吉の陣所。笠懸山。 石垣山 撮影:佐藤 尚

いしがき‐りん【石垣りん】🔗🔉

いしがき‐りん石垣りん】 詩人。東京生れ。高等小学校卒業後、銀行に勤務。社会と生活をテーマに詩作活動を続けた。作「表札など」など。(1920〜2004) ⇒いしがき【石垣】

いしがけ‐まち【石垣町】🔗🔉

いしがけ‐まち石垣町】 京都市東山区宮川町付近。1670年(寛文10)賀茂川岸に護岸工事を施したからいう。近辺に男色・女色の色茶屋が多くあった。いしがきちょう。

広辞苑石垣で始まるの検索結果 1-10