にちじょう‐げんご‐がくは【日常言語学派】‥ジヤウ‥🔗🔉

にちじょう‐げんご‐がくは日常言語学派‥ジヤウ‥ 分析哲学の一流派。論理分析学派に対し、日常言語の分析を通じて問題を解明しようとする。ライル・J.L.オースティン・ストローソン(P. F. Strawson1919〜2006)など。オックスフォード学派。 ⇒にち‐じょう【日常】

にちじょう‐さはん【日常茶飯】‥ジヤウ‥🔗🔉

にちじょう‐さはん日常茶飯‥ジヤウ‥ 日常の食事。転じて、ありふれた平凡な物事のたとえ。 ⇒にち‐じょう【日常】

にちじょう‐さはん‐じ【日常茶飯事】‥ジヤウ‥🔗🔉

にちじょう‐さはん‐じ日常茶飯事‥ジヤウ‥ (→)日常茶飯に同じ。 ⇒にち‐じょう【日常】

にちじょう‐せいかつ‐どうさ【日常生活動作】‥ジヤウ‥クワツ‥🔗🔉

にちじょう‐せいかつ‐どうさ日常生活動作‥ジヤウ‥クワツ‥ (activities of daily living)日常生活に必要な基本的動作。食事・排泄・着脱衣・入浴・移動など。障害者や高齢者の生活の自立度の判定、患者の機能回復段階の評価に用いる。ADL ⇒にち‐じょう【日常】

広辞苑日常で始まるの検索結果 1-5