複数辞典一括検索+

お【御】🔗🔉

】 〔接頭〕 ➊(オホ(大)の約。平安時代、限られた語の上に付いた)尊敬する人に関係のある事物に冠する。源氏物語槿「中宮の―前に雪の山つくられたりし」。「―もの(大膳)」「―まし(大坐)」 ➋(オホミ→オホン→オン→オと変化してできた語。主として中世以後、文章語で多くオンが用いられたのに対し、広く口語で用いられた) ①尊敬する人に関係のある事物に冠する。狂言、鈍根草「ただ―ことばの違はぬやうになされてくだされう」。「先生の―宅」「―手紙拝見いたしました」 ②尊敬する人に対する動作や事物に冠して、動作や事物の主の謙譲・卑下の気持を表す。「―送りする」「―なぐさめ申しあげる」 ③広く事物に冠して、聞き手に対する丁寧の気持を表す。浮世風呂3「お正月の来るのが―たのしみだよ」。「―菓子」「―天気」「―暑うございます」 ④口語動詞の連用形の上に付け、やわらかに命令する気持を表す。「お…なさい」の略。浮世風呂2「ゆるりと流して―出で」。「早く―帰り」 ⑤中世以後、主に女の名の上に付けて尊敬・親愛の意をそえる。「阿」「於」の字も使った。三河物語「―千代様十三にして」。「―富さん」

お‐あいそ【御愛想】🔗🔉

お‐あいそ御愛想】 (「おあいそう」とも)「あいそ」を丁寧にいう語。→愛想あいそ2・3

お‐あん【御庵】🔗🔉

お‐あん御庵】 尼の住居、または尼の尊敬語。狂言、比丘貞「何れもの――と仰らるるに依て」

おあんない‐も【御案内も】🔗🔉

おあんない‐も御案内も】 (「御案内申す」の略)訪問の際の挨拶語。狂言、昆布柿「今日の御奏者――」

お‐いとぼ・い【御愛ぼい】🔗🔉

お‐いとぼ・い御愛ぼい】 〔形〕 (女房詞)かわいらしい。

おいなり‐さん【御稲荷さん】🔗🔉

おいなり‐さん御稲荷さん】 ①稲荷神社の俗称。 ②稲荷鮨のこと。

お‐うつり【御移り】🔗🔉

お‐うつり御移り】 容器や風呂敷に入った物をもらったとき、返礼としてその中に入れて返す品。半紙・マッチの類を用いる。

お‐えらがた【御偉方】🔗🔉

お‐えらがた御偉方】 地位・身分の高い人たちを、ひやかし・ねたみの思いをこめていう語。

おおん【御・大御】オホン🔗🔉

おおん御・大御オホン 〔接頭〕 (オホミの音便。オホムとも書く。平安時代の語) ①高度の尊敬の意を表す。「―神」 ②「おおん何々」とあるべきところを略して名詞的に用いる。大和物語「これもうちの―(御歌の略)」。源氏物語梅枝「対の上の―(御香の略)は」

おおん‐ぞ【御衣】オホン‥🔗🔉

おおん‐ぞ御衣オホン‥ (→)「おおみそ」に同じ。

お‐かくしもの【御隠し物】🔗🔉

お‐かくしもの御隠し物】 (女房詞)天皇の襦袢ジバン

お‐かくれ【御隠れ】🔗🔉

お‐かくれ御隠れ】 天皇・貴人などが死ぬこと。「―になる」

お‐かげ【御蔭】🔗🔉

お‐かげ御蔭】 ①神仏のたすけ。加護。また、人から受けた恩恵・力ぞえ。今昔物語集14「此の殿の―なり」。「君の―で助かった」 ②(善悪にかかわらず)ある人や物事がもたらす結果・影響。「あいつの―でえらい目にあった」 ⇒おかげ‐さま【御蔭様】 ⇒おかげ‐どし【御蔭年】 ⇒おかげ‐まいり【御蔭参り】

おかげ‐さま【御蔭様】🔗🔉

おかげ‐さま御蔭様】 相手の親切などに対して感謝の意を表す挨拶語。 ⇒お‐かげ【御蔭】

おかげ‐どし【御蔭年】🔗🔉

おかげ‐どし御蔭年】 (神の御蔭をこうむる意から)伊勢神宮の遷宮のあった翌年。参詣人が特に多かった。 ⇒お‐かげ【御蔭】

おかげ‐まいり【御蔭参り】‥マヰリ🔗🔉

おかげ‐まいり御蔭参り‥マヰリ 江戸時代、周期的に起こった伊勢神宮への群参のこと。多く、春の行事。〈[季]春〉。→抜け参り ⇒お‐かげ【御蔭】

お‐かもじ【御か文字】🔗🔉

お‐かもじ御か文字】 「かもじ」を丁寧に言った語。おかあさま。また、奥様。

お‐かわせ‐ぐみ【御為替組】‥カハセ‥🔗🔉

お‐かわせ‐ぐみ御為替組‥カハセ‥ 江戸時代、大坂から江戸に送る幕府の為替の御用を務めた両替屋。御為替方。

お‐くもじ【御く文字】🔗🔉

お‐くもじ御く文字】 (女房詞)菜漬。転じて、茶漬飯。→くもじ

お‐ご【御御】🔗🔉

お‐ご御御(→)「おごう」に同じ。

お‐ごう【御御】🔗🔉

お‐ごう御御】 (「御御前おごぜ」の転か)娘または妻の愛称。おご。狂言、岡太夫「―がこしらへ様を存じて居まする程に」 ⇒おごう‐さま【御御様】

おごう‐さま【御御様】🔗🔉

おごう‐さま御御様】 お嬢様。奥様。狂言、米市「―へうばが方から御言伝が御ざりました」 ⇒お‐ごう【御御】

お‐ごく【御御供】🔗🔉

お‐ごく御御供】 神饌の主食または洗穀類。

お‐ごろう・ず【御御覧ず】‥ラウズ🔗🔉

お‐ごろう・ず御御覧ず‥ラウズ 〔他サ変〕 「御覧ず」を更に丁寧に言ったもの。狂言、金岡「まづわらはを、ゑどつて―・じやれ」

お‐しげり【御しげり】🔗🔉

お‐しげり御しげり】 (遊里語。動詞シゲルの連用形にオが付いたもの)男女が情を交わすこと。多く「おしげりなされ」の意で用いる。

お‐すもじ【御す文字】🔗🔉

お‐すもじ御す文字】 (女房詞) ①鮨すし。すもじ。 ②御推察。おすいもじ。

お‐ぞろ【御ぞろ】🔗🔉

お‐ぞろ御ぞろ】 (女房詞)そうめん。

おため‐がお【御為顔】‥ガホ🔗🔉

おため‐がお御為顔‥ガホ いかにも主人の利益をはからうような顔つき。忠義ぶった様子。 ⇒お‐ため【御為】

おため‐ごかし【御為倒し】🔗🔉

おため‐ごかし御為倒し】 表面は相手のためになるように見せかけて、実は自分の利益をはかること。「―を言う」 ⇒お‐ため【御為】

おため‐しゃ【御為者】🔗🔉

おため‐しゃ御為者】 主人の利益をもっぱらにしてきびしく税を取り立てたりする、成り上がりの家臣。可笑記「世間いづれのお家にも、―と云ふ出来出頭人ありて」 ⇒お‐ため【御為】

おため‐ずく【御為尽】‥ヅク🔗🔉

おため‐ずく御為尽‥ヅク (→)「おためごかし」に同じ。 ⇒お‐ため【御為】

おため‐すじ【御為筋】‥スヂ🔗🔉

おため‐すじ御為筋‥スヂ 利益になる客筋。 ⇒お‐ため【御為】

お‐なぐさみ【御慰み】🔗🔉

お‐なぐさみ御慰み】 その場のなぐさみになること。おたのしみ。皮肉の意でも用いる。「首尾よくいきましたら―」「とんだ―」

お‐にぎり【御握り】🔗🔉

お‐にぎり御握り】 にぎりめし。おむすび。

お‐ニュー【御ニュー】🔗🔉

お‐ニュー御ニュー】 服飾品などで、おろしたてのもの。新品。「―の靴」

お‐はぐるま【御羽車】🔗🔉

お‐はぐるま御羽車⇒はぐるま(羽車)

お‐はこび【御運び】🔗🔉

お‐はこび御運び】 (「足を運ぶ」から)「行くこと」「来ること」の尊敬語。「わざわざの―いたみいります」

お‐は‐もじ【御は文字】🔗🔉

お‐は‐もじ御は文字】 (女房詞)はずかしいこと。

お‐ひき【御引】🔗🔉

お‐ひき御引】 引出物ひきでもの。御祝儀。心づけ。狂言、折紙聟「―の事でござるか」 ⇒おひき‐のうし【御引直衣】

お‐ひきずり【御引摺り】🔗🔉

お‐ひきずり御引摺り】 ①着物の裾が長くて歩く時にひきずること。また、その仕立ての衣服。 ②(→)「引摺り」2に同じ。

おひき‐のうし【御引直衣】‥ナホシ🔗🔉

おひき‐のうし御引直衣‥ナホシ 一般の直衣より身丈を長く仕立て、折り上げずに裾を長く引いたまま着るもの。天皇が日常に着用する。御下おさげ直衣。 ⇒お‐ひき【御引】

お‐ませ【御ませ】🔗🔉

お‐ませ御ませ】 子供が、年に似合わず大人びていること。また、その子供。「―な女の子」

お‐み【御御】🔗🔉

お‐み御御】 〔接頭〕 (オホミ(大御)の約)尊敬・丁寧の意を表す。狂言、入間川「結構にもござらぬ―扇を」。「―帯」

おみ‐あかし【御御灯火】🔗🔉

おみ‐あかし御御灯火】 灯火ともしびの尊敬語。おおみあかし。

おみ‐あし【御御足】🔗🔉

おみ‐あし御御足】 他人の足の尊敬語。

おみ‐くじ【御御鬮・御神籤】🔗🔉

おみ‐くじ御御鬮・御神籤】 神仏に祈願して、事の吉凶をうらなうくじ。吉凶をしるした多くの串を匣はこまたは筒に入れておき、小孔から振り出してとる。「―を引く」

お‐めいく【御影供】🔗🔉

お‐めいく御影供】 〔仏〕(オミエイク(大御影供)の約)御命講のこと。

お‐やすい【御安い】🔗🔉

お‐やすい御安い】 ①簡単である。たやすい。「―御用だ」 ②(「お安くない」の形で)男女の間柄の親密なのを羨望し、また、からかう語。

おん【御】🔗🔉

おん】 (オホム(御)の約) [一]〔名〕 貴人に関する物事について「おん…」とあるべきを略して用いたもの。源氏物語花宴「源氏の君の―(御詩)をば」 [二]〔接頭〕 敬意をあらわす。「―身」「―礼」→お(御)

おん‐ぞ【御衣】🔗🔉

おん‐ぞ御衣】 衣服の尊敬語。お召しもの。源氏物語桐壺「―たてまつりかへて」 ⇒おんぞ‐がち【御衣がち】

おんぞ‐がち【御衣がち】🔗🔉

おんぞ‐がち御衣がち】 衣裳ばかりが目立つ状態。体が細く小さいさま。源氏物語若菜上「いと―に身もなくあえかなり」 ⇒おん‐ぞ【御衣】

おん‐の‐じ【御の字】🔗🔉

おん‐の‐じ御の字】 (「御」の字をつけるほど丁重に扱うべきの意から) ①最上のもの。極上のもの。結構なもの。西鶴織留3「今の世の―の客」 ②ありがたい、しめたなどの意。歌舞伎、天衣紛上野初花「割に合はうが合ふめえが、二十両なら―だ」。「この試験に60点とれれば―だ」

ぎょ【御】🔗🔉

ぎょ】 ①(「馭」に通ずる)馬を扱うこと。 ②㋐天子に関係ある事物に添えて敬意を表す語。 ㋑一般にある語に冠して敬意を表す語。

ぎょ‐い【御衣】🔗🔉

ぎょ‐い御衣】 天皇・貴人の衣服。お召し物。

ぎょ‐い【御意】🔗🔉

ぎょ‐い御意】 ①おぼしめし。お考え。おこころ。「―のまま」 ②お指図。仰せ。御命令。「―を得たい」 ③「御意の通り」の意で、目上の人に対する返事に用いた語。ごもっとも。「―にござります」 ⇒御意に入る ⇒御意に召す ⇒御意を得る

○御意に入るぎょいにいる🔗🔉

○御意に入るぎょいにいる (→)「御意に召す」に同じ。 ⇒ぎょ‐い【御意】

○御意に召すぎょいにめす🔗🔉

○御意に召すぎょいにめす お気にいる。御意にかなう。御意に入る。 ⇒ぎょ‐い【御意】

○御意を得るぎょいをうる🔗🔉

○御意を得るぎょいをうる ①お考えをうけたまわる。 ②お目にかかる。 ⇒ぎょ‐い【御意】

ぎょ‐う【御宇】🔗🔉

ぎょ‐う御宇】 天子の治め給う御世みよ

ぎょ‐えい【御影】🔗🔉

ぎょ‐えい御影】 天皇・三后・皇太子などの写真。

ぎょし‐やす・い【御し易い】🔗🔉

ぎょし‐やす・い御し易い】 〔形〕 思い通りにしやすい。扱いやすい。「―・い相手」「―・い性格」

ぎょ・す【御す】🔗🔉

ぎょ・す御す】 [一]〔他五〕 「御する」(他サ変)に同じ。 [二]〔自他サ変〕 ⇒ぎょする(サ変)

ぎょ・する【御する】🔗🔉

ぎょ・する御する】 [文]御す(サ変) [一]〔自サ変〕 ①出御する。 ②お側にいる。はべる。 [二]〔他サ変〕 ①(「馭する」とも書く)馬をたくみにあつかう。 ②人を自分の意志通りに動かす。統御する。「―・しがたい乱暴者」 ③統治する。 ④(天子が)おつかいになる。

ぎょ‐りょう【魚綾・魚陵・魚竜・御綾】(織物)🔗🔉

ぎょ‐りょう魚綾・魚陵・魚竜・御綾】 綾織物の一種。一説に、麹塵色きくじんいろともいい、あるいは波に魚の紋のある綾織ともいう。平家物語9「―の直垂に緋縅の鎧着て」

ご【御】🔗🔉

】 (呉音) [一]〔名〕 (「御前ごぜん」の略)貴婦人の称呼の下に添えて敬称とする語。土佐日記「淡路の―の歌に劣れり」 [二]〔接頭〕 ①主に漢語の体言に冠して尊敬の意を添える。源氏物語桐壺「十二にて―元服したまふ」。日葡辞書「ゴベウショ(御廟所)」 ②主に漢語の体言に冠して丁寧の意を添える。「―飯にする」 ③自分の行為を表す語に冠して謙譲の意を添える。「―説明いたします」 [三]〔接尾〕 人物を表す語の下に付けて尊敬の意を添える。日葡辞書「チチゴ」。浄瑠璃、伽羅先代萩「ゆうべ呼んだ花嫁―」 →ぎょ(御)

ご‐あいさつ【御挨拶】🔗🔉

ご‐あいさつ御挨拶】 ①「挨拶」を丁寧にいう語。 ②相手の非礼などに対して、皮肉を込めて応える言葉。「これは―だね」

ご‐いっしん【御一新】🔗🔉

ご‐いっしん御一新】 明治維新の異称。幸田露伴、いさなとり「世の態さまも変り風ふうも移り―とかいふ事になつて」

ご‐えい【御影】🔗🔉

ご‐えい御影】 神仏・貴人の画像または写真。

み【御】🔗🔉

】 〔接頭〕 ①神・天皇・宮廷などに属するものであることを表す。「―あかし」「―食」「―垣」 ②一般に、尊敬または丁寧の意を表す。「―教え」「お―おつけ」 ③(「深」とも当てる)美称または語調をととのえるために添える。「―吉野」「―雪」「―山」

み‐あれ【御生・御阿礼】🔗🔉

み‐あれ御生・御阿礼】 ①神または貴人が誕生・降臨すること。 ②京都の上賀茂神社で、葵祭あおいまつりの前3日、すなわち4月の中の午の日(今は5月12日)の夜に行われる祭。阿礼と称する榊さかきに神移しの神事をいとなむ。賀茂のみあれ。御阿礼祭。貫之集「神の―にあふ日なりけり」 ③転じて、賀茂神社の称。源氏物語藤裏葉「―にまうで給ふとて」 ⇒みあれ‐ぎ【御阿礼木】 ⇒みあれ‐の‐せじ【御阿礼宣旨】

みあれ‐ぎ【御阿礼木】🔗🔉

みあれ‐ぎ御阿礼木】 賀茂祭に、神霊を迎えるために立てる榊。風雅和歌集「―にゆふしでかけし神山の」 ⇒み‐あれ【御生・御阿礼】

みあれ‐の‐せじ【御阿礼宣旨】🔗🔉

みあれ‐の‐せじ御阿礼宣旨】 (セジはセンジのンを表記しない形)賀茂祭についての宣旨を斎宮いつきのみやに持参する御使いの女官。また、そのことから固有名詞としての女房名にもなる。枕草子183「―の、上に、五寸ばかりなる殿上わらはのいとをかしげなるを作りて」 ⇒み‐あれ【御生・御阿礼】

み‐い【御井】‥ヰ🔗🔉

み‐い御井‥ヰ 井戸・泉の美称。万葉集1「―の真清水」

みい‐でら【三井寺・御井寺】‥ヰ‥🔗🔉

みい‐でら三井寺・御井寺‥ヰ‥ ①園城寺おんじょうじの通称。 ②奈良県の法輪寺の別称。 ③能。狂女物。駿河国清見ヶ関の女が、さらわれた子を狂い尋ねて園城寺に至り、鐘を撞いたことが縁で巡り会う。 ⇒みいでら‐ごみむし【三井寺歩行虫】

み‐えい【御影】🔗🔉

み‐えい御影】 肖像の尊敬語。尊影。栄華物語紫野「御堂には故院の―を書き奉りたり」 ⇒みえい‐く【御影供】 ⇒みえい‐どう【御影堂】

みえい‐く【御影供】🔗🔉

みえい‐く御影供】 (ミエクとも) ①故人の影像を祀って供養する法会。一般に東寺や高野山で行われる空海の忌日法会を指す。〈[季]春〉 ②柿本人麻呂の影像を祀って和歌を講ずる会。人丸影供。 ⇒み‐えい【御影】

みえ‐く【御影供】🔗🔉

みえ‐く御影供⇒みえいく

み‐かげ【御影】🔗🔉

み‐かげ御影】 ①神霊。みたま。敏達紀(前田本)「天地の諸の神及び天皇の霊みかげ」 ②亡き人の姿または絵や肖像などの尊敬語。みえい。

みかげ【御影】(地名)🔗🔉

みかげ御影】 神戸市東灘区の一部。灘酒の産地。また、六甲山麓の川の扇状地付近は御影石の産地。 ⇒みかげ‐いし【御影石】

み‐かげ【御蔭】🔗🔉

み‐かげ御蔭】 ①太陽を避けて、かげとなる所。殿舎。万葉集1「高知るや天の―、天知るや日の―の」 ②頭に挿す鬘かずらの尊敬語。 ③恩恵の尊敬語。おかげ。 ⇒みかげ‐まつり【御蔭祭】

みかげ‐まつり【御蔭祭】🔗🔉

みかげ‐まつり御蔭祭】 京都の下鴨神社で、葵祭あおいまつりの前3日、すなわち4月の中の午の日の昼(今は5月12日)に行われる祭。神職・氏子などが神輿みこしに供奉して京都市左京区高野の摂社御蔭神社に参向し、神体を迎えて本社に還る。 ⇒み‐かげ【御蔭】

み‐くらい【御位】‥クラヰ🔗🔉

み‐くらい御位‥クラヰ ①天皇の位、または天皇の位にあることの尊敬語。源氏物語若菜下「内裏の帝、―につかせ給ひて、十八年にならせ給ひぬ」 ②位の尊敬語。源氏物語明石「もとの―あらたまりて、数よりほかの権大納言になり給ふ」

み‐けし【御衣】🔗🔉

み‐けし御衣】 (ケシは、「着す」の連用形が名詞に転じたもの)衣服の尊敬語。お召しもの。古事記「ぬば玉の黒き―を」

み‐しね【御稲】🔗🔉

み‐しね御稲】 稲の美称。神楽歌、細波「―搗く女の佳さ」

み‐ぞ【御衣】🔗🔉

み‐ぞ御衣】 (古くは清音)衣服の尊敬語。おんぞ。神代紀「其の衣みそを投げたまふ」

みぞ‐かけ【御衣懸】🔗🔉

みぞ‐かけ御衣懸(→)衣桁いこうに同じ。催馬楽、高砂「練緒染緒ねりおさみおの―にせむ」

みそ‐ぎ【御衣木】🔗🔉

みそ‐ぎ御衣木】 神仏の像を造るのに用いる木。桧・白檀びゃくだん・栴檀せんだん・朴ほおの類。

みぞ‐ばこ【御衣筥】🔗🔉

みぞ‐ばこ御衣筥(→)「みぞびつ」に同じ。

みぞ‐びつ【御衣櫃】🔗🔉

みぞ‐びつ御衣櫃】 御衣を入れておく櫃。ころもばこ。みぞばこ。宇津保物語蔵開下「―に女の装束一具」

みぞ‐ひめ【御衣姫】🔗🔉

みぞ‐ひめ御衣姫】 (ミソヒメとも)御衣につけるひめ糊。枕草子141「とり所なきもの…―の塗りたる」

み‐まや【御馬屋・御厩】🔗🔉

み‐まや御馬屋・御厩】 (ミウマヤの約)「うまや」の尊敬語。

[漢]御🔗🔉

 字形  筆順 〔彳部8画/11画/常用/2470・3866〕 〔音〕ギョ(漢) (呉) 〔訓〕おん・お・み・おおん [意味] [一]ギョ ①馬や馬車をじょうずにあやつる。(同)馭。「御者・礼楽射御書数」 ②思い通りに扱う。おさめる。支配する。「御しやすい人間」「御宇・統御・制御」 ③ふせぐ。(同)禦。「防御」 ④天子の行為や持ち物などに尊敬の意を表す語。「御物・御璽・御感・入御・崩御」。転じて、広く尊敬の意を表す語。「御慶・御意」 [二] ①=[一]④。「御幣・御幸・御家人・御朱印・御両親・御成功」▶転じて、丁寧な言い方にも用いる。「御飯」「御説明いたします」 ②「御前」③④(→御前)の略。「殿御とのご・親御おやご・伊勢いせの御」 [解字] 形声。「彳」(=ゆく)+「止」(=あし)+音符「午」(=きね)+「卩」(=ひと)。後二者は、きねでついて堅いものを柔かくする意。「御」は、馬をおとなしくさせて行かせる意。は異体字。 [下ツキ 駕御・還御・供御・出御・制御・遷御・着御・統御・渡御・女御・発御・崩御・防御・臨御 [難読] 御髪おぐし・みぐし・御神籤おみくじ・御籤おみくじ・御目見おめみえ・御稜威みいつ・御酒みき・御手洗みたらし・御息所みやすんどころ・御幸みゆき

広辞苑で始まるの検索結果 1-93もっと読み込む