複数辞典一括検索+

く【句】🔗🔉

】 ①文章中の一区切り。語のまとまり。 ②〔言〕言語単位の一つ。通常二つ以上の語から成るまとまりで、しかも節を成さないもの。「形容詞+名詞」「副詞+動詞」などの単位。国文法では多くクローズに近い概念として使う。 ③詩歌・詞章または音曲の中の小段落。 ㋐平曲で語る1章段。 ㋑和歌などの韻律上の1段落を指す語。5音または7音の段落。また、上の句・下の句。 ㋒漢詩の1区切り。5字または7字を普通の形式とする。起句・承句など。 ④連歌・俳諧の発句・付句の略。 ⑤連歌・俳諧で、一つ一つの作品を数える語。 ⑥俳句。「―をひねる」

く‐あげ【句上】🔗🔉

く‐あげ句上(→)句数くかず2㋐に同じ。

く‐あわせ【句合】‥アハセ🔗🔉

く‐あわせ句合‥アハセ 俳諧の発句を左右の両組から1句ずつ出して、判者がその優劣を決める催し。また、衆議判しゅぎはんの場合もある。

く‐い【句意】🔗🔉

く‐い句意】 句の意味。

く‐かい【句会】‥クワイ🔗🔉

く‐かい句会‥クワイ 俳句を作り、発表して批評し合う集会。

く‐かず【句数】🔗🔉

く‐かず句数】 ①句のかず。 ②(連歌・俳諧で) ㋐懐紙の巻末に作者名とともに記す詠句数。句上くあげ。 ㋑四季・神祇・釈教・恋・旅・人倫・植物など、同じ範疇の句をつづけてよい限度数。

く‐がら【句柄】🔗🔉

く‐がら句柄】 連歌・俳諧などの句の品格。

く‐がん【句眼】🔗🔉

く‐がん句眼】 詩句中の眼目となるところ。

く‐ぎ【句義】🔗🔉

く‐ぎ句義】 句の意義。

く‐きょう【句境】‥キヤウ🔗🔉

く‐きょう句境‥キヤウ 俳句に表現された境地。また、俳句をよむ心境。「枯淡の―」

く‐ぎり【句切り・区切り】🔗🔉

く‐ぎり句切り・区切り】 ①詩文などの句の切れ目。 ②物事のきり。段落。「―をつける」 ⇒くぎり‐ふごう【句切り符号】

くぎり‐ふごう【句切り符号】‥ガウ🔗🔉

くぎり‐ふごう句切り符号‥ガウ 文中の句切りを示すための句読くとう点・括弧かっこなどの称。・、°()「」の類。 ⇒く‐ぎり【句切り・区切り】

く‐ぎ・る【句切る・区切る】🔗🔉

く‐ぎ・る句切る・区切る】 〔他五〕 ①くぎりをつける。「文章を段落に―・る」「一語ずつ―・って読む」 ②物事の段落をつけ中途で切る。また、境界をつける。「前期と後期に―・る」

く‐くばり【句配り】🔗🔉

く‐くばり句配り】 和歌などで、句の並べ方。句の配置。

く‐こう【句稿】‥カウ🔗🔉

く‐こう句稿‥カウ 俳句の原稿。「新聞に―を投ずる」

く‐ごころ【句心】🔗🔉

く‐ごころ句心】 俳句の心得。句作のセンス。

く‐さく【句作】🔗🔉

く‐さく句作】 俳句を作ること。

く‐じめ【句締】🔗🔉

く‐じめ句締】 俳諧で、点取りの巻末に点者が評語を記し自ら署名すること。

く‐しゃ【句者】🔗🔉

く‐しゃ句者】 俳句に巧みな人。

く‐しゅう【句集】‥シフ🔗🔉

く‐しゅう句集‥シフ 俳句・連句を集めた書。

く‐ずもう【句相撲】‥ズマフ🔗🔉

く‐ずもう句相撲‥ズマフ 句合せの俗称。特に句会などで一定の題で一定の時間内に競作し、優劣を争うこと。

く‐だい【句題】🔗🔉

く‐だい句題】 ①詩歌で、古い漢詩の1句または三代集などの和歌の1句を題とするもの。 ②俳句の題。

くちゅう‐つい【句中対】🔗🔉

くちゅう‐つい句中対】 漢詩で、一句中に対句のあるもの。

く‐づくろい【句繕い】‥ヅクロヒ🔗🔉

く‐づくろい句繕い‥ヅクロヒ 詩歌などの句を練り、形をととのえること。狂言、萩大名「萩の花に付て、―をなされたを」

く‐てん【句点】🔗🔉

く‐てん句点】 文の切れ目に打つ記号。現在は多く「」を用いる。↔読点とうてん

く‐とう【句読】🔗🔉

く‐とう句読】 ①句と読。句は文の切れ目、読は文中の切れ目で、読みやすいよう息を休める所。 ②文章の読み方。 ③句読点の略。 ⇒くとう‐てん【句読点】 ⇒くとう‐ほう【句読法】 ⇒句読を切る

く‐とう【句頭】🔗🔉

く‐とう句頭】 雅楽の声楽曲の首席唱者。曲または句の冒頭部分を句頭が独唱し、以下は斉唱となる。朗詠2では各句ごとに別人が句頭を務める。

くとう‐てん【句読点】🔗🔉

くとう‐てん句読点】 句点と読点。「―を打つ」 ⇒く‐とう【句読】

くとう‐ほう【句読法】‥ハフ🔗🔉

くとう‐ほう句読法‥ハフ 句読点の用法を定めた規則。 ⇒く‐とう【句読】

○句読を切るくとうをきる🔗🔉

○句読を切るくとうをきる 句読点を打って文の切れ目を明らかにする。 ⇒く‐とう【句読】

く‐ばや【句早】🔗🔉

く‐ばや句早】 句のつけ方が早いこと。筑波問答「胸の中に句が多く湧きて、たぶたぶと―にし侍りける」

く‐ばや・い【句早い】🔗🔉

く‐ばや・い句早い】 〔形〕[文]くばや・し(ク) 句のつけ方が早い。句を考え出すことが早い。狂言、富士松「あまり―・い、静かに付けい」

く‐ひ【句碑】🔗🔉

く‐ひ句碑】 俳句を彫りつけた石碑。「芭蕉の―」

く‐びょうし【句拍子】‥ビヤウ‥🔗🔉

く‐びょうし句拍子‥ビヤウ‥ 語句に調子をつけて面白く聴かせる修辞法。「からりからりとから縁を通る」の類。

く‐ふう【句風】🔗🔉

く‐ふう句風】 俳句の作りぶり。俳風。

く‐ほう【句法】‥ハフ🔗🔉

く‐ほう句法‥ハフ 詩文・俳句などの組み立て方、作り方。

く‐ろん【句論】🔗🔉

く‐ろん句論】 文法学上、句・文についての理論。

こうせん【勾践・句践】🔗🔉

こうせん勾践・句践】 春秋時代の越の王。父王の頃から呉と争い、父の没後、呉王闔閭こうりょを敗死させたが、前494年闔閭の子夫差に囚われ、ようやく赦されて帰り、のち范蠡はんれいと謀って前477年遂に呉を討滅。( 〜前465)→臥薪嘗胆がしんしょうたん→会稽かいけいの恥

[漢]句🔗🔉

 字形  筆順 〔勹部3画/5画/教育/2271・3667〕 〔音〕(呉)(漢) [意味] ①言語・文章のひとくぎり。センテンス(の構成部分)。「句点・句読くとう・文句・字句・成句・慣用句」 ②詩歌・俳諧はいかいなどの一小節。「上かみの句」「二の句が継げない」「起句・結句・発句ほっく・句法」 ③「俳句」の略。「一句ひねる」「句会・句作・選句」 [解字] もと、口部2画。かぎ型で「口」(=ことば)を囲った会意文字で、小さくくぎったことばの意。 [下ツキ 起句・狂句・禁句・金句・警句・結句・語句・字句・惹句・秀句・章句・冗句・初句・甚句・成句・隻句・節句・絶句・駄句・対句・転句・投句・難句・俳句・発句・名句・文句・類句・麗句・連句・聯句・挙句あげく・揚句あげく

[漢]句🔗🔉

 〔口部2画〕 ⇒勹部

広辞苑で始まるの検索結果 1-40