複数辞典一括検索+

やさし・い【優しい】🔗🔉

やさし・い優しい】 〔形〕[文]やさ・し(シク) (動詞「痩す」の形容詞形) ①身も痩せるように感じる。恥かしい。万葉集5「世の中を憂しと―・しと思へども飛び立ちかねつ鳥にしあらねば」。古今和歌集雑体「何をして身のいたづらに老いぬらむ年の思はむことぞ―・しき」。源氏物語真木柱「人聞き―・しかるべし」 ②周囲や相手に気をつかって控え目である。つつましい。大鏡「繁樹は百八十に及びてこそさぶらふらめど―・しく申すなり」 ③さし向かうと恥かしくなるほど優美である。優美で風情がある。源氏物語蜻蛉「いひなし給へる声いと若やかに愛敬づき―・しき所添ひたり」。後鳥羽院御口伝「姿まちまちにして…あるいは―・しく艶なるあり。あるいは風情をむねとするあり」 ④おだやかである。すなおである。おとなしい。温順である。狂言、痺り「私のしびりは―・しいしびりで、宣命を含めますれば、そのまま直りまする」。「気立てが―・い」 ⑤悪い影響を及ぼさない。「肌に―・い洗剤」 ⑥情深い。情じょうがこまやかである。狂言、八句連歌「―・しの殿の心やな」。「―・い言葉をかける」 ⑦けなげである。殊勝である。神妙である。平家物語7「あな―・し。…御方の御勢は皆落ち候ふに、唯一騎残らせ給ひたるこそゆかしけれ」 ⑧(「易しい」と書く) ㋐簡単である。容易である。今昔物語集10「―・しく手を斬らるるがつたなきなり」。「―・い仕事」 ㋑わかりやすい。「―・い本」

広辞苑優しいで始まるの検索結果 1-1