複数辞典一括検索+

し‐ごと【仕事】🔗🔉

し‐ごと仕事】 ①する事。しなくてはならない事。特に、職業・業務を指す。〈日葡辞書〉。「―に出掛ける」「針―」 ②事をかまえてすること。また、悪事。 ③〔理〕力が働いて物体が移動した時に、物体の移動した向きの力と移動した距離との積を、力が物体になした仕事という。単位はジュール(J)。 ⇒しごと‐うた【仕事唄】 ⇒しごと‐おさめ【仕事納め】 ⇒しごと‐がら【仕事柄】 ⇒しごと‐かんすう【仕事関数】 ⇒しごと‐ぎ【仕事着】 ⇒しごと‐きゅう【仕事給】 ⇒しごと‐ぐち【仕事口】 ⇒しごと‐さき【仕事先】 ⇒しごと‐ざん【仕事算】 ⇒しごと‐し【仕事師】 ⇒しごと‐だか【仕事高】 ⇒しごと‐の‐げんり【仕事の原理】 ⇒しごと‐ば【仕事場】 ⇒しごと‐ばこ【仕事箱】 ⇒しごと‐はじめ【仕事始め】 ⇒しごと‐りつ【仕事率】

しごと‐うた【仕事唄】🔗🔉

しごと‐うた仕事唄】 仕事をしながらうたう唄。木挽こびき唄・田植唄の類。労働歌。 ⇒し‐ごと【仕事】

しごと‐おさめ【仕事納め】‥ヲサメ🔗🔉

しごと‐おさめ仕事納め‥ヲサメ 年の暮れに、その年の仕事を終えること。また、その日。〈[季]冬〉 ⇒し‐ごと【仕事】

しごと‐がら【仕事柄】🔗🔉

しごと‐がら仕事柄】 仕事の性質上。「―出張が多い」 ⇒し‐ごと【仕事】

しごと‐かんすう【仕事関数】‥クワン‥🔗🔉

しごと‐かんすう仕事関数‥クワン‥ 金属や半導体の固体表面から1個の電子を外側に取り出すのに必要な最小のエネルギー。 ⇒し‐ごと【仕事】

しごと‐ぎ【仕事着】🔗🔉

しごと‐ぎ仕事着】 仕事をする時に着る衣服。 ⇒し‐ごと【仕事】

しごと‐きゅう【仕事給】‥キフ🔗🔉

しごと‐きゅう仕事給‥キフ 基本給算定方式の一形態。職務・職務遂行能力など仕事要素により算定。職務給・職能給など。↔生活給↔属人給。→総合決定給⇒し‐ごと【仕事】

しごと‐ぐち【仕事口】🔗🔉

しごと‐ぐち仕事口】 仕事をして賃金を得るところ。はたらきぐち。「―を探す」 ⇒し‐ごと【仕事】

しごと‐さき【仕事先】🔗🔉

しごと‐さき仕事先】 仕事をしに出向く場所。勤務先や出張先など。 ⇒し‐ごと【仕事】

しごと‐ざん【仕事算】🔗🔉

しごと‐ざん仕事算】 算数の問題の一つ。ひとりひとりが仕事を仕上げるのに要する日数を知ることにより、共同で仕上げるのに要する日数を知るもの。 ⇒し‐ごと【仕事】

しごと‐し【仕事師】🔗🔉

しごと‐し仕事師】 ①土木工事の労働者。 ②巧みに事業を計画・経営する人。やりて。 ⇒し‐ごと【仕事】

しごと‐だか【仕事高】🔗🔉

しごと‐だか仕事高】 仕事のできあがり高。出来高。「―払い」 ⇒し‐ごと【仕事】

しごと‐の‐げんり【仕事の原理】🔗🔉

しごと‐の‐げんり仕事の原理】 道具を使うと小さな力で仕事をすることはできるが、仕事の総量は不変であるという力学上の基本原理。 ⇒し‐ごと【仕事】

しごと‐ば【仕事場】🔗🔉

しごと‐ば仕事場】 仕事をする所。作業場。 ⇒し‐ごと【仕事】

しごと‐ばこ【仕事箱】🔗🔉

しごと‐ばこ仕事箱】 仕事に用いる道具を入れておく箱。大工の道具箱や針箱の類。 ⇒し‐ごと【仕事】

しごと‐はじめ【仕事始め】🔗🔉

しごと‐はじめ仕事始め】 新年になって始めて仕事をすること。正月2日をその日とする地方が多い。現代の会社・商店等は正月4日が多い。事始め。仕始め。〈[季]新年〉 ⇒し‐ごと【仕事】

しごと‐りつ【仕事率】🔗🔉

しごと‐りつ仕事率】 単位時間当りの仕事の量。単位はワット(W)または馬力。工率。 ⇒し‐ごと【仕事】

広辞苑仕事で始まるの検索結果 1-17