せ‐じ【世辞】🔗🔉

せ‐じ世辞】 (多く「お―」の形で使う)他人に対して愛想のよいことば。人の気をそらさないうまい口ぶり。また、相手をよろこばせようとして、実際以上にほめることば。ついしょうぐち。「見えすいた―を言うな」「お―抜きで上手だ」「うまいとはお―にも言えない」 ⇒世辞で丸めて浮気で捏ねる ⇒世辞に賢い

○世辞で丸めて浮気で捏ねるせじでまるめてうわきでこねる🔗🔉

○世辞で丸めて浮気で捏ねるせじでまるめてうわきでこねる 甘言でだまし、思わせぶりな様子で人の気を引く。清元「喜撰」の歌詞による。 ⇒せ‐じ【世辞】

○世辞に賢いせじにかしこい🔗🔉

○世辞に賢いせじにかしこい 世辞が上手である。世渡りが巧みである。 ⇒せ‐じ【世辞】

せじ‐もの【世辞者】🔗🔉

せじ‐もの世辞者】 世辞の巧みな人。浮世風呂2「ほんにおめえのかかさんは―だのう」

広辞苑世辞で始まるの検索結果 1-4