複数辞典一括検索+

ま(音節)🔗🔉

①両唇を密閉し有声の気息を鼻腔に通じて発する鼻子音〔m〕と母音〔a〕との結合した音節。〔ma〕 ②平仮名「ま」は「末」の草体。片仮名「マ」は「末」また「万」の最初の2画の転形。

ま【目】🔗🔉

】 「め」の古形。他の語について複合語を作る。万葉集5「―な交かいに」。「―のあたり」「―ぶた」

ま【身】🔗🔉

(→)「み」に同じ。四時祭式「大御おおみ―」

ま【真】🔗🔉

】 [一]〔名〕 まこと。本当。真実。狂言、仏師「―でもないものを、そぢやというて売り付くるを」 [二]〔接頭〕 (体言・形容詞などに冠する) ①それそのものであることを表す。完全である、真実である、正確であるなどの意を表す。万葉集20「―袖持ち涙をのごひ」。万葉集3「―白にそ富士の高嶺に雪はふりける」。万葉集4「うち日さす宮に行く子を―悲しみ留むれば苦し」。万葉集20「旅とへど―旅になりぬ」。日葡辞書「マムカエ」。「―南」「―心」「―新しい」↔片かた。 ②純粋さや見事さをほめる意を表す。「―弓」「―木」「―熊野」 ③生物の或る類のうち標準となる種類に冠する。「―鴨」「―鰯いわし」「―昆布」 ⇒真に受ける

ま【馬】🔗🔉

】 (ウマの約)うま。万葉集5「竜たつの―も今も得てしか」

ま【間】🔗🔉

】 ①物と物、または事と事のあいだ。あい。間隔。 ㋐あいだの空間。すきま。古事記「伊那佐の山の樹の―よもい行きまもらひ」。「―を詰める」「―をはかる」 ㋑あいだの時間。ひま。いとま。古今和歌集「桜花散る―をだにも見るべきものを」。「―もなく」「まだ―がある」 ㋒ある事にあてる一続きの時間。「寝る―もない」「あっと言う―」「束の―」 ②長さの単位。 ㋐家など、建物の柱と柱とのあいだ。けん。源氏物語「見入れ給へるに、一―ばかり隔てたる見わたしに」 ㋑畳の寸法にいう語。京間は曲尺かねじゃくで6尺3寸と3尺1寸5分、田舎間は5尺8寸と2尺9寸。 ③家の内部で、屏風・ふすまなどによって仕切られたところ。 ㋐家の一しきりをなしている室。へや。「―どり」「板の―」 ㋑室町時代、部屋の広さの単位。坪。 ㋒部屋の数を数える語。 ④日本の音楽や踊りで、所期のリズムを生むための休拍や句と句との間隙。転じて、全体のリズム感。「―のとり方がうまい」 ⑤芝居で、余韻を残すために台詞せりふと台詞との間に置く無言の時間。 ⑥ほどよいころあい。おり。しおどき。機会。めぐりあわせ。「―をうかがう」「―がいい」 ⑦その場の様子。ぐあい。ばつ。 ⑧船の泊まる所。ふながかり。→澗 ⇒間が抜ける ⇒間が延びる ⇒間が持てない ⇒間が悪い ⇒間を合わせる ⇒間を置く ⇒間を欠く ⇒間を配る ⇒間を持たす ⇒間を渡す

ま【澗】🔗🔉

】 (北陸地方などで)湾または海岸の船着場・船曳揚場。「―主まぬし

ま【魔】🔗🔉

】 ①(梵語māra)〔仏〕仏道修行や人の善事の妨害をなすもの。魔羅まら。また、不思議な力をもち、悪事をなすもの。「好事―多し」→四魔。 ②不思議な力。神秘的なもの。恐るべきもの。「―の海域」 ③熱中して異常な行いをする者。「電話―」 ⇒魔が差す

ま(副詞)🔗🔉

〔副〕 ①(イマの約)さらに加えて。もっと。もう。なお。天草本伊曾保物語「獅子…その威徳分は―ひと肢えだはわれに呉れい」。「―少し」 ②(→)「まあ」に同じ。狂言、丼礑どぶかっちり「―ここへ打つてみませう」

ま(接尾)🔗🔉

〔接尾〕 形容詞の語幹、動詞の未然形、打消の助動詞「ず」などに付いて、そのような状態である意を表し、また語調を整える。多く助詞「に」を伴って副詞的に用いられる。万葉集11「かへら―に君こそ我に領巾たくひれの白浜波の寄る時も無き」。万葉集15「ぬばたまの夜見し君を明くるあした逢はず―にして今そくやしき」。古今和歌集「懲りず―に又もなき名は立ちぬべし人憎からぬ世にし住まへば」

ま(感動詞)🔗🔉

〔感〕 犬を呼ぶ声。万葉集11「追馬喚犬」(杣そまの戯書)

まあ(副詞)🔗🔉

まあ 〔副〕 ①(十分ではないが、かなりの程度であることを表す)まずまず。「―よい方だろう」 ②(軽く相手を制止したり、うながしたり、また自分の気持を述べたりするのに用いる)ちょっと。「―待ちなさい」「―おすわり下さい」「―やってみましょう」

まあ(感動詞)🔗🔉

まあ 〔感〕 (女性が)驚いたり感嘆したりした時に発する声。「―不思議だこと」「―きれい」

ま‐あい【眉間】‥アヒ🔗🔉

ま‐あい眉間‥アヒ みけん。また、顔。難波物語「色はあをし、―しかみて寸白すばく病みのやうなり」

ま‐あい【間合】‥アヒ🔗🔉

ま‐あい間合‥アヒ ①何かをするのに適当な距離や時機。あいだ。ころあい。色道大鏡「一つうけはうけながら―をみては捨てんとし」。「―をはかる」 ②舞踊・音曲などで、調子や拍子が変わるときのわずかな休止の時間。 ③剣道などで、相手との距離。

ま‐あか【真赤】🔗🔉

ま‐あか真赤】 純粋な赤色。まっか。

マーカー【marker】🔗🔉

マーカーmarker】 ①しるしをつける人。 ②しるしをつけるための筆記具・器具。 ③目印。標識。 ④得点記録係。

マーガリン【margarine】🔗🔉

マーガリンmargarine】 精製した動植物性油脂に発酵乳・食塩・ビタミン類などを加えて乳化し、練り合わせてバター状にした食品。1869年にフランスでバターの代用品として開発された。人造バター。

マーガレット【marguerite】🔗🔉

マーガレットmarguerite】 ①キク科の観賞用低木状多年草。カナリア諸島原産。高さ60〜100センチメートル。葉はシュンギクに似て深裂し、帯白緑色。夏、白色の頭状花を枝の先端に開く。黄・桃色のものや八重品種もある。モクシュンギク。 マーガレット 撮影:関戸 勇 (→)マガレイトに同じ。

マーカンティリズム【mercantilism】🔗🔉

マーカンティリズムmercantilism(→)重商主義

まあき‐だいみょう【間明き大名】‥ミヤウ🔗🔉

まあき‐だいみょう間明き大名‥ミヤウ 大名縞じまの縞目の広いもの。

マーキュリー【Mercury】🔗🔉

マーキュリーMercury】 ①ローマ神話の商売の神。ギリシア神話のヘルメスと同一視された。メルクリウス。 ②〔天〕(→)水星。 ③(mercury)(→)水銀

マーキュロクロム【mercurochrome】🔗🔉

マーキュロクロムmercurochrome】 帯緑赤褐色の有機水銀剤。24〜26パーセントの水銀を含む。1〜2パーセント水溶液として粘膜・傷口の消毒に使用。水銀公害を顧慮して現在日本では製造中止。俗称、赤チン。マーキロ。

マーキング【marking】🔗🔉

マーキングmarking】 ①印をつけること。 ②動物が尿などで自分のなわばりを示すこと。

マーク【mark】🔗🔉

マークmark】 ①しるし。記号。印をつけること。 ②記録を出すこと。「最高点を―する」 ③目をつけること。継続して注目すること。「相手選手を―する」 ⇒マーク‐アップ【markup】 ⇒マーク‐シート

マーク【Mark ドイツ】(貨幣単位)🔗🔉

マークMark ドイツ⇒マルク

マーク‐アップ【markup】🔗🔉

マーク‐アップmarkup】 ①企業が製品の価格を決める際に、利潤を確保するために平均生産費に一定の率を乗ずること。 ②コンピューターで、文書の中にその構造や修飾情報を記述すること。「―言語」 ⇒マーク【mark】

マーク‐シート🔗🔉

マーク‐シート (和製語mark sheet)印刷された多数の項目のうち、該当する箇所を鉛筆などで塗りつぶして答を記す用紙。アンケート・試験などに使用し、OMRで読み取りコンピューター処理する。 ⇒マーク【mark】

マーク‐トウェーン【Mark Twain】🔗🔉

マーク‐トウェーンMark Twain】 (本名Samuel Langhorne Clemens)アメリカの小説家。「トム=ソーヤーの冒険」「ハックルベリー=フィンの冒険」などユーモラスな児童文学を書いたが、晩年は「不思議な少年」など厭世的な作風に変ずる。ほかに「鍍金ときん時代」など。(1835〜1910)

マーケット【market】🔗🔉

マーケットmarket】 ①市場いちば。 ②〔経〕世界経済ないし国民経済のなかで、各個別経済主体相互間で結ばれる流通経済的関係ないし需要供給関係。市場しじょう。販路。「―の開拓」 ⇒マーケット‐イン ⇒マーケット‐シェア【market share】 ⇒マーケット‐バスケット‐ほうしき【マーケットバスケット方式】 ⇒マーケット‐メーク ⇒マーケット‐リサーチ【market research】

マーケット‐イン🔗🔉

マーケット‐イン (和製語market in)製造部門に販売部門を取り込み、市場情報を反映した在庫管理や商品開発を行うこと。→プロダクト‐アウト⇒マーケット【market】

マーケット‐バスケット‐ほうしき【マーケットバスケット方式】‥ハウ‥🔗🔉

マーケット‐バスケット‐ほうしきマーケットバスケット方式‥ハウ‥ (market basket method)生活に必要な全物量に物価を掛けて生計費を算出する方法。労働者の賃金要求の基礎にする生活水準を示すのに用いられ、また公的扶助額の算定方式としても用いられた。全物量方式。 ⇒マーケット【market】

マーケット‐メーク🔗🔉

マーケット‐メーク (和製語market make)証券会社(マーケット‐メーカー)が株式や債券の特定銘柄(マーケット銘柄)の売買気配を継続的に発表し、これに基づいて他の証券会社や顧客との間で売買を行うこと。 ⇒マーケット【market】

マーケット‐リサーチ【market research】🔗🔉

マーケット‐リサーチmarket research】 商品の販売促進、新製品の開発などのために市場しじょう動向を調査すること。市場調査。→マーケティング‐リサーチ ⇒マーケット【market】

マーケティング【marketing】🔗🔉

マーケティングmarketing】 商品の販売やサービスなどを促進するための活動。市場しじょう活動。 ⇒マーケティング‐リサーチ【marketing research】

マーケティング‐リサーチ【marketing research】🔗🔉

マーケティング‐リサーチmarketing research】 市場動向に加えて、製品・価格・広告・販売・経路などマーケティング全般について調査をすること。マーケット‐リサーチより広義。 ⇒マーケティング【marketing】

ま‐あざみ【真薊】🔗🔉

ま‐あざみ真薊】 キク科の多年草。水辺に自生し、高さ約1メートル。葉は大形で羽状に深裂、刺は短い。晩夏にアザミに似た大きな紅紫色の頭状花を単生。葉を食用。

まあじ🔗🔉

まあじ 沖縄県下に広く分布する土壌。国頭くにがみまあじと島尻まあじとがある。前者は洪積世堆積物に由来する赤・黄色の酸性土壌、後者は琉球石灰岩に由来する赤・黄褐色のほぼ中性を示す土壌。

ま‐あじ【真鰺】‥アヂ🔗🔉

ま‐あじ真鰺‥アヂ アジ科の海産の硬骨魚。全長約40センチメートル。長い紡錘形で、側線は湾曲し、その上に稜鱗りょうりんが発達。背部は暗青色、腹部は銀白色。温帯に広く分布し、重要な惣菜魚。俗に、単にアジという。 マアジ 提供:東京動物園協会

マージ【merge】🔗🔉

マージmerge】 コンピューターで二つ以上のファイルを突き合わせ、一つのファイルに結合すること。特に、特定の規則に従って内容が整列化されたファイルを結合することをいう。併合。結合。

マージナル【marginal】🔗🔉

マージナルmarginal】 ①周縁的。瑣末的。「―な位置」 ②限界であるさま。「―‐コスト」 ⇒マージナル‐マン【marginal man】

マージナル‐マン【marginal man】🔗🔉

マージナル‐マンmarginal man】 民族・地域・階層・文化などについて、異なる複数の集団の境界にあって、いずれの集団にも十分帰属していない人々。境界人。 ⇒マージナル【marginal】

マーシャル【Alfred Marshall】🔗🔉

マーシャルAlfred Marshall】 イギリスの経済学者。費用と効用とを説明原理とする価値論を展開。新古典学派の中心人物。主著「経済学原理」。(1842〜1924) ⇒マーシャル‐の‐ケー【マーシャルの

マーシャル【George Catlett Marshall】🔗🔉

マーシャルGeorge Catlett Marshall】 アメリカの軍人・政治家。第二次大戦に陸軍参謀総長、戦後は国務長官。ノーベル賞。(1880〜1959) ⇒マーシャル‐プラン【Marshall Plan】

🄰MARC🔗🔉

MARC(マーク) [machine readable cataloging]出版物の書誌情報のデータベース.

🄰MIRV🔗🔉

MIRV(マーヴ) [multiple independently-targetable reentry vehicle]核ミサイルの多目標個別誘導弾頭.

広辞苑で始まるの検索結果 1-47もっと読み込む