複数辞典一括検索+

はし【梯】🔗🔉

はし】 はしご。かけはし。垂仁紀「神庫ほくらの為に―を造てむ」

はし【觜・嘴】🔗🔉

はし觜・嘴】 くちばし。伊勢物語「白き鳥の―と足と赤き」

はし【階】🔗🔉

はし】 庭から屋内に昇る階段。きざはし。あがりだん。源氏物語桐壺「御―のもとに」

はし【端】🔗🔉

はし】 ①物の末の部分。先端。万葉集5「短きものを―きると云へるがごとく」。「縄の―」 ②中心から遠い、外に近い所。へり。ふち。源氏物語空蝉「このきはに立てたる屏風も、―の方おし畳まれたるに」。源氏物語若紫「今日しも―におはしましけるかな」。「部屋の―に置く」 ③切り放した部分。切れ端。枕草子7「ただ木の―などのやうに思ひたるこそ、いといとほしけれ」。「布の―」 ④多くの中の一部分。蜻蛉日記「世の中に多かる古物語の―などを見れば」。「言葉の―に出る」 ⑤あとが続く最初の部分。きっかけ。いとぐち。端緒。「事件解決の―をつかむ」「―から片づける」 ⑥あいだ。あわい。万葉集2「行く鳥の争ふ―に」 ⑦書物の初めの方の部分。袖。↔奥。 ⑧端女郎はしじょろうの略。

はし【箸】🔗🔉

はし】 中国や日本などで、食事などに物を挟み取るのに用いる細長く小さい2本の棒。木・竹・金属・象牙などで作る。古事記「―其の河より流れ下る」 ⇒箸が転んでもおかしい年頃 ⇒箸が進む ⇒箸で含めるよう ⇒箸にも棒にもかからない ⇒箸の上げ下ろし ⇒箸より重い物は持ったことがない ⇒箸を下ろす ⇒箸をつける ⇒箸を取る ⇒箸を持って食うばかりに

はし【橋】🔗🔉

はし】 ①おもに水流・渓谷、または低地や他の交通路の上にかけわたして通路とするもの。橋梁きょうりょう。伊勢物語「―を八つわたせるによりてなむ八橋といひける」。「―をかける」 ②転じて、かけわたすもの。仲介。媒介。 ⇒橋が無ければ渡られぬ ⇒橋を掛ける ⇒橋を渡す

はし【波斯】🔗🔉

はし波斯】 ①中国におけるペルシアの古称。波斯国。 ②日本で、マレー半島地方の古称。

は・し【疾し】🔗🔉

は・し疾し】 〔形シク〕 はやい。とし。万葉集12「石いわ走る垂水たるみの水の―・しきやし」

は・し【愛し】🔗🔉

は・し愛し】 〔形シク〕 いとしい。かわいい。万葉集2「み吉野の玉松が枝は―・しきかも」

はし‐あらい【箸洗い】‥アラヒ🔗🔉

はし‐あらい箸洗い‥アラヒ 懐石料理で、八寸の前に、小さな器で出すごく薄味の吸物。一口吸い物。湯吸い物。一口椀。小吸い物。

はし‐い【端居】‥ヰ🔗🔉

はし‐い端居‥ヰ 家屋の端近く出ていること。特に、夏の夕方、涼を求めて縁側などにいること。〈[季]夏〉

はし‐いた【橋板】🔗🔉

はし‐いた橋板】 橋桁はしげたの上に敷いた板。

はし・いる【端居る】‥ヰル🔗🔉

はし・いる端居る‥ヰル 〔自上一〕 家の端近に出ている。

はし‐うち【嘴打ち】🔗🔉

はし‐うち嘴打ち】 鳥の雛が孵化ふかする際に、卵の殻を内側からつつくこと。

はし‐うら【橋占】🔗🔉

はし‐うら橋占】 橋のほとりに立って往来の人の言葉を聞き、それによって吉凶をうらなうこと。

ハシェク【Jaroslav Hašek】🔗🔉

ハシェクJaroslav Hašek】 チェコの小説家。プラハ生まれ。ジャーナリストのかたわらユーモア小説を書く。代表作「兵士シュヴェイクの冒険」(未完)で、したたかで機知に富む庶民の兵士の立場から、軍隊や戦争を風刺した。(1883〜1923)

はしおか【橋岡】‥ヲカ🔗🔉

はしおか橋岡‥ヲカ 姓氏の一つ。 ⇒はしおか‐きゅうたろう【橋岡久太郎】

はしおか‐きゅうたろう【橋岡久太郎】‥ヲカキウ‥ラウ🔗🔉

はしおか‐きゅうたろう橋岡久太郎‥ヲカキウ‥ラウ 能楽師。シテ方観世流。高松生れ。23世宗家観世清廉の門人。特異な芸境を開く。(1884〜1963) ⇒はしおか【橋岡】

はし‐おき【箸置き】🔗🔉

はし‐おき箸置き】 箸の先をのせておく小さい道具。はしだい。 箸置き 撮影:関戸 勇

はし‐お・る【端折る】‥ヲル🔗🔉

はし‐お・る端折る‥ヲル 〔他五〕 ⇒はしょる

はしか【芒】🔗🔉

はしか】 麦などの芒のぎ。日葡辞書「ハシカ、また、ノギ」

はしか【麻疹】🔗🔉

はしか麻疹】 麻疹ウイルスによる急性感染症。発熱と斑点様紅色の発疹、鼻・咽喉のカタル、結膜炎を伴う。5〜6歳までの幼児に多く、感染力が強いが、一度の罹患でほとんど一生免疫を得る。ワクチン接種による予防が有効。ましん。浮世物語「思ひの外に疱いも、―軽々といたしけり」

はし‐がかり【橋掛り】🔗🔉

はし‐がかり橋掛り】 ①能舞台の一部で、鏡の間から舞台への通路として斜めにかけわたし欄干を設けた道。→能舞台(図)。 ②旧式歌舞伎劇場の舞台の左(下手)、奥の廊下状の部分。

はし‐がき【端書き】🔗🔉

はし‐がき端書き】 ①手紙などの初頭や末尾に書き添えた文章。末尾のは追而書おってがき・なおなおがき・二伸ともいう。 ②詩歌などの前にその由来を書き添えたことば。端詞はしことば。詞書。 ③論文や書籍の初めに、その取り扱う範囲や内容の要約などを記した文。序文。

はし‐がくし【階隠し】🔗🔉

はし‐がくし階隠し】 寝殿・社殿などの正面の階段を覆うために、軒先に柱を立ててさし出した庇ひさし。向拝ごはいともいう。日隠し。源氏物語末摘花「―のもとの紅梅、いと疾く咲く花にて」 階隠し ⇒はしがくし‐の‐ま【階隠しの間】

はしがくし‐の‐ま【階隠しの間】🔗🔉

はしがくし‐の‐ま階隠しの間】 (間は、柱と柱との間の意)廂ひさしの間で、階隠しのある柱と柱との間。日隠しの間。階の間。御階みはしの間。狭衣物語4「寝殿の南面の―一間ばかりあけて」 ⇒はし‐がくし【階隠し】

はし‐かけ【橋掛け・橋架け】🔗🔉

はし‐かけ橋掛け・橋架け】 橋をかけること。橋渡し。

○箸が転んでもおかしい年頃はしがころんでもおかしいとしごろ🔗🔉

○箸が転んでもおかしい年頃はしがころんでもおかしいとしごろ 日常のたわいないことでもおかしく感ずる年頃。思春期の娘にいう。 ⇒はし【箸】

はしかし【夫人】🔗🔉

はしかし夫人】 (百済くだらの語か)夫人。婦人の敬称。雄略紀「慕尼むに―の女むすめ

はしか・し🔗🔉

はしか・し 〔形ク〕 (「はしか(芒)」の形容詞形) ①いらいらするように感じる。こそばゆい。むずがゆい。類聚名義抄「苛、ハシカシ」 ②もろい。折れやすい。日葡辞書「ハシカイキ(木)」

○箸が進むはしがすすむ🔗🔉

○箸が進むはしがすすむ 次々と多量に食べる。「おいしくて―」 ⇒はし【箸】

はし‐がため【橋固め】🔗🔉

はし‐がため橋固め】 橋のあたりを警固すること。また、その人。

○橋が無ければ渡られぬはしがなければわたられぬ🔗🔉

○橋が無ければ渡られぬはしがなければわたられぬ ある目的を達しようとするには、先ずなかだちが必要である。 ⇒はし【橋】

はし‐がね【端金】🔗🔉

はし‐がね端金】 物の端につける金属。

はし‐がみ【箸紙】🔗🔉

はし‐がみ箸紙】 紙を折り畳んで、箸をさすようにしたもの。新年の太箸にはこれを使う。〈[季]新年〉

はしき‐やし【愛しきやし】🔗🔉

はしき‐やし愛しきやし】 (ハ(愛)シの連体形に間投助詞ヤおよび強めの副助詞シの付いたもの)愛すべきである。いとおしい。また感動詞的に、ああ。はしきよし。はしけやし。万葉集7「―我家わぎえの毛桃」

はしき‐よし【愛しきよし】🔗🔉

はしき‐よし愛しきよし(→)「はしきやし」に同じ。万葉集5「―かくのみからに」

はし‐きら‐ず【端切らず】🔗🔉

はし‐きら‐ず端切らず】 ①漉いたままで上下左右の端を裁たない和紙。 ②細川紙の別称。

はし‐ぎわ【橋際】‥ギハ🔗🔉

はし‐ぎわ橋際‥ギハ 橋のそば。はしづめ。橋畔。

はし‐ぐい【橋杙・橋杭】‥グヒ🔗🔉

はし‐ぐい橋杙・橋杭‥グヒ 橋桁はしげたを支えるくい。橋柱。 ⇒はしぐい‐いわ【橋杭岩】

はしぐい‐いわ【橋杭岩】‥グヒイハ🔗🔉

はしぐい‐いわ橋杭岩‥グヒイハ 橋杭のように並んだ岩。和歌山県の南端、串本町の海岸にあるものは有名。 ⇒はし‐ぐい【橋杙・橋杭】

はし‐くぎ【橋釘】🔗🔉

はし‐くぎ橋釘】 橋板を打つのに用いる大形の折釘。

はしぐち【橋口】🔗🔉

はしぐち橋口】 姓氏の一つ。 ⇒はしぐち‐ごよう【橋口五葉】

はしぐち‐ごよう【橋口五葉】‥エフ🔗🔉

はしぐち‐ごよう橋口五葉‥エフ 版画家。本名、清。鹿児島生れ。東京美術学校卒。夏目漱石・泉鏡花らの作品を装丁。浮世絵を研究、多色木版の美人画などを制作。(1880〜1921) ⇒はしぐち【橋口】

はし‐くよう【橋供養】‥ヤウ🔗🔉

はし‐くよう橋供養‥ヤウ 架橋工事が完了して、その橋の上で行う供養。源平盛衰記19「其の年の三月中旬に渡辺の―あり」

はし‐くれ【端くれ】🔗🔉

はし‐くれ端くれ】 ①材木などのはしを切ったもの。きれはし。はし。 ②とるに足りない存在だが、一応その部類に属する者。多く、謙遜していう語。「武士の―」

はし‐げた【橋桁】🔗🔉

はし‐げた橋桁】 橋で、橋脚の上にわたして橋板を支えさせる材。

はしけ‐ぶね【艀船】🔗🔉

はしけ‐ぶね艀船】 陸と停泊中の本船との間を、乗客や貨物を乗せて運ぶ小舟。ふせん。 ⇒はしけ【艀】

はしけ‐やし【愛しけやし】🔗🔉

はしけ‐やし愛しけやし(→)「はしきやし」に同じ。古事記「―吾家わぎえの方よ雲居立ち来も」

広辞苑はしで始まるの検索結果 1-50もっと読み込む