複数辞典一括検索+

なぞ【謎】🔗🔉

なぞ】 (「何ぞ」の意) ①なぞなぞ。〈運歩色葉集〉 ②遠回しにそれとさとらせるように言いかけること。 ③正体がはっきりしないこと。不思議・不可解なこと。「―に包まれる」「―の人物」「宇宙の―を解く」 ⇒謎を掛ける ⇒謎を解く

な‐ぞ【何ぞ】🔗🔉

な‐ぞ何ぞ】 ①(ナニソの転)何であるか。源氏物語宿木「こは―。あな若々し」 ②(副詞として)どうして。なぜ。万葉集9「君なくは―身よそはむ」。源氏物語空蝉「―かう暑きに、この格子こうしは下されたる」 ③(「―の」の形で)なんという。どんな。源氏物語総角「―の物か憑かせ給はむ」

なぞ🔗🔉

なぞ 〔助詞〕 ナンゾの約。「そんな嘘―にだまされない」

なぞ‐あわせ【謎合せ】‥アハセ🔗🔉

なぞ‐あわせ謎合せ‥アハセ (→)「なぞなぞあわせ」に同じ。

なぞ・う【準ふ・准ふ・擬ふ】ナゾフ🔗🔉

なぞ・う準ふ・准ふ・擬ふナゾフ 〔他下二〕 (古くはナソフ)同等のものと見なす。なぞらえる。万葉集11「何に―・へて妹を偲はむ」

なぞ‐うた【謎歌】🔗🔉

なぞ‐うた謎歌】 謎をよみこんだ歌。表面は無関係なことを歌いながら、一句一句に字句が隠され、それらをつなげると一つの文句になるような歌。たとえば、「鼠の家(穴)米つきふるひ(粉)木を伐りて引き切り出す(火)よつ(四)といふかそれ」で、「あな恋し」を意味する類。

なぞえナゾヘ🔗🔉

なぞえナゾヘ すじかい。斜め。また、斜面。「―に切る」

なぞえ【準え・准え・擬え】ナゾヘ🔗🔉

なぞえ準え・准え・擬えナゾヘ 同等のものと見なすこと。なずらえ。伊勢物語「―なく高きいやしき苦しかりけり」

なぞえ‐おや【名添え親】‥ゾヘ‥🔗🔉

なぞえ‐おや名添え親‥ゾヘ‥ (佐渡で)名付け親。

なぞ‐かけ【謎掛け】🔗🔉

なぞ‐かけ謎掛け】 ①なぞをかけること。なぞを言いかけること。 ②なぞなぞ。

なぞ‐かんばん【謎看板】🔗🔉

なぞ‐かんばん謎看板】 文字・絵画その他の形象に、ある意味を寓した看板。焼芋屋の看板に「十三里」(栗より(九里四里)うまい)と記す類。

なぞ‐ことば【謎言葉】🔗🔉

なぞ‐ことば謎言葉】 謎の言葉。謎になっている言葉。「質屋」を「一六銀行」という類。

なぞ‐ぞめ【謎染】🔗🔉

なぞ‐ぞめ謎染】 謎の意を寓した模様の染物。浮世風呂2「斧よき琴菊(善き事聞く、の意)といふ昔模様、―の新形浴衣をかかへて」

なぞ‐だて【謎立て】🔗🔉

なぞ‐だて謎立て】 謎をかけること。なぞかけ。

なぞ‐づけ【謎付】🔗🔉

なぞ‐づけ謎付】 前句付の一種。点者から謎掛けのような題を出し、これを前句として下に付けるもの。ものはづけ。寛保(1741〜1744)の頃流行。

なぞ‐とき【謎解き】🔗🔉

なぞ‐とき謎解き】 謎の意味を明らかにすること。

なぞ‐なぞ【謎謎】🔗🔉

なぞ‐なぞ謎謎】 (「何ぞ何ぞ」の意) ①ことばの中に他の物事を含ませ、何ぞ何ぞと問いかけて答えさせる遊戯。なぞ。なぞかけ。讃岐入道集「ある宮ばらの女房のもとより―とてかく言ひたる」 ②遠回しにそれと悟らせるように言うこと。 ⇒なぞなぞ‐あわせ【謎謎合せ】 ⇒なぞなぞ‐ものがたり【謎謎物語】

なぞなぞ‐あわせ【謎謎合せ】‥アハセ🔗🔉

なぞなぞ‐あわせ謎謎合せ‥アハセ 互いになぞなぞをかけあい、または解きあって優劣を争う遊び。謎あわせ。 ⇒なぞ‐なぞ【謎謎】

なぞなぞ‐ものがたり【謎謎物語】🔗🔉

なぞなぞ‐ものがたり謎謎物語】 なぞなぞを言うこと。謎合せをすること。なぞなぞ。拾遺和歌集「―しける所に」 ⇒なぞ‐なぞ【謎謎】

なぞ‐め・く【謎めく】🔗🔉

なぞ‐め・く謎めく】 〔自五〕 謎のように見える。不可解なところがある。「―・いた人物」

なぞ‐も【何ぞも】🔗🔉

なぞ‐も何ぞも】 (古くはナソモ)どうして。万葉集4「恋ふれど―妹に逢ひ難き」

なぞ‐や【何ぞや】🔗🔉

なぞ‐や何ぞや】 ①(疑問の意)どうして。なぜ。源氏物語明石「―心づから今も昔もすずろなる事にて身をはふらかすらむ」 ②(反語の意)どうして…か、そんなことはない。後撰和歌集「―我が名の惜しからむ」

なぞら・う【準ふ・准ふ・擬ふ】ナゾラフ🔗🔉

なぞら・う準ふ・准ふ・擬ふナゾラフ [一]〔自四〕 ほぼ同じ資格・価値などを持つ。準ずる。たぐう。なずらう。後撰和歌集「身に―・へる花にしあらば」 [二]〔他下二〕 ⇒なぞらえる(下一)

なぞら・える【準える・准える・擬える】ナゾラヘル🔗🔉

なぞら・える準える・准える・擬えるナゾラヘル 〔他下一〕[文]なぞら・ふ(下二) ①仮にそうだと考える。同類とみなす。擬する。見立てる。なずらえる。源氏物語「かの監げんがゆゆしさをおぼし―・へ給ふ」。「人生を旅に―・える」 ②まねる。似せる。

なぞり‐がき【なぞり書】🔗🔉

なぞり‐がきなぞり書】 すでに書いてある文字や図形などの上をなすって書くこと。また、その書いたもの。

なぞ・る🔗🔉

なぞ・る 〔他五〕 ①すでに書いてある文字や図形などの上をなすって書く。なする。などる。 ②そっくりまねる。「名作を―・って作る」

○謎を掛けるなぞをかける🔗🔉

○謎を掛けるなぞをかける ①なぞなぞの題を出して問いかける。 ②遠回しにそれとさとらせるように言いかける。 ⇒なぞ【謎】

○謎を解くなぞをとく🔗🔉

○謎を解くなぞをとく ①なぞなぞの意を解して答える。 ②遠回しの言いかけを聞いて、その意味を解いて知る。 ③むずかしい問題などを解決する。 ⇒なぞ【謎】

広辞苑なぞで始まるの検索結果 1-28