複数辞典一括検索+

せっ‐けん【尺縑】セキ‥🔗🔉

せっ‐けん尺縑セキ‥ (「縑」は書画に用いる絹) ①わずかばかりの絹。 ②ちょっとした画作。

せっ‐けん【石剣】セキ‥🔗🔉

せっ‐けん石剣セキ‥ 石製の剣。日本の縄文時代の石剣は石棒に近い。弥生時代には、金属製の剣を模造した磨製石剣がある。

せっ‐けん【石鹸】セキ‥🔗🔉

せっ‐けん石鹸セキ‥ (soap)動植物油脂に水酸化ナトリウムを加え、煮沸・攪拌かくはんし、食塩を加え塩析して製する洗剤。普通の石鹸の成分はパルミチン酸・ステアリン酸など高級脂肪酸のナトリウム塩。広義には脂肪酸・樹脂酸などの金属塩を総称。洗濯・化粧・薬用・工業などに用いる。シャボン。 ⇒せっけん‐こうこう【石鹸硬膏】 ⇒せっけん‐せき【石鹸石】

せっ‐けん【席巻・席捲】セキ‥🔗🔉

せっ‐けん席巻・席捲セキ‥ [史記魏豹彭越伝、賛]席むしろを巻くように片端から土地を攻め取ること。転じて、圧倒的な勢いで自分の勢力範囲に収めること。「市場を―する」

せっ‐けん【接見】🔗🔉

せっ‐けん接見】 ①身近に会うこと。高位の人が公的に人に会うこと。引見。「教皇が信徒を―する」 ②〔法〕拘束されている被疑者・被告人と弁護人などが面会すること。 ⇒せっけん‐こうつう‐けん【接見交通権】

せっ‐けん【設権】🔗🔉

せっ‐けん設権】 書面に記載することで、権利を規定し発生させること。

せっ‐けん【節倹】🔗🔉

せっ‐けん節倹】 費用を省いて、質素にすること。倹約。夏目漱石、門「成る丈たけ―しなくちや不可いけない」。「―家」

せっけん‐こうこう【石鹸硬膏】セキ‥カウカウ🔗🔉

せっけん‐こうこう石鹸硬膏セキ‥カウカウ 単鉛硬膏・蜜蝋みつろう・薬用石鹸・落花生油・カンフルを混和した硬膏。腫瘍・とこずれ・うおの目などに使用した。 ⇒せっ‐けん【石鹸】

せっけん‐こうつう‐けん【接見交通権】‥カウ‥🔗🔉

せっけん‐こうつう‐けん接見交通権‥カウ‥ 身体の拘束をうけている被疑者・被告人が、弁護人または弁護人となろうとする者と立会人なしに接見し、書類・物を授受することのできる権利。広義には家族等との接見を含む。秘密交通権。自由交通権。 ⇒せっ‐けん【接見】

せっけん‐せき【石鹸石】セキ‥🔗🔉

せっけん‐せき石鹸石セキ‥ スメクタイト種に属するサポナイトという粘土鉱物からできた塊。白色から緑色。耐火材料・塗料などに使用。ソープストーン。 ⇒せっ‐けん【石鹸】

広辞苑せっけんで始まるの検索結果 1-10