複数辞典一括検索+

しゅん‐みん【春眠】🔗🔉

しゅん‐みん春眠】 春の夜のねむり。〈[季]春〉 ⇒春眠暁を覚えず

○春眠暁を覚えずしゅんみんあかつきをおぼえず🔗🔉

○春眠暁を覚えずしゅんみんあかつきをおぼえず [孟浩然、春暁詩「春眠暁を覚えず、処処に啼鳥を聞く」]春の夜は寝心地がよいので、夜明けになってもなかなか目が覚めない。 ⇒しゅん‐みん【春眠】

しゅん‐む【春夢】🔗🔉

しゅん‐む春夢】 春の夜の夢。 ▷しばしば人生のはかないさまのたとえに用いる。「一場の―」

しゅん‐め【駿馬】🔗🔉

しゅん‐め駿馬】 すぐれてよく走る馬。すぐれてよい馬。しゅんば。

しゅん‐めい【峻命】🔗🔉

しゅん‐めい峻命】 ①きびしい命令。 ②(→)君命に同じ。

しゅんめい‐いん【浚明院】‥ヰン🔗🔉

しゅんめい‐いん浚明院‥ヰン 徳川家治の諡号しごう

じゅん‐めいじん【準名人】🔗🔉

じゅん‐めいじん準名人】 もと囲碁・将棋で8段の技量を有する人の称。半名人ともいった。

じゅん‐めん【純綿】🔗🔉

じゅん‐めん純綿】 人造繊維などのまじりもののない木綿物。「―のシャツ」

じゅん‐もう【純毛】🔗🔉

じゅん‐もう純毛】 人造繊維などのまじりもののない羊毛の毛糸、または毛織物。「―の服」

しゅんもく‐はんしゃ【瞬目反射】🔗🔉

しゅんもく‐はんしゃ瞬目反射(→)眼瞼がんけん閉鎖反射に同じ。

じゅん‐もん【詢問】🔗🔉

じゅん‐もん詢問】 たずね問うこと。諮問。諮詢しじゅん

じゅん‐もんぜき【准門跡】🔗🔉

じゅん‐もんぜき准門跡】 江戸時代、門跡に准ぜられた寺院の称。本願寺の類。脇門跡。

しゅん‐や【春夜】🔗🔉

しゅん‐や春夜】 春の夜。春のよい。

じゅん‐ゆう【巡遊】‥イウ🔗🔉

じゅん‐ゆう巡遊‥イウ 方々をめぐり歩くこと。また、めぐり歩いて遊ぶこと。

じゅん‐ゆう【準由】‥イウ🔗🔉

じゅん‐ゆう準由‥イウ 標準として従うこと。それを理由・根拠などにすること。準依。

じゅん‐よ【旬余】🔗🔉

じゅん‐よ旬余】 10日あまり。

じゅん‐よ【閏余】🔗🔉

じゅん‐よ閏余】 実際の1年の日時が、暦の上の1年より余分にあること。うるうのあまり。→閏うるう

広辞苑 ページ 9568