複数辞典一括検索+

遺詠】ヰ‥🔗🔉

遺詠ヰ‥ 故人の遺のこした詩歌。また、辞世の詩歌。

い‐えい【遺影】ヰ‥🔗🔉

い‐えい遺影ヰ‥ 故人の肖像・写真。「―を飾る」

いえ・いる【家居る】イヘヰル🔗🔉

いえ・いる家居るイヘヰル 〔自上一〕 家を造って住んでいる。貫之集「梅の花匂へる里に―・ゐそめけむ」

いえ‐うけ【家請】イヘ‥🔗🔉

いえ‐うけ家請イヘ‥ 借家人の身元保証人。好色一代男3「あそこに隠れ、爰ここに替へて、―の機嫌を取り」

いえ‐うつり【家移り】イヘ‥🔗🔉

いえ‐うつり家移りイヘ‥ 引っ越すこと。やうつり。蜻蛉日記「―とかせらるることありて」

イェーツ【William Butler Yeats】🔗🔉

イェーツWilliam Butler Yeats】 アイルランドの詩人・劇作家。グレゴリーらと協力して、国民文学の復興に貢献。詩集「クールの野生の白鳥」「マイケル=ロバーツと踊り子」「塔」のほか、戯曲「キャスリーン伯爵夫人」など。民族的題材を扱い、日本の能も活用した。ノーベル賞。(1865〜1939)

イェーテボリ【Göteborg】🔗🔉

イェーテボリGöteborg】 スウェーデン南西部にある同国第2の都市。良港を有し、自動車・造船などの工業も盛ん。人口46万2千(1999)。

イェーメン【Yemen】🔗🔉

イェーメンYemen⇒イエメン

イェーリング【Rudolf von Jhering】🔗🔉

イェーリングRudolf von Jhering】 ドイツの法学者。ドイツ近代私法学を概念法学として批判し、法の創造における人為的・目的的な要素を強調する目的法学を提示、自由法論の先駆となった。著「ローマ法の精神」「権利のための闘争」など。(1818〜1892)

イェール‐がくは【イェール学派】🔗🔉

イェール‐がくはイェール学派】 (Yale critics; Yale school)イェール大学の研究者(ド=マンほか)を中心に、デリダの脱構築を文学理論として実践したグループ。

イェール‐だいがく【イェール大学】🔗🔉

イェール‐だいがくイェール大学】 (Yale University)アメリカのコネチカット州にある私立大学。1701年創立。18年後援者イェール(Elihu Yale1649〜1721)の名を記念してイェール‐カレッジに改称。1887年大学となる。エール大学。

広辞苑 ページ 880