複数辞典一括検索+

急霰】キフ‥🔗🔉

急霰キフ‥ にわかに降る霰あられ。また、霰のあわただしく打つ音。「―の如き拍手」

きゅう‐ざん【丘山】キウ‥🔗🔉

きゅう‐ざん丘山キウ‥ ①丘と山。 ②物が多くあるさま。 ③しずかに落ち着いているさま。

きゅうさんじゅう‐じけん【九‐三十事件】キウ‥ジフ‥🔗🔉

きゅうさんじゅう‐じけん九‐三十事件キウ‥ジフ‥ 1965年9月30日、インドネシアで国軍内左派勢力が起こしたクーデター未遂事件。これを契機にインドネシア共産党を国軍が弾圧し、容共・非同盟路線のスカルノ大統領は失脚。

きゅう‐し【九死】キウ‥🔗🔉

きゅう‐し九死キウ‥ ほとんど死にそうなほど危うい場合。 ⇒九死に一生を得る

きゅう‐し【九枝】キウ‥🔗🔉

きゅう‐し九枝キウ‥ 一つの幹から9本の枝を出し、そのおのおのに灯火をともすようにした華やかな燭台。九枝灯。〈伊呂波字類抄〉

きゅう‐し【九紫】キウ‥🔗🔉

きゅう‐し九紫キウ‥ 九星の一つ。火星に配し、南方を本位とする。

きゅう‐し【弓矢】🔗🔉

きゅう‐し弓矢】 ①弓と矢。ゆみや。 ②武門。武家。

きゅう‐し【仇視】キウ‥🔗🔉

きゅう‐し仇視キウ‥ かたきのように憎み見ること。仇敵視。

きゅう‐し【旧史】キウ‥🔗🔉

きゅう‐し旧史キウ‥ ふるい歴史。また、それを記した書。

きゅう‐し【旧址】キウ‥🔗🔉

きゅう‐し旧址キウ‥ 有名な事件・建物などのあったあと。旧跡。

きゅう‐し【旧思】キウ‥🔗🔉

きゅう‐し旧思キウ‥ ずっと以前から思っていること。

きゅう‐し【旧師】キウ‥🔗🔉

きゅう‐し旧師キウ‥ 以前に教えを受けた先生。先師。

きゅう‐し【休止】キウ‥🔗🔉

きゅう‐し休止キウ‥ 運動・進行・活動などが、一時とまること。また、一時とめること。「小―」「運転を―する」 ⇒きゅうし‐かく【休止核】 ⇒きゅうし‐ふ【休止符】

きゅう‐し【臼歯】キウ‥🔗🔉

きゅう‐し臼歯キウ‥ 哺乳類の上下両顎の奥にある歯。前臼歯(小臼歯)と後臼歯(大臼歯)とに区別され、狭義に後者のみを臼歯という場合も多い。人間では上下とも左右に前臼歯2枚、後臼歯3枚ずつある。後臼歯は乳歯としては生えず、換歯しない。有蹄類・長鼻類などの草食類では特によく発達。→永久歯(図)

広辞苑 ページ 5031