複数辞典一括検索+

かん‐しゃ【瞰射】🔗🔉

かん‐しゃ瞰射】 高所から見おろして火砲などを発射すること。

かん‐しゃ【檻車】🔗🔉

かん‐しゃ檻車】 罪人をのせる車。

かん‐じゃ【奸邪・姦邪】🔗🔉

かん‐じゃ奸邪・姦邪】 よこしまなこと。

かん‐じゃ【冠者】クワン‥🔗🔉

かん‐じゃ冠者クワン‥ (カジャとも) ①元服して冠をつけた男子。今昔物語集29「元服などし…その―然るべき所に宮仕へしける程に」 ②六位で無官の人。十訓抄「匡房卿いまだ無官にて、江ごう―とて有りけるを」 ③わかもの。「猿面―」 ④召使の若者。従者。「太郎―」 ⇒かんじゃ‐ひじり【冠者聖】

かん‐じゃ【勘者】🔗🔉

かん‐じゃ勘者】 目はしのきく人。知恵まわりのよい者。武家義理物語「人の気のつかぬ所をさりとは名誉の―」

かん‐じゃ【患者】クワン‥🔗🔉

かん‐じゃ患者クワン‥ 病気にかかったり、けがをしたりして、医師の治療を受ける人。「入院―」

かん‐じゃ【間者】🔗🔉

かん‐じゃ間者】 間諜かんちょう。まわしもの。

かん‐じゃ【観者】クワン‥🔗🔉

かん‐じゃ観者クワン‥ 観る人。見物人。

かんしゃ‐かんげき【感謝感激】🔗🔉

かんしゃ‐かんげき感謝感激】 非常に感謝していること。「―雨霰あめあられ⇒かん‐しゃ【感謝】

かん‐しゃく【官爵】クワン‥🔗🔉

かん‐しゃく官爵クワン‥ (古くはカンジャク・カンザクとも)官と爵。役目と位。源氏物語少女「心のままなる―にのぼりぬれば」

かん‐しゃく【癇癪】🔗🔉

かん‐しゃく癇癪】 神経過敏で怒りやすい性質。また、怒り出すこと。癇癖かんぺき。「―を起こす」 ⇒かんしゃく‐だま【癇癪玉】 ⇒かんしゃく‐もち【癇癪持ち】

かん‐じゃく【貫籍】クワン‥🔗🔉

かん‐じゃく貫籍クワン‥ 律令制で、戸籍につけること、または本籍地の戸籍。

かん‐じゃく【閑寂】🔗🔉

かん‐じゃく閑寂】 ものしずかなこと。ひっそりして淋しいこと。「―な草庵」

かんしゃく‐だま【癇癪玉】🔗🔉

かんしゃく‐だま癇癪玉】 ①かんしゃく。怒り。「―を破裂させる」 ②金剛砂こんごうしゃに火薬をまぜ、紙に包んで玉とした玩具。地面になげつけると爆発して音を発する。 ⇒かん‐しゃく【癇癪】

広辞苑 ページ 4453