かち‐がらす【かち烏】🔗🔉

かち‐がらすかち烏】 カササギの別称。勝鴉と書かれ、戦勝を予告する鳥とされた。

かち‐かん【価値観】‥クワン🔗🔉

かち‐かん価値観‥クワン 何に価値を認めるかという考え方。善悪・好悪などの価値を判断するとき、その根幹をなす物事の見方。

かち‐き【勝気】🔗🔉

かち‐き勝気】 人に負けまいとする気質。きかぬ気。まけん気。「―な性格」

かち‐ぎぬ【褐衣】🔗🔉

かち‐ぎぬ褐衣⇒かちえ

かち‐ぎね【搗杵】🔗🔉

かち‐ぎね搗杵】 つきぎね。手杵。

がち‐ぎょうじ【月行事・月行司】グワチギヤウ‥🔗🔉

がち‐ぎょうじ月行事・月行司グワチギヤウ‥ (ツキギョウジとも) ①中世・近世、寺社領の自治組織や村の宮座、都市の惣・株仲間などで、毎月交替で事務執行に当たる役。狂言、腹立てず「談合をする事がござる程に―を喚び出しませう」 ②近世、遊郭で、毎月交替の楼主総代。浄瑠璃、冥途飛脚「―から札取らねば大門が出られませぬ」

か‐ちく【家畜】🔗🔉

か‐ちく家畜】 人間に飼養される鳥獣。牛・馬・豚・鶏・犬の類。「―を飼う」 ⇒かちく‐しょう【家畜商】 ⇒かちく‐でんせんびょう【家畜伝染病】

かちく‐しょう【家畜商】‥シヤウ🔗🔉

かちく‐しょう家畜商‥シヤウ 家畜(牛・馬・豚・羊・山羊)の売買・交換またはその斡旋の業務を営む者。都道府県知事の免許を要する。 ⇒か‐ちく【家畜】

かち‐ぐそく【歩具足】🔗🔉

かち‐ぐそく歩具足】 歩卒がつける粗末な具足。雑兵ぞうひょう具足。

かちく‐でんせんびょう【家畜伝染病】‥ビヤウ🔗🔉

かちく‐でんせんびょう家畜伝染病‥ビヤウ 炭疽・牛疫・狂犬病・口蹄疫・豚コレラ・高病原性鳥インフルエンザなど家畜の伝染病。家畜伝染病予防法(1951年制定)には家畜法定伝染病として26種を規定。 ⇒か‐ちく【家畜】

かち‐ぐみ【徒組】🔗🔉

かち‐ぐみ徒組】 徒士かちで編成された隊。江戸幕府では、平素は玄関・中の口に詰め、将軍出行の時には先導した。徒士組。御徒。

かち‐ぐみ【勝ち組】🔗🔉

かち‐ぐみ勝ち組】 競争社会における勝者たち。↔負け組

広辞苑 ページ 3864