○風薫るかぜかおる🔗🔉

○風薫るかぜかおる 初夏の涼しい風がゆるやかに吹くのにいう。薫風。〈[季]夏〉。猿蓑「夕飯にかますご食へば―」(凡兆) ⇒かぜ【風】

○風が吹けば桶屋が儲かるかぜがふけばおけやがもうかる🔗🔉

○風が吹けば桶屋が儲かるかぜがふけばおけやがもうかる 風が吹くと砂ぼこりが出て盲人がふえ、盲人は三味線をひくのでそれに張る猫の皮が必要で猫が減り、そのため鼠がふえて桶をかじるので桶屋が繁盛する。思わぬ結果が生じる、あるいは、あてにならぬ期待をすることのたとえ。「大風が吹けば桶屋が喜ぶ」「風が吹けば箱屋が儲かる」などとも。 ⇒かぜ【風】

か‐せき【化石】クワ‥🔗🔉

か‐せき化石クワ‥ ①(fossil)地質時代の生命の記録の総称。生物の遺骸あるいはその一部(体化石)、および足あと、這いあと、巣穴、糞などの生活の痕跡(生痕化石)を指す。一般に硬い部分が残り、石化することが多いが、石化していなくても(氷づけのマンモスなど)化石と呼ぶ。 ②比喩的に、現在に残る古い物や制度。 ⇒かせき‐じんるい【化石人類】 ⇒かせき‐そうじょ‐がく【化石層序学】 ⇒かせき‐ねんりょう【化石燃料】 ⇒かせき‐りん【化石林】

か‐せき【家跡】🔗🔉

か‐せき家跡】 家の名跡。家督。家名。

か‐せき【家籍】🔗🔉

か‐せき家籍】 戸籍。

かせぎ【枷】🔗🔉

かせぎ】 防ぐもの。浄瑠璃、善光寺御堂供養「岩の―に身をひそめ」

かせぎ【稼ぎ】🔗🔉

かせぎ稼ぎ】 ①励み働くこと。はたらき。 ②世渡りのわざ。生業。「―にありつく」 ③「稼ぎ高」の略。「―が少ない」 ④有利な状態を作り出すこと。「時間―」「点数―」 ⇒かせぎ‐だか【稼ぎ高】 ⇒かせぎ‐て【稼ぎ手】 ⇒かせぎ‐にん【稼ぎ人】

広辞苑 ページ 3762